ログイン

事業企画・事業開発経験者が語る仕事内容・年収・将来性

30人のロールモデル
135件の経験談

質問事業企画・事業開発の仕事を一言で表すと

事業企画・事業開発とは?

事業企画・事業開発の仕事内容

「既存事業の次に『勝てる』事業を考え、社内で予算を獲得し、体制を整え、どのようなサービスを提供すればよいか考え、進捗を管理する仕事」(READYFOR・中山貴之さん)。



サービス立ち上げの上流から下流まで担うため、責任範囲が広く、進捗管理から営業まで担う仕事も多様。



特にスタートアップにおいては成長を支える「第二の柱」「第三の柱」をつくる役割を担うため、背負う責任は大きくなる。



実際には、社長など会社の上層部が新規事業の種を考え、事業開発担当が実業として具体化させる形で進むことも多い。

みんなのジョブディスクリプション(仕事内容)

みんなのジョブディスクリプションをもっと読む(7)

事業企画・事業開発の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.64.3
31人が回答
未来実感
4.74.3
貢献実感
4.54.4
自立実感
4.54.1

事業企画・事業開発の平均年収

20代
570万円
30代
968万円
40代
1343万円
JobPicks回答者調べ

事業企画・事業開発になるには

事業企画・事業開発はどこにいる

基本的には事業会社の専門部署(新規事業推進室や事業企画部など)にいることが多い。近年は、外部から起業や事業開発を支援するコンサルティング企業、投資会社なども出始めている。



この職業では、ずっと同じ役割を担当している人のほうが少ない。担当した新規事業が成功すれば、部署が大きくなって役割も細分化され、反対に事業が失敗、撤退などすれば別の部署に異動となる。



それゆえ他の職業との兼務者も多い。また、ゼロからイチの事業をつくる能力と、既存事業を成長させる能力は異なるため、担当するフェーズによって役割変更や異動が生じる。

事業企画・事業開発の就職・転職事情

コンサルから転身

事業開発に比較的多いパターン。「工程表の作成やオペレーションの構築といった作業は、コンサル時代に培った経験が生きやすい」(READYFOR・中山さん)。



営業から転身

社内を説得するときや、立ち上げた事業を他社に営業するときに強みが生きる。数字に対し、責任を取るマインドや人脈も役立つ。



エンジニアから転身

コンサルや営業からの転身ほど多くはないが、一定程度存在する。プロダクトありきの事業や、事業の本格的な立ち上げ前にモックアップと呼ばれるデモ(試作品)を作るなど、開発の過程で力を発揮する。

事業企画・事業開発で身につくスキル

  • 幅広い業務領域の経験、スキル
  • 事業全体を見渡す力
  • 商品やサービスを継続的に売り上げる力

事業の構想やそのためのリサーチから、マネジメント、財務や法務関係の処理まで、かかわる業務領域が多岐にわたるため、身につくスキルは多い。しかし「法務なら法務など、個別のスキルはその道のプロには勝てない」(READYFOR・中山さん)。



労働市場での希少価値を上げるには、作った商品やサービスの売上を継続的に成長させる能力があるとよい。事業全体を俯瞰する能力が必然的に身につくため、会社の経営に必要なスキルも身につく。

事業企画・事業開発のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    事業企画・事業開発
    13人(18%)
  2. 2.
    法人営業
    11人(15%)
  3. 5人(6%)
  4. 3人(4%)
  5. 11.
    その他
    2人(2%)
  6. 16.
    マーケティングプランナー
    1人(1%)
  7. 17.
    エンジニアリングマネージャー
    1人(1%)
  8. 18.
    ネットワークエンジニア
    1人(1%)
  9. 1人(1%)
  10. 22.
    ゲームクリエイター
    1人(1%)
  11. 23.
    プロダクトデザイナー・工業デザイナー
    1人(1%)
  12. 24.
    インベストメントバンカー(投資銀行)
    1人(1%)
  13. 25.
    融資営業(銀行員)
    1人(1%)
  14. 26.
    ITコンサルタント
    1人(1%)
  15. 27.
    店舗スタッフ
    1人(1%)

事業企画・事業開発の経験談を読む

事業企画・事業開発の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい28件
  • 苦労23件
  • この職業のプロになるには23件
  • 未経験者へのおすすめ本23件
  • 向いている人・向いていない人5件
  • 必要な仕事道具0件
  • 志望動機3件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?30件
  • 事業企画・事業開発やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 内田 友樹
      現職者内田 友樹
      経験: 12年
      株式会社ニューズピックス

      戦略によってメンバーのベクトルが揃い、売上が上がっている時

      何と言っても「事業が成長している」ことを感じられる時が最も楽しい。なので、成長し続けることはとても大事。


      理由は当たり前だが、売上があがることはそれだけ「世の中に価値を提供していることの表れ」であるし、さらに売上があがれば組織も大きくなり、どんどんポジションを作ることができるため、多くのチャレンジを組織内に生み出すことができるため。


      またただ単にがむしゃらに売上をあげるのではなく、描いた戦略に基づき、みんなが「束」になっている状態で...

      あることも大事である。戦略とは「何をやり、何を捨てるのか」を示したものなので、例えある顧客に売れなくてもそれがターゲット顧客でなければ失注で構わない(本来はそんな顧客に営業にいくこともしない方が良いが)。戦略を全員が意識しながら仕事をしている組織の雰囲気は最高である。


    やりがいをもっと読む (28)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 纓田 和隆
      現職者纓田 和隆
      経験: 6年
      株式会社ニューズピックス

      自分のアイディアへ共感してくれる顧客と出会えない日々が続いた時

      「すごくいいアイディアですね」

      と言ってくれる人ばかりに囲まれ、いずれお金を払ってくれる人が出てくるだろうと信じ2ヶ月が過ぎ、仮説そのものが間違っているのかも知れないと思い始める3ヶ月位が立つ頃に多くの人は逃げ出したくなるのだと思います、私もそうでした。誰もお金を払ってくれない状況が続く時、起業家ならばまだしも、社内起業家として給与もボーナスも支払われ続ける中でこうした新規事業をスタートすると、ある程度空気の読める人間であれば心が締め付...

      けられる位に苦しくなるものです。社内だけでなく、社外へSNS上でも多くの理想を語り続けた中で、どう暗闇のトンネルを抜け出すか、その状況にいる時が最も苦しいのだと思います。


    苦労をもっと読む (23)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 古賀 敏幹
      現職者古賀 敏幹
      経験: 7年
      株式会社リクルートキャリア

      自身で事業をやるなら、絶対に逃げないと思うテーマを選べ

      正確には前職でエンジニアから事業開発の仕事に異動になる際の言葉ですが、リクルートの方からもらった言葉&事業開発という仕事における言葉なのでこちらに記載します。

      「自身で事業をやるなら、絶対に逃げないと思うテーマを選べ」という言葉をもらいました。それまでは、「何かを成し遂げたい」「ワンオブゼムで終わりたくない」と、視点が自分にしか向いていないし、社会起点も当事者意識もない状態でしたが、その言葉のおかげで自分起点ではなく、完全に社会起点に立...

      つことができましたし、今のテーマに出会うこと&覚悟を持つことができました。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (23)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 高塚 皓正
      経験者高塚 皓正
      経験: 14年
      株式会社Laboro.AI

      『シリアル・イノベーター』Abbie Griffin, Raymond L. Price, Bruce A. Vojak

       事業企画に携わり5年ほど経った頃に、監訳された市川さんとお話させていただく機会があり、手に取りました。企業内起業家であるイントレプレナーという概念が存在することを本書を通して初めて知りました。当時、私は社内での自身の立ち位置について悩んでいました。成果らしい成果を出すこともできず、いわゆる社内の壁というものに限界を感じていた時期でした。本書においては、企業内において新規事業を進めていく上での考え方や実際の実例等がリアルに描かれており、...

      とても参考になったことを覚えています。同時に、経営を巻き込み、事業を産み出す仕組みや考え方を大きく変革する必要性を認識するようになりました。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (23)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 高越 温子
      現職者高越 温子
      経験: 3年
      note株式会社

      先の見えない状況を楽しながら、先頭を走れる人

      事業開発は、社内でまだ誰もやったことがないことや、答えがわからないことに対して向き合う場面が多くあります。

      そんな状況でも、変化を楽しみながら前を見ることができるか、リーダーシップを発揮して周囲を巻き込みながら仕事を進めることができるかが、とても大切な資質だと思います。


      反対に、業務内容や進む道筋がきちんと決まっていることを着実に進めることが得意なタイプの方にとっては、ストレスのある仕事かもしれません。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (5)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 楠 勇真
      現職者楠 勇真
      経験: 2年
      ラクスル株式会社

      世の中に残る事業創りをしたかったから

      学生時代のインターンで、エンジニアやWebマーケティングなど様々な業務を様々な事業で経験するなかで、自分は特定の業務が好きというよりも「自分が死んだあとも、世の中に残る事業」に関わりたいのだと理解しました。

      そしてそういった事業を自分で創りだす仕事が出来たらこれ以上ない幸せだと思い、様々な企業や仕事を見ていく中で「事業開発」という職種に出会い「これだ!」と思いました。


      事業開発では、非連続に事業を成長させていくことを志向しています。そ...

      のために必要なことはなんでもやるため、仕事の内容は多岐にわたりますし、フェーズによってもやることがどんどん変わります。なので、自分もそういった事業創りをしていきたい、事業を伸ばすためになんでもやれるという志向性の方にはピッタリの仕事だと思います。


    志望動機をもっと読む (3)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (30)

事業企画・事業開発のロールモデルがいる企業

もっと見る(公開中の全5社)

事業企画・事業開発の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

事業企画・事業開発のコンテンツ

  • 記事(29)
  • ロールモデル(30)
  • 経験談(135)

このページを共有

事業企画・事業開発の関連する職業