広報経験者が語る仕事内容・年収・将来性

34人のロールモデル
155件の経験談

質問広報の仕事を一言で表すと

広報とは?

広報の仕事内容

自社の取り組みやサービスを受け入れてもらうために活動する仕事。Public Relationsの略で、「社会との関係構築」が主たる業務となる。



それゆえ業務範囲が広く、プレスリリースの作成やメディア対応、社内外の関係者との調整など多岐にわたる。



企業規模によって、業務内容が変動するのも特徴だ。



創業間もない企業であれば、“会社の顔”として自社の魅力を語り、ときに採用候補者に向けた情報発信を任されることも。大企業であれば、予期せぬ炎上を避けるための危機管理が中心になるケースもある。

みんなのジョブディスクリプション(仕事内容)

みんなのジョブディスクリプションをもっと読む(26)

広報の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.34.3
37人が回答
未来実感
4.44.3
貢献実感
4.44.4
自立実感
4.04.1

広報の平均年収

20代
558万円
30代
734万円
40代
750万円
JobPicks回答者調べ

広報になるには

広報はどこにいる

会社の規模により、広報部門に1〜10人近く人が在籍しているケースが多く、サービスごとに専任の広報担当を置くケースもある。



副業で複数社の広報を担ったり、フリーランスとして企業を掛け持ちする人も増えてきた。



一方、ベクトルや電通パブリックリレーションズなど、クライアントの広報支援を専門とするPRエージェンシーには、PRコンサルと呼ばれる広報のプロが多数在籍している。



PR業界の市場規模は1000億円前後であり、それほど大きな市場ではない。しかし、PR先進国であるアメリカでは、10年で市場が倍増。日本でも今後はプロ広報人材の引き合いが高まっていくと予想される。

広報の就職・転職事情

新卒・中途採用

理系か文系かは不問であり、学歴も問われない職種である。SNSの普及やオウンドメディアブー ムの勃興により、発信力や鋭い感性を持った若手人材が活躍するケースも増えている。


広報で身につくスキル

  • 関係構築力
  • 発信スキル
  • 高度な駆け引き力

自社と顧客、自社とメディア、自社と社員......と、あらゆるステークホルダーとのリレーションを築くポジションのため、関係構築力が身につく。書いて、話して、伝えるなど、業務範囲が多岐にわたるため、営業や編集、発信やマーケティングなど、多様なスキルも得られる。



また記者と対峙するには自社にとって都合の悪いことは避け、必要な情報だけを提示する場面も多く、ビジネスの高度な駆け引きもできるようになる。

広報のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    広報
    27人(40%)
  2. 5人(7%)
  3. 4人(5%)
  4. 5.
    その他
    4人(5%)
  5. 7.
    ブランドマネージャー
    2人(2%)
  6. 2人(2%)
  7. 1人(1%)
  8. 13.
    SCM(物流・調達など)
    1人(1%)
  9. 17.
    マーケティングプランナー
    1人(1%)
  10. 22.
    秘書
    1人(1%)

広報の経験談を読む

広報の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • 仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 平 香織
      現職者平 香織
      経験: 14年
      株式会社KADOKAWA Connected

      狙った広報文脈でニュースとして取り上げられ、さらにその話題が広く世の中に影響を及ぼしていると感じたとき

      広報は華やかなイメージをもたれる職業ですが、夢を壊すようですが実は泥臭い仕事だと私は思います。

      いわゆる会社の新しいプロダクトや事業、取り組みをいかにメディアに取り上げてもらうか、という仕事かと思いますが、メディア露出は確約できるものでもなく、効果検証もしにくいため成果が難しい仕事です。

      しかし、優れた広報マンと言われる方たちはみんな、企画力、軽いフットワークと、人間性、そこから派生するメディアリレーション、社内の言葉をわかりやすく翻訳...

