ログイン

国家公務員経験者が語る仕事内容・年収・将来性

5人のロールモデル
23件の経験談

質問国家公務員の仕事を一言で表すと

国家公務員とは?

国家公務員の仕事内容

政策の立案と執行が、国家公務員の仕事。市場原理に駆動される民間企業だけでは、解決できない課題に向き合う。



市場と異なり、ユーザーに選択の自由がないからこそ、合意形成が大切になる。



国民の安心安全の確保や生活の発展を実現するため、予算・法律の策定や税制の改正、ガイドライン策定や広報・表彰といった各種“政策実施ツール”を適切に組み合わせる。



「先取りしすぎると合意が取れず、現状維持だと時代遅れに。ちょっと先取りした未来で解決することが肝要」(人事院・橋本賢二さん)だという。

国家公務員の役割・必要なスキル

  • 国民の安心安全の確保や生活の発展を目的とした、政策の立案と執行
  • 法律の策定
  • 税制の改正
  • ガイドライン策定
  • 政策やキャンペーンの広報
  • ガイドラインを満たした企業などを表彰
  • その他、各種“政策実施ツール”の活用

国家公務員の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
3.64.3
5人が回答
未来実感
3.64.3
貢献実感
4.64.4
自立実感
2.64.1

国家公務員の平均年収

20代
- 万円
30代
691万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

国家公務員になるには

国家公務員はどこにいる

国家公務員は一般職と特別職に分かれており、さらに一般職は「キャリア」と呼ばれる総合職(全職員の約7%)と一般職に分けて採用される。



両者は採用される官職が違うだけで、採用後の人事は能力・実績に基づいて行われる。結果的に、政策の企画立案にかかわる職種や管理職は、総合職採用者の割合が多いが、能力・実績や本人の希望によっては一般職採用者にも道は拓かれている。



政策の企画立案を担う総合職は、自分が向き合いたい社会課題や社会で実現したい価値が明確で、公務に対する強い動機がある人に親和性が高い。



定型的な業務を行う職務からスタートする一般職は、向き合いたい課題が決まっていない人向き。「安定志向の人に総合職はおすすめしない。信念なき受け身志向だと、管理職として判断を求められた際、前例踏襲的な小役人に陥りかねない」(人事院・橋本さん)。

国家公務員の就職・転職事情

新卒採用

新卒で国家公務員になるためのルートは主に3つ。総合職と一般職向けの「総合職試験」「一般職試験」、さらに特定の行政分野に係る専門的な知識または技能に基づく業務に従事する係員を採用する ための試験である「専門職試験」だ。



事務処理能力や公務遂行に必要な基礎能力を判定する一般教養・一般論文、行政上の判断を行う基礎知識を判定する専門科目・専門論文、全人格的な要素を判定する個別面接・集団討論などを実施。



近年は「面接などによる人物試験を重視するようになっている」(人事院・橋本さん)という。



中途採用

新卒採用のイメージが強い国家公務員だが、中途採用も珍しくない。総合職・一般職・専門職に関しては、30歳まで受験資格があるため、第二新卒での受験も可能。



係長級以上で採用される「経験者採用試験」についても、2019年度は313名が合格している。弁護士や会計士など、高度に専門的な知識や能力を持った人の「任期付採用」 もある。



「募集分野がさまざまなので、前職も多種多様です」(人事院・橋本さん)。

国家公務員で身につくスキル

  • 質の高い情報力
  • 交渉力、課題解決力
  • 広い視野

あらゆる業界のトップランナーに直接話が聞けるので、触れる情報の量と質が違う。「他省庁の領域であっても、『どこに』『どんな情報があるのか』といった土地勘が身につく」(人事院・橋本さん)。


また、担当領域については「日本で一番当事者として考えている人」として政策づくりに携わることになるので、並の仕事では身につかないレベルの交渉力や課題解決力、そして日本全体のステークホルダーを見渡す広い視野が自然と得られる。

国家公務員のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    国家公務員
    3人(42%)
  2. 2.
    経営企画
    1人(14%)
  3. 4.
    弁護士
    1人(14%)
  4. 5.
    プラント開発
    1人(14%)

