ログイン
Web Editor and Magazine Editor

Web編集者・雑誌編集者

16人のロールモデル
81件の経験談

質問あなたにとって、Web編集者・雑誌編集者の仕事とは

Web編集者・雑誌編集者の仕事内容を知る

Web編集者・雑誌編集者の仕事

紙媒体やインターネット、スマートフォンアプリ上で運営される各種メディアに掲載するコンテンツを企画・編集する仕事。情報提供者やライター、カメラマン、デザイナーなど、様々な人たちと協業しながらコンテンツを作成する。掲載元となるメディアの特性に応じて、最適な配信形式を考え、アレンジする役割も担う。

Web編集者・雑誌編集者の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.34.3
16人が回答
未来実感
3.94.3
貢献実感
4.74.4
自立実感
4.44.1

Web編集者・雑誌編集者の平均年収

20代
- 万円
30代
- 万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

Web編集者・雑誌編集者になるには

Web編集者・雑誌編集者のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    Web編集者・雑誌編集者
    11人(37%)
  2. 2.
    新聞記者・報道記者
    5人(17%)
  3. 3.
    法人営業(フィールドセールス)
    2人(6%)
  4. 4.
    マーケティングプランナー
    2人(6%)
  5. 6.
    書籍編集者
    1人(3%)
  6. 1人(3%)
  7. 9.
    トレーダー
    1人(3%)
  8. 11.
    ヘッドハンター
    1人(3%)
  9. 13.
    その他
    1人(3%)

Web編集者・雑誌編集者の経験談を読む

Web編集者・雑誌編集者の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい16件
  • 苦労16件
  • 未経験者へのおすすめ本15件
  • この職業のプロになるには14件
  • 志望動機1件
  • 向いている人・向いていない人2件
  • 副業・兼業1件
  • この職業を一言で表すと?16件
  • 必要な仕事道具0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • Web編集者・雑誌編集者やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 池田 光史
      現職者池田 光史
      経験: 12年
      株式会社ニューズピックス

      メジャーリーグ級のテーマで、ホームランを打ったとき

      世の中の誰もが興味・関心があり、かつジャーナリスティックにみても超トップイシューといえる“メジャーリーグ”級のテーマで、誰も書かなかった・書けなかった新事実や本質論を書くことができたとき。


      つまり、最高に注目度の高いところでホームランを打つことができ、それが大きな反響となって広がっていったとき。


      これに尽きると思います。


      私が大学生の頃は、例えば消費者金融のグレーゾーン金利について、新聞が一面で「新たな事実」を報じることで、世の中...

      が大きく動いて前進していくのを目の当たりにしました。そこからメディアの可能性を感じ取り、ジャーナリストを目指しました。 評論家になるのではなく、「新しい事実」を足で稼ぎ、「新しい視点」をジャーナルとして提供していくことこそが、この仕事の面白さであり、そうした職業を追求する集団としての「健全なメディア」が存在する社会こそが、成熟した世界だと信じています。


    やりがいをもっと読む (16)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    苦労をもっと読む (16)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 森川 潤
      現職者森川 潤
      経験: 10年
      NewsPicks

      『謎の独立国家ソマリランド』高野秀行

      記者や編集者という職業は、「どうやったらいい記者編集者になれるか」というノウハウ本なんかよりも、最高のジャーナリスト、ノンフィクション作家が書いた本を読むほうが何十倍も意味があると思います。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (15)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 後藤 直義
      現職者後藤 直義
      経験: 11年
      NewsPicks

      先輩は答えを教えてくれない

      記者も編集者も、最後は自分の好奇心を信じないといけない。そこだけは、他人のコピーができないし、どんな良い先輩もノウハウは教えられません。


      自分が抱いていたジャーナリストの「理想的な姿」は、カメラを片手に海外を飛びまわるような、国際派ジャーナリストでした。しかし、現実に大手新聞社に入社すると、まずは地方支局を担当することになります。


      最初に勤務地は「愛媛県」と知らされた時に、なんだよミカンの産地かよ、どんなテーマがあるんだろうかと凹み...

      ました。 しかし、海外報道にたずさわることは、地方でも可能だとすぐに気付きました。私は愛媛県の地場経済を支える造船業、ミカン(農業)、縫製業などの多くが、抜け穴のような法制度を通して、大量の外国人に支えられていることを面白く感じました。あの愛媛のミカンも、中国人がつくってるじゃないかと、当時は驚いたのです。 そこで貯金はせずに(笑)、2000年代半ばから夏季休暇にはアジアの国に自費取材に行っていました。こうした地方と世界を「点と線」で結びつけるような取材の積み重ねが、記者としての血肉になりました。 そして気付いたら、テクノロジーの世界の頂点にあったアップルと、iPhoneのコア技術を支えているアジア中のサプライチェーン企業を調査するという仕事に連なっていきました。これが、自分が処女作として書いた「アップル帝国の正体」(文藝春秋)というノンフィクション本を書いた原点です。 ジャーナリストとして素晴らしい仕事をするには、華やかな場所、有名メディアへの入社、エースポジションを手に入れることが必ずしも「正解」ではない。 地方であったり、地味な分野であっても、それを世界で起きている巨大なトレンドと、必ず結びついているからです。要は、みんながつまらないと思っているものの中に、いかに面白いつながりを見つけらるかが勝負だと学んだわけです。 他人と同じものを見て、違う物語を見つけられるか。 これこそ、私が感じる醍醐味です。先輩記者たちには、控えめに言って死ぬほど迷惑をかけましたが、そうした自分なりのアプローチは、誰も教えてはくれません。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (14)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • Bae Ryoseon
      現職者Bae Ryoseon
      経験: 1年
      株式会社NewsPicks

