ログイン
Graphic Designer

グラフィックデザイナー

6人のロールモデル
30件の経験談

質問あなたにとって、グラフィックデザイナーの仕事とは

キャリアと働き方を知る

NewsPicksオリジナル記事

グラフィックデザイナーの仕事内容を知る

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーとは、印刷物や広告、メディア、Webサイトなどのビジュアルを構想・作成する仕事。制作物を見る人に対して、どのように訴求するかを考え、コンセプトを決めた上で紙面・画面をデザインする。写真、イラスト、アニメーションなど、様々な素材を駆使して効果的なビジュアルを作成する。

グラフィックデザイナーの将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
3.84.3
6人が回答
未来実感
3.54.3
貢献実感
4.04.5
自立実感
3.84.2

グラフィックデザイナーの平均年収

20代
- 万円
30代
- 万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーのキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    グラフィックデザイナー
    5人(71%)
  2. 2.
    Web編集者・雑誌編集者
    1人(14%)
  3. 3.
    大学職員
    1人(14%)
  4. -
  5. -

グラフィックデザイナーの経験談を読む

グラフィックデザイナーの経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい6件
  • 苦労6件
  • 未経験者へのおすすめ本6件
  • この職業のプロになるには6件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?6件
  • グラフィックデザイナーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 滝見 壮平
      現職者滝見 壮平
      経験: 9年
      合同会社DMM.com

      「出来た!」って叫ぶ瞬間

      デザイン製作の終盤に、最後の1ピースがカチッとハマったような感覚を味わうことがあります。同業者の人にはわかると思うのですが、その瞬間は幸福感と充実感と自己肯定感に包まれて、長いときには1時間くらい完成作を眺めていたりします。難しいパズルを解いたときの感覚と、美しいものを鑑賞しているときの感覚が合わさった最高の瞬間です。ゲームのエンディングロールを見ているときの感覚に少し近いかもしれません。


      最も楽しい瞬間のあとには、チームメンバーに完...

      成作を褒めてもらう時間や、完成作が世間にリリースされる瞬間が待っているので、デザインを仕事にするのは楽しいなと今でも感じています。


    やりがいをもっと読む (6)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 國弘 朋佳
      現職者國弘 朋佳
      経験: 13年
      NewsPicks

      ただただ、つらい

      生みの苦しみというか、アイデアが思いつかない、思ったものが作れない、作っても作っても終わりが見えない、頭の中にはあるのにどう組み立てたらいいのか謎。みたいな瞬間がわりとしょっちゅうやってくるので(私は)、そういうときは本当につらいし、ただただしんどいです。


      しんどいから作業を一旦止めたりして、再びとりかかるときに「なんでさっき止めたんだろ」って思う瞬間もしんどい。自分からストレスを受け続ける感じです。


    苦労をもっと読む (6)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 九喜 洋介
      現職者九喜 洋介
      経験: 4年
      株式会社ニューズピックス

      『Paul Rand: A Designer's Art / ポール・ランド デザイナーの芸術』ポール・ランド

      IBMのロゴを作ったことで知られる、20世紀を代表するグラフィックデザイナー、ポール・ランドの仕事がまとめられた一冊。


      グラフィックデザインの本質は視覚的関係性である。

      無関係なニーズやアイデア、言葉、絵のかたまりに意味を与えるのだ。


      素材を選び、組み合わせるーーそして面白くするーーのが

      デザイナーの仕事だ

      (ジョン・カウウェンホーブン)


      ポール・ランドの仕事はどれもシンプル。ほとんどが、ワンメッセージとワンビジュアルだけ...

      で成立しています。 しかし、どれも独創的で、今まで見たことがない印象を受けます。 あるメッセージを伝えるために、何を選び、どう配置するか? たったそれだけのことで違いを生み出すこと。 同じ要素を自分が与えられたらどうするかを考えながら読むことで、いろんな発見がある一冊。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (6)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 黒田 早希
      現職者黒田 早希
      経験: 13年
      株式会社ニューズピックス

      クレジットの意義

      「デザイナーのクレジットはその仕事に対しての責任を表すもの。だから安易に喜んだりせず心して名前を載せなさい」


      大学時代のデザインの授業での教授の言葉です。

      仕事を始める前の話ですが、卒業して何年経っても未だに覚えています。


      雑誌や書籍などでは大抵クレジットにデザイナーの名前が載っており、広告でも年鑑などにスタッフのクレジットが書いてあります。

      もちろん名前が載ることで実績や新たな仕事につながることもありますし、初めて自分の名前が雑誌...

      に載ったときは親も喜んでくれました。 ただ、作ったものに対する責任について諭してくれた教授の言葉の重みは、実際に仕事をするようになってから特に身に染みるようになりました。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (6)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (6)

グラフィックデザイナーのコンテンツ

  • ロールモデル(6)
  • 経験談(30)

このページを共有

グラフィックデザイナーの関連する職業