ログイン

法人営業経験者が語る仕事内容・年収・将来性

37人のロールモデル
144件の経験談

質問法人営業の仕事を一言で表すと

法人営業とは?

法人営業の仕事内容

商談を通して顧客に製品やサービスを売り込み、受注し、顧客目線で課題を解決する仕事。



顧客の元を訪れる機会が多いことから「外勤営業」とも呼ばれるが、昨今では一連のプロセスをWeb営業ツールを用いて完結させることもあり、フィールドセールス=外回り部隊とは言い切れないのが実情だ。



フィールドセールスの本質は「外回りをし、顧客と対面してクロージングをかけること」ではなく、「顧客の課題を解決するとともに、受注数を向上させること」である。

みんなのジョブディスクリプション(仕事内容)

みんなのジョブディスクリプションをもっと読む(25)

法人営業の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
3.94.3
39人が回答
未来実感
3.74.3
貢献実感
4.24.4
自立実感
3.74.1

法人営業の平均年収

20代
514万円
30代
895万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

法人営業になるには

法人営業はどこにいる

その種類はさまざまで「営業対象や手法に応じて分類できる」(リクルートマネジメントソリューションズ・的場正人さん)。



一つ目は、部品メーカーや素材メーカーの営業職である「技術営業」だ。営業対象は、主にモノを作っているメーカーで、営業の目的は自社の部品や素材を使ってもらうことである。



続いては「間接営業」だ。



自社の製品・サービスを店舗や代理店に「売ってもらうこと」を目的とした営業で、営業対象によって「代理店営業」と「流通営業」に分類される。



そして、エンドユーザーに商品やサービスを売り込むのが「直接営業」となる。



法人営業の就職・転職事情

新卒採用

かつては、新人をまずフィールドセールスに配属する企業が多かった。しかし「分業化が進んでいる会社では、まずインサイドセールスを担当することも増えている」(リクルートマネジメントソリューションズ・的場さん)という。



サービスの構造が複雑で、活用方法を伝える難易度が高い商材を取り扱うフィールドセールスには、高い学歴を持つ人が目立つ。



社内異動

インサイドセールスなど営業部門内での異動はもちろん、商品開発部門や管理部門から部門を越えた異動によってフィールドセールスを担当することも少なくない。



中途採用

未経験者をフィールドセールス担当として採用している企業は多く、転職を機にフィールドセールスにチャレンジするパターンも考えられる。

法人営業で身につくスキル

  • ニーズを汲み取る力
  • 課題解決力
  • PDCAサイクルを回す力

「営業には、ビジネスの基本が詰まっている」(リクルートマネジメントソリューションズ・的場さん)。ビジネスの基本とは「他者のニーズを汲み取り、ニーズを満たすための手段を提供し、満足してもらうこと」。そして、このサイクルを高速で回し続けることが重要になる。



ニーズを汲み取り、ソリューションを提供することは、フィールドセールスの業務内容に他ならない。得られる経験と知識は、普遍的な価値を持つ。

法人営業のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    法人営業
    28人(50%)
  2. 2.
    事業企画・事業開発
    4人(7%)
  3. 2人(3%)
  4. 6.
    その他
    2人(3%)
  5. 8.
    経理
    1人(1%)
  6. 10.
    ブランドマネージャー
    1人(1%)
  7. 12.
    マーケティングプランナー
    1人(1%)
  8. 1人(1%)
  9. 19.
    ウェディングプランナー
    1人(1%)
  10. 20.
    店舗スタッフ
    1人(1%)

法人営業の経験談を読む

法人営業の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい33件
  • 苦労26件
  • この職業のプロになるには19件
  • 未経験者へのおすすめ本18件
  • 向いている人・向いていない人5件
  • 必要な仕事道具0件
  • 志望動機4件
  • 職業ならではの業界用語2件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?37件
  • 法人営業やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 榊原 洋平
      現職者榊原 洋平
      経験: 8年
      株式会社ニューズピックス

      自身の経験が価値になった瞬間・顧客と心が近づいた瞬間

      営業の仕事は端的にいうと売り上げを最大化させる仕事ですが、そのためにしていることは、顧客と自社の関係性の価値を最大化させることであると思っています。顧客にとって自社を、自社にとって顧客を最大限魅力的な相手であり、そこで生まれる価値が最大化するように努めていくことで、売り上げは最大化されていきます。

      そのためには、まず誰よりも自社のサービス価値を深く学び、顧客に伝えていく必要があります。それは単純に機能や価格に精通しているということではな...