      プロの編集者になりたい

      編集者のいいところは、自分や他人の考えを伝える際「時間がある」ことです。私は日本語、韓国語、英語を話しますが、どの言語も「完璧」には話せませんし理解できません。なので、私生活でもビジネスでも「きちんと伝えられないもどかしさ」を感じることがしばしばです。その度に自分の考え一つをまともに伝えられないなんて、と悔しく思います。スピーキングはその場で頭に浮かんだ言葉で考えを伝えますが、私は気の利いた文章が瞬時に思いつきません。しかし、ライティン...

      グの場合はしっかり「適切な言葉」を選ぶ時間があります。インタビューの後、スピーカーの課題意識を文章で代弁することは非常に責任のあることです。だからこそ「この人が伝えたいことは何か。どうすいれば一番の形でアウトプットできるか」を考えながら発信する。課題意識やアイデアを持っている方のために「世の中の人に知ってもらえる舞台」を提供し、自らが編集し無事読者に届けることは非常にやりがいがあるし素敵だと思い志望しました。


    志望動機をもっと読む (1)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 白石 勝也
      現職者白石 勝也
      経験: 14年
      エン・ジャパン株式会社

      自分が「おもしろい!」と思ったことを、たくさんの人に知ってほしい人

      自分が好きなモノやコト、その良さ、自分が感じた感動を誰かに知ってほしい、紹介したい、そう強く思う人に向いていると思います。


      しかも、「できるだけたくさんの人に伝えたい」と強く思える人は、最強だと思います。


      私自身、大学3〜4年の約2年間、ほぼ毎日ブログを書き続けていました。内容は映画、本、音楽のレビューなど。


      正直、鳴かず飛ばずでしたが、毎日続けました。すると、そのうちのひとつが有名な音楽ライターの方に目にとまり、新しく発売される...

      書籍で紹介いただけることになりました。 大好きな音楽について書いた文章が本に載る。そして、初めて銀行口座に印税も振り込まれました(数千円ですが)。 あまりにうれしくて「書くこと」を仕事にしようと心に決めました。 ただ、会社に入ってからはじめに担当したのは、求人広告の制作ライターであり、自分が好きなことを表現するブログとは全く勝手が違いました。 1番の違いは、クライアント企業には「採用」という目的があり、その達成が求められること。私が学んだのは「好きなこと以外をやらせてもらえるのが、仕事のいいところ」ということです。 知らなかった業界、仕事のこと、ビジネスのことが広く知れる。無名、有名に問わず、普通に暮らしているだけでは出会えない人たちに出会える。すごく刺激的な毎日でした。 たとえ自分の興味から外れたことさえも、おもしろがることができるか。さらに自分が感じた「おもしろい」を人に伝えたい、と純粋に思える人にきっと向いています。逆にここができない人は向かない人だと思います。 いま思えば、多くの企業のことを取材するなかであらためて、自社についても考える時間が増えました。 エン・ジャパンは、転職サイトをする会社でありつつ、「転職は慎重に」や「採用・入社ではなく、“入社後の活躍まで”を追求していく」と、安直な転職に「否」を唱えていく会社でもあります。それが社会にとって重要なことだからです。 そういった自社の良さ、価値を再認識したのですが、あまり世の中にメッセージが伝わっておらず、より発信していくべきだとも思いました。この「自社をもっと知ってもらいたい」という気持ちが、オウンドメディア運営に合っていた部分かも知れません。 経験を積み、社内異動を経て、コピーライターからWeb編集へとキャリアチェンジしました。そして「自分」ではなく「自社」として良いと思うモノ、コト、ヒトを取材し、伝えていくオウンドメディアの編集を任されることになりました。 今でも根っこにあるのは「自分が好きなモノやコト、その良さ、感じた感動を誰かに知ってほしい、紹介したい」という思い。これが私の原動力です。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (2)

  • 現在している副業・兼業の内容について、なるべく具体的に教えてください。

    • Bae Ryoseon
      現職者Bae Ryoseon
      経験: 1年
      株式会社NewsPicks

      コラムニスト

      Forbes JAPAN Webと講談社マネー現代/現代ビジネスにてコラムニストをしています。普段NewsPicksでは法人向けの記事を書いていますが、ここでは普段生活していて疑問に思ったことや注目していることについて書いています。コラムニストと名乗るには経験も浅く執筆力も高くありませんが、他社の担当編集者の方から学べるチャンスになります。土日のどちらかで執筆をして、月にいずれかの媒体で1本公開できるよう心がけていますが、どんどんネタ切...

      れしていくのでペースを落とさずにいることはとても難しいです。本業にプラスになる副業なので、とてもポジティブな気分で取り組んでいます。上長も応援してくれているので、なおさら頑張ろうと思います。


    副業・兼業をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (16)

Web編集者・雑誌編集者の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

Web編集者・雑誌編集者のコンテンツ

  • 記事(1)
  • ロールモデル(16)
  • 経験談(81)

このページを共有

Web編集者・雑誌編集者の関連する職業