      する能力を持っている方が多いかなと感じます。 また、「なんでもやる」精神も実はとても大事なポイントではないかと思います。 例えばメディアに出していきたいとなったとき、出していきたいメディアにルートがなかったとしても一から開拓できるタフさ、話題にするためなら社内で足りないポイントを補ってなんでもやるくらいの気概をもっていたほうが、うまく広報の成功事例を作れるケースは多い気がします。 以前わたしは観光の案件で、広報初心者時にがむしゃらに資料を作り、片っ端から観光ジャンルのメディアにご挨拶まわりを行いました。 結果、その時期かなりの数、雑誌などで大きな特集として取り上げていただけたことと、TVでの長尺番組も多数露出することができ、まったくの第3者から「最近〇〇の観光地をよく見るよね、流行ってるね」と言われた時、単発の活動でなく、1つのムーブメントとして流れを作れたのだと実感したことがとても達成感がありました。泥臭さを超えた先に、そこからこの職業の魅力に気づきました。 自分の関わっている事案が少しでも大きく世に認知されていくため、考えられる限りで試行錯誤し、いざ実行して世の中にピタッとハマって波及していく瞬間が、現在進行形で最高に楽しいと感じる瞬間です。


    やりがいをもっと読む (30)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 日比谷 尚武
      経験者日比谷 尚武
      経験: 7年
      合同会社kipples、一社public meets innovation、一社at Will Work など

      合意形成の限界。するべき主張。

      とは言え、合意形成にも限界がある。どこかで、決裂したり、自分の意見が受け入れられなかったり、ときには強く反対したりわがままに振る舞うポーズも求められます。日本人はこの辺が得意でない方も多いのでは。また、「優しい気持ち」「良かれと思って」と言う行為も、ときには仇となるケースも。嫌われる覚悟もしながら、最終的に合意形成を目指すと言うプレイは、聞こえは良いですが、しんどい気持ちを伴って向かうシーンが出てきます。


    苦労をもっと読む (25)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • Kurosaki Miho
      現職者Kurosaki Miho
      経験: 7年
      株式会社konowa

      「広報は企業の良心である」

      広報の資格であるPRプランナーの取得にむけて勉強をしていたときに、資料で出会った言葉だったと思います。

      企業活動は決して前向きな良いことばかりではなく、時としてネガティブなことも起こります。そういったときにどう立ち振る舞うかは、経営、広報がなにを大切にしているか、で大きく変わってくると思っています。

      インシデントが起こったときも、広報が企業の良心を表現し、逃げることなく真正面からメディア・社会へ向き合っていくことで、短期的には大変な局面...

      があったとしても、長期的には共感を得られる瞬間が必ず来るのではないかと思います。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (23)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 筒井 智子
      現職者筒井 智子
      経験: 5年
      株式会社ユーザベース

      『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀 史健

      企業によって広報・PRの仕事範囲は異なりますが、プレスリリースなど文章を書く機会は共通して多いはずです。対外的に発信する文章に誤りがあることで、自社のサービスやプロダクトの信頼度も既存しかねません。


      この本はライターになりたい人の必読書と言われる一冊です。

      著者の古賀史健さんは『嫌われる勇気』などベストセラーを手掛ける書籍ライター。この本を読めば「話せるのに書けない」状態から抜け出すことができます。


      私もフリーランスライターになった...

      当初、この本を何度も読み返しました。広報・PRに関する本や事例はたくさんありますが、文章は数をこなすしか上達の道はないと思います。「書くこと」に苦手意識のある人、自信がない人には特にオススメです。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (26)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 松尾 果歩
      現職者松尾 果歩
      経験: 5年
      株式会社ZOZO

      「コミュニケーションに対するプロ意識」と「想像力」は広報の重要スキル

      広報の役割を果たすうえでは、自分の頭と心で考える力、具体的な言葉でいえば、「コミュニケーションに対するプロ意識」と「想像力」が求められると思っています。



      多くの対外的な発信に関わる広報の仕事においては、自分が介在することで、その質を左右することが多くあると思っています。お問い合わせ対応、取材対応などさまざまな業務がありますが、会社をもっと好きになってもらえるチャンスをものにするためにも、コミュニケーションや表現にはとても気を使います...