国家公務員の経験談を読む

国家公務員の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい4件
  • 苦労5件
  • この職業のプロになるには5件
  • 未経験者へのおすすめ本4件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 必要な仕事道具0件
  • 志望動機0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?5件
  • 国家公務員やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 川端 隆史
      経験者川端 隆史
      経験: 11年
      クロール・シンガポール

      外交官でしか立ち会えない場面がある

      個人的には九州・沖縄サミット、マラッカ海峡の海賊事件への対応が一番記憶に残る仕事。サミットでは各国の首脳に僅かながら接す機会があり、その僅かな時間帯も一国の指導者の人格を感じることができた。印象的だったのは、プーチン大統領とシラク大統領。海賊事件では、まさに公務で無ければ経験ができなかった。表に出せない話がほとんどだが、危機管理対応の要諦を学んだし、ある意味で信頼できる人間とそうでない人間は、こういうときにこそ、本性があらわれるものだと...

      いうことを痛感した。その他、様々な仕事を通じて、インテリジェンス情報の収集・分析を学んだことは現在に至るまで自分のキャリアの中核を成している。


    やりがいをもっと読む (4)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 田口 周平
      現職者田口 周平
      経験: 7年
      経済産業省

      とはいえ眠れないほどしんどい時ほど、国家公務員の存在意義が問われている時だと思ってしまう

      今年(2020年)の4-6月ごろは、中小企業向けの資金繰り施策の立案や執行のために、物理的にほとんど寝れない日が続きました。何をやっていたかの一例をあげれば、

      ・無利子で融資をするためには予算が必要ですから、そのための予算要求

      ・融資の枠組み作り(上限額、貸付期間、据置期間等々)

      ・関係する機関(金融機関、自治体等々)との調整、ルール作り

      ・国会などの質疑対応

      などなどです。


      ただ、企業や個人が危機的な状況に瀕した状態でこそ、1人の国...

      家公務員としての存在意義が問われているとも思い、身体的にはきつかったものの、やりがいには満ちていました。 同様のことは、昨今相次ぐ災害対応でもいえるかと思います。 2018年の北海道胆振東部地震では大きな火力発電所が停止し、大規模な停電が発生しました。電力の供給量が大幅に縮小する中で、再度の停電を避けるために、企業だけでなく住民の方々にも節電要請をしました。さらには避難所にベッドやトイレなどの生活用品を届ける仕事もしていました。こうした業務に従事した際も、まさに眠れない日々が続いたわけですが、同時に自分の仕事が誰かのためになる、という充足感もありました。


    苦労をもっと読む (5)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 橋本 賢二
      現職者橋本 賢二
      経験: 15年
      人事院

      担当業務は、日本で一番詳しい担当であれ

      国家公務員であれば、おそらく誰でも言われたことのあるアドバイスだと思いますが、この意味を自覚すると、とても重いアドバイスです。国家公務員の人事ローテーションは1~3年で、人事異動の度に担当業務が変わりますが、着任したその日から担当者としての判断が必要になります。もちろん、前任者からの引継ぎや周りのサポートも得られますが、進行中の政策なども担当者として推進していく必要があるので、人一倍の勉強が必要になります。


      異動先によっては、かなりの...

      量の勉強を必要とする場合もありますが、日頃からアンテナを高く広く張り巡らせていれば、行政官としての経験知と組み合わせて、重点的に勉強するべきポイントを見出して一定のレベルに到達できます。さらに、担当業務を進めるなかでも、関係者との検討や意見交換の機会があるので、その都度、インプットとアウトプットを高速で回転させていきます。政策を担っている自覚があるからこそ、勉強や業務にも身が入り、担当業務に詳しくなっていくのだと感じています。 頻繁な人事異動で、短期の人事異動で専門性が育てられないとの声も聴かれますが、複数領域に触れることで物事を横断的・統合的に見られるメリットがあります。また、国家公務員の場合は省庁別採用なので、大まかな活躍分野は定めやすいというメリットