ログイン
Web Editor and Magazine Editor

Web編集者・雑誌編集者

15人のロールモデル
76件の経験談

質問あなたにとって、Web編集者・雑誌編集者の仕事とは

Web編集者・雑誌編集者の仕事内容を知る

Web編集者・雑誌編集者の仕事

紙媒体やインターネット、スマートフォンアプリ上で運営される各種メディアに掲載するコンテンツを企画・編集する仕事。情報提供者やライター、カメラマン、デザイナーなど、様々な人たちと協業しながらコンテンツを作成する。掲載元となるメディアの特性に応じて、最適な配信形式を考え、アレンジする役割も担う。

Web編集者・雑誌編集者の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.44.3
15人が回答
未来実感
3.94.3
貢献実感
4.74.4
自立実感
4.54.1

Web編集者・雑誌編集者の平均年収

20代
- 万円
30代
- 万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

Web編集者・雑誌編集者になるには

Web編集者・雑誌編集者のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    Web編集者・雑誌編集者
    11人(37%)
  2. 2.
    新聞記者・報道記者
    5人(17%)
  3. 3.
    法人営業(フィールドセールス)
    2人(6%)
  4. 4.
    マーケティングプランナー
    2人(6%)
  5. 6.
    書籍編集者
    1人(3%)
  6. 1人(3%)
  7. 9.
    トレーダー
    1人(3%)
  8. 11.
    ヘッドハンター
    1人(3%)
  9. 13.
    その他
    1人(3%)

Web編集者・雑誌編集者の経験談を読む

Web編集者・雑誌編集者の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい15件
  • 苦労15件
  • 未経験者へのおすすめ本14件
  • この職業のプロになるには14件
  • 志望動機1件
  • 向いている人・向いていない人1件
  • 副業・兼業1件
  • この職業を一言で表すと?15件
  • 必要な仕事道具0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • Web編集者・雑誌編集者やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 池田 光史
      現職者池田 光史
      経験: 12年
      株式会社ニューズピックス

      メジャーリーグ級のテーマで、ホームランを打ったとき

      世の中の誰もが興味・関心があり、かつジャーナリスティックにみても超トップイシューといえる“メジャーリーグ”級のテーマで、誰も書かなかった・書けなかった新事実や本質論を書くことができたとき。


      つまり、最高に注目度の高いところでホームランを打つことができ、それが大きな反響となって広がっていったとき。


      これに尽きると思います。


      私が大学生の頃は、例えば消費者金融のグレーゾーン金利について、新聞が一面で「新たな事実」を報じることで、世の中...

      が大きく動いて前進していくのを目の当たりにしました。そこからメディアの可能性を感じ取り、ジャーナリストを目指しました。 評論家になるのではなく、「新しい事実」を足で稼ぎ、「新しい視点」をジャーナルとして提供していくことこそが、この仕事の面白さであり、そうした職業を追求する集団としての「健全なメディア」が存在する社会こそが、成熟した世界だと信じています。


    やりがいをもっと読む (15)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    苦労をもっと読む (15)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 森川 潤
      現職者森川 潤
      経験: 9年
      NewsPicks

      『謎の独立国家ソマリランド』高野秀行

      記者や編集者という職業は、「どうやったらいい記者編集者になれるか」というノウハウ本なんかよりも、最高のジャーナリスト、ノンフィクション作家が書いた本を読むほうが何十倍も意味があると思います。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (14)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 伊藤 健吾
      現職者伊藤 健吾
      経験: 17年
      株式会社ニューズピックス

      企画をつくる時は「3人の声」を思い浮かべる

      まだ駆け出しの編集者だった頃、編集部の企画会議で全く意見が通らず、悩んでいた時に教わった一言。


      企画を立てるためのインプットを増やした上で、編集部内でプレゼンする時は「最低3人以上、異なる立場の人が言っていたという裏付けを示せ」とアドバイスされ、実践したところ、上司や先輩の反応がガラリと変わった。


      コンテンツ企画の方法論はたくさんあり、その良し悪しは最終的に主観のぶつけ合いになる。しかし、上記したやり方なら、「単なる主観ではなく、情...

      報をインプットして企画したこと」と、「より多くの人に読まれる(購読される)」可能性を伝えることができると学んだ。 読者が欲しいと思う情報やナレッジを、どう伝えるか?を定義するのが企画力になる。若手時代、このアドバイスを聞いてからは、自分の中である程度の「読まれる確信」を持ちながら企画を立てられるようになった。 同じ事象を扱う場合でも、編集者ならではの視点や伝え方(僕たちはこれを「切り口」と呼ぶ)によって、アウトプットは大きく変わる。 その際、センスのような抽象的なスキルで勝負するのではなく、「実際にこういう声があった」という想定読者のリアルな興味・関心から発想すれば、凡人でも優れた企画がつくれるようになれると思う。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (14)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • Bae Ryoseon
      現職者Bae Ryoseon
      経験: 1年
      株式会社NewsPicks

      プロの編集者になりたい

      編集者のいいところは、自分や他人の考えを伝える際「時間がある」ことです。私は日本語、韓国語、英語を話しますが、どの言語も「完璧」には話せませんし理解できません。なので、私生活でもビジネスでも「きちんと伝えられないもどかしさ」を感じることがしばしばです。その度に自分の考え一つをまともに伝えられないなんて、と悔しく思います。スピーキングはその場で頭に浮かんだ言葉で考えを伝えますが、私は気の利いた文章が瞬時に思いつきません。しかし、ライティン...

      グの場合はしっかり「適切な言葉」を選ぶ時間があります。インタビューの後、スピーカーの課題意識を文章で代弁することは非常に責任のあることです。だからこそ「この人が伝えたいことは何か。どうすいれば一番の形でアウトプットできるか」を考えながら発信する。課題意識やアイデアを持っている方のために「世の中の人に知ってもらえる舞台」を提供し、自らが編集し無事読者に届けることは非常にやりがいがあるし素敵だと思い志望しました。


    志望動機をもっと読む (1)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • Bae Ryoseon
      現職者Bae Ryoseon
      経験: 1年
      株式会社NewsPicks

      確認作業ができる人

      記者と編集者にとって、誤報と誤解が一番のリスクだと思っています。今はソーシャルメディアのたった数十文字の文も、誤解を生む表現や固有名詞のミスがあると炎上します。なので、この仕事で一番大事なのは「ファクトチェック」であると考えています。ユニークな考えを持った人や話すのが得意な人、文章力がある人など、「あればいいスキル」はたくさん挙げられます。しかし、ファクトチェックをきちんとできないと、どれだけ斬新なアイディアを提案できても記者・編集者の...

      仕事は難しいと思います。私も細かい表記や固有名詞の確認など、人より時間がかかっていつももどかしいですが、ここをきちんとできないとプロの編集者になれないと言い聞かせながら取り組んでいます。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (1)

  • 現在している副業・兼業の内容について、なるべく具体的に教えてください。

    • Bae Ryoseon
      現職者Bae Ryoseon
      経験: 1年
      株式会社NewsPicks

      コラムニスト

      Forbes JAPAN Webと講談社マネー現代/現代ビジネスにてコラムニストをしています。普段NewsPicksでは法人向けの記事を書いていますが、ここでは普段生活していて疑問に思ったことや注目していることについて書いています。コラムニストと名乗るには経験も浅く執筆力も高くありませんが、他社の担当編集者の方から学べるチャンスになります。土日のどちらかで執筆をして、月にいずれかの媒体で1本公開できるよう心がけていますが、どんどんネタ切...

      れしていくのでペースを落とさずにいることはとても難しいです。本業にプラスになる副業なので、とてもポジティブな気分で取り組んでいます。上長も応援してくれているので、なおさら頑張ろうと思います。


    副業・兼業をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (15)

Web編集者・雑誌編集者の記事

NewsPicksオリジナル記事

Web編集者・雑誌編集者のコンテンツ

  • ロールモデル(15)
  • 経験談(76)

このページを共有

Web編集者・雑誌編集者の関連する職業