      。 自分を通して発信する以上、そこには責任が伴うため、プロ意識を持たなければいけません。社内でも、服装や表現面を含め、広報視点をもったコミュニケーションのプロとしてのアドバイスが求められます。 その役割を果たすうえで、「コミュニケーションに対するプロ意識」があれば、ときに多少言いづらいことであっても、理由と自信を持って提案することができます。 また、相手あってのコミュニケーションですから、「想像力」も重要です。 原稿確認の際の表現の確認においても、読み手が受ける印象を想像することで、わかりやすく、誤解のない表現を追求することができます。 さらに、広報の仕事は、アウトプットに至るまでの調整業務にも多くの時間を割くため、社内外含め多くの関係者をとりまとめる調整力も重要です。段取りをスムーズに進めるためにも、「想像力」を働かせることの重要性を感じています。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (8)

  • この職業ならではの、お気に入りの業務アプリ・ツールは何ですか? 具体名と、理由を教えてください。

    • 神田 真季子
      現職者神田 真季子
      経験: 3年
      株式会社バルクオム

      Googleアラート

      自社のニュースのモニタリングはもちろんですが、指定キーワードを入れておくだけで関連ニュースを拾ってくれるので、競合他社名や業界キーワードを入れておくだけで、業界のトレンドがわかるようになっていて便利です。


      Googleニュースで拾っているニュースは、ニュースサイトの記事だけではなくて、リリース配信サービスの更新情報も拾っているので、ニュースになる前の一次情報に触れることもできます。


      私は slackに連携して、関心のあるものを業界動...

      向としてシェアするようにしています。効率的にキーワードでニュースをザッピングできますし、気になる記事はストックすることができます。 頻度の設定や言語の設定も可能です。


    必要な仕事道具をもっと読む (3)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 清水 朋之
      現職者清水 朋之
      経験: 10年
      エン・ジャパン株式会社

      『宣伝部長になります!』これが私の恩返し。

      自らが宣伝部長となり、会社へ恩返しをしていくためです。


      広報へは、社内公募制度(社内での募集ポジションに対し、立候補する制度)を使って異動しました。 公募に応募した理由は、主に2つ。


      まずは、会社への恩返しのため。

      新卒で入社し、右も左もわからない私に、エンは多くのものを与えてくれました。

      働く環境、同期の仲間、素晴らしい上司、そして成長のチャンス。


      入社後は営業や制作ディレクター職として、社外のクライアントの成長に貢献...

      していました。 今度は自社の成長に貢献していけるような仕事をしていきたいと考え、管理部門の仕事を志望していました。 そして、中でも広報を選んだのは、自ら“宣伝部長になろう”と思ったからです。 私は、エン・ジャパンのサービス、働く人、理念が好きです。 もっとたくさんの人に、この魅力を知ってほしい。ファンになってほしい。以前よりそう感じていました。 ならば、自分を通して、その想いを発信していこう。 その想いと広報のミッションがマッチしていたと思い、立候補しました。


    志望動機をもっと読む (4)

  • この仕事をし始めてから、よく使う(聞く)ようになった「業界用語」や「専門用語」を、一つ挙げるとしたら?使うシチュエーションと合わせて、意味を教えてください。

    • 神田 真季子
      現職者神田 真季子
      経験: 3年
      株式会社バルクオム

      パーセプション

      パーセプションとは、認識という意味です。広報は認知に寄与するという話はよくありますが、ただ、Aというものを知ってもらうだけでは、その後の消費者の行動につながりません。

      AはXXXというイメージがあるよね、という認識を醸成するようなコミュニケーションを設計していくことこそに、広報の仕事の醍醐味があると思います。


      例えば、新しい製品のPRだと、まずは知ってもらう、ということが大事かもしれません。ただ、発売して何年も経つ製品や少しイメージが...

      落ちてしまったことが起きた企業に対しては、その製品に対する確固たるイメージ創出やマイナスのイメージをプラスに転換するような仕掛けが必要です。そのイメージの転換をパーセプションチェンジと言います。 トップを走り続ける製品には、世の中のパーセプションを変える仕掛けがあります。今まで携帯電話は電話をするものだったものが、調べたり、音楽を聴いたりするものに変わったように、人がその製品に関する価値やイメージを作り出すことができます。広報はその一端を担える仕事です。


    職業ならではの業界用語をもっと読む (2)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (34)

広報の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

このページを共有