      く、このサービスが何をもたらし、どんな可能性を持っているかということを、理解しているという状態を目指す必要があります。そのため、学んだ方が良いことは、幅広い領域に及ぶことが大半だと思います。その学んだ経験・知見を、顧客とのコミュニケーションの中でうまく伝えることができ、「それ、面白いね!」「なるほど、そういう考え方もあるのか」と価値になった瞬間は、顧客と心が近づいた感覚があり、とても楽しいと感じます。この繰り返しによって、顧客から信頼を得て、売り上げにつながり、最終的に自社のサービスを通して、価値が提供できていると感じる瞬間の幸福感は、最初の接点から関われる営業にしか味わえない感覚ではないかと思います。


    やりがいをもっと読む (33)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 王子田 克樹
      経験者王子田 克樹
      経験: 10年
      株式会社ニューズピックス

      苦しむメンバーに向き合う

      営業の現場ではなく、法人営業チームを管掌してきた本部長という立場から書かせてもらいます。


      最も重要な目標が具体的な売上や利益という分かりやすい数字という形で存在する営業において最もしんどい場面は目標が達成できない時、と想像されるかもしれません。しかし僕にとって「眠れないほどしんどい」のはそういう状況ではありません。目標達成という高いプレッシャーに苦しみ、それに耐えられるかどうかギリギリの状況に追い込まれるメンバーが必ず出てきます。その...

      メンバーに向き合うのが一番しんどいです。 どうしたらギリギリの状況から浮上できるのか? 具体的な支援策を考える。本人と話したり、周囲にいる仲間と相談したりする。色々なことをするわけですが、その時には本人だけではなく、本人が背負っているご家族のことにも想像が及びます。本人の置かれた状況が難しければ難しいほど苦しさは深くなります。一方で、組織全体のことを考えれば、内容としてもタイミングとしてもドライな判断をすべき場合があります。 初めて退職勧奨をする必要に迫られたときのことは今でも覚えています。自分が下そうとしている決定の重さに潰れそうになり、1週間近く極端に睡眠が短く浅くなりました。こういう意思決定を二度としたくない、というその時の記憶は組織の責任者としての原体験になっています。


    苦労をもっと読む (26)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 岡元 小夜
      現職者岡元 小夜
      経験: 10年
      株式会社ニューズピックス

      結局は「人と人」

      営業の仕事は、会社と会社の取引を行うことではなく、人と人がコミュニケーションすることだと教えられました。


      営業職はお客様に選んでいただくことが一つのゴールです。

      お客様が発注を検討する際、商品・サービス内容・料金・会社の規模・ブランドなど、様々な要素がありますが、その内容や大小だけではなく、営業担当が「信頼できる人」かどうかが重要になります。

      営業するのは「人」であり、発注するのも「人」です。

      会社は大きな組織ではありますが、人が集ま...

      ってできたものです。 「〇〇さんだから発注しました」といったリレーションによる営業受注は年々減っている印象ですが、完全になくなることはないと思います。 仕事やお客様・パートナー企業に常に誠実であることが大切だと思います。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (19)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 榊原 洋平
      現職者榊原 洋平
      経験: 8年
      株式会社ニューズピックス

      『他者と働く』宇田川元一

      多くの場合、法人における購買行動は一人の行動で完結しません。必ず複数人の合意を得ながら最終的に契約に至ります。また同じ会社の人間ではありながら、同じことを考える一枚岩であることはまずなく、一人一人やりたいこと、やりたくないことは異なっています。情報システム部や営業現場は出来るだけリスクや負荷を抱えないように現状維持をしたく、企画部は生産性を上げるために新しい仕組みを入れたがるのです。


      法人における購買行動とは、そんな立場の異なる、分か...

      り合えない複数人が絡みながら合意形成をしていく行為であり、フィールドセールスはこの合意形成をしてもらうための活動をしなくてはなりません。 また社内における調整もフィールドセールスの大切な仕事です。仮に顧客内の合意形成ができても、顧客の想いと自社の都合に折り合いをつけられなければ契約には至りません。 この本は、そんな分かり合えない他者たちと働くにあたって、合意形成に到るために大切なことを教えてくれます。 人間は本質的には分かり合えないのだということ。だから自身のナラティブをいったん脇に置いて、対話をすることで、 対立する個と個ではなく、「新しい関係性」を築くことが重要であるということ。 おそらくこの本がなければ、永遠に本質を理解できないまま、なんで売れないんだろう、なんで分かってくれないんだろうとなっていたと思います。 様々な立場の「他者」と働くことになるフィールドセールスだからこそ、 そして一度売ったら終わりではなく、関係性が長期に渡って続くような”サービス”セールスが増えている今だからこそ、 ぜひ読んでいただきたい本です。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (18)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 高石 大地
      経験者高石 大地
      経験: 3年
      株式会社BuddyCompass

      自ら思考することが出来る人

      未経験な人に対しても成長機会を多く提供してくれる会社。

      僕は大手会社のSEが一社目で、ほぼちゃんとやり遂げた実務経験がなかったため、ほぼビジネス経験は皆無。また、営業経験も全くないのに、この会社の営業職(ゼクシィ広告:ブライダル業界)へ転職しました。

      そんな私でしたが、入社してすぐに実践の機会を頂けたんです。それは、僕個人として担当を持たせて頂き、かつクライアントへの対峙方法も細かくは縛られませんでした。もちろんアウトプット(GOAL設...

      定)については目標予算もあるのですが、プロセスについてはそこまで管理されず、自身でいろいろなチャレンジを出来る環境でした。 具体的な話をすると、私は南大阪エリアのクライアント様を担当をしていたのですが、そのエリアがマーケットてきにも厳しいエリアだったため、どうしてもそのクライアントから広告で売上をもらうことが難しい状況でした。 会社から求められていることは担当するクライアント様の利益改善に努め、売上を獲得することです。ただ、実際わたしが取り掛かったのは、このマーケットが日に日に厳しかったため、南大阪活性化プロジェクトを立ち上げたんです。 そのプロジェクトでは、顧客ニーズを集めに現地をあちこち回り、車と住宅への関心が高いことを理由に、市役所とイベント、中古車とのコラボや住宅会社とのコラボなど、本来目的であるブライダル業界の広告営業の枠を超えた取り組みを行いました。もちろん最終はそこにつなげることが目的ですが、そこへの取り組みアプローチは本当に自由に任せて頂けました。 これらを踏まえて、自分自身で思考してチャレンジをする勇気と行動量がある方は、すごく機会(経験をするチャンス)が多いので、成長につながるすごくよい会社かなと思います。 また、社会的価値がない自分でもある程度の裁量を頂けるので、視座もどんどん上がっていけると思います。 一方で、指示に従って行動したり、なんでも教えてもらったりといった方ですと、思ったより放任ではありますので、苦労するかと思います。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (5)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 千葉 将貴
      現職者千葉 将貴
      経験: 3年
      株式会社上組

      スケールが桁違い

      父が商社の経営者をしており、私が小さいときに仕事の付き添いで港に連れて行ってもらう機会がよくありました。船はもちろん、コンテナの本数・扱っている重機等、そこで見えるものの全てのスケールの大きさに圧倒され、幼心ながら、「貿易ってすごいんだな」と思いました。就職活動が始まり、父と同じ商社や当社からも内定を頂きましたが、いろいろなものを見ることができ、実際に自分で感じたスケールの大きい職場で働くことがかっこいいと思い、港湾物流最大手の当社に内...

      定を決めました。


    志望動機をもっと読む (4)

  • この仕事をし始めてから、よく使う(聞く)ようになった「業界用語」や「専門用語」を、一つ挙げるとしたら?使うシチュエーションと合わせて、意味を教えてください。

    • 鈴木 豪介
      現職者鈴木 豪介
      経験: 16年
      楽天グループ株式会社

      KPI

      フィールドセールスだけではありませんが、セールス工程においての、見込み客の数値化や可視化されての管理は、欧米に比べて日本は遅れています。

      そのため、旧来の属人的な営業スキルに依存する組織がまだまだ蔓延っています。

      組織として、人員の影響による脆弱さを避け、安定した成果を出し続けるために、昨今ではSFAの導入が進んでいます。

      1人のレジェンド的な営業よりも、10人で12~13人分の成果を継続的かつ効率的に出力するために、KPIの管理が重要...

      になります。 フィールドセールスの前工程であるインサイドセールス、ひいてはマーケティング、また後工程のカスタマーサクセスの領域まで、シームレスに情報伝達がなされなければなりません。 特定の工程にのみフォーカスしKPIの達成にこだわり続けると、質の悪いリードの醸成に繋がってしまいます。 サブスク型の売り方が主流になる今、成約率や継続率が低いリードは非効率です。 各工程がぞれぞれの前後工程とKPIの質も含めたイメージを共有し、単純な数字だけではない部分も可視化することが大切です。


    職業ならではの業界用語をもっと読む (2)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    • taguchi shingo
      経験者taguchi shingo
      経験: 6年
      株式会社FORCAS

      悩みを解決してあげるエンターテイナー。サブスクビジネスの場合、夢を売るだけではなく、相手の悩みにズバリ解決できるような提案を最初からしておかないとすぐに解約されてしまう。そこがセールスの見せ所です。


    この職業を一言で表すと?をもっと読む (37)

法人営業のロールモデルがいる企業

もっと見る(公開中の全5社)

法人営業の記事

JobPicksオリジナル記事

法人営業のコンテンツ

  • 記事(27)
  • ロールモデル(37)
  • 経験談(144)

このページを共有

法人営業の関連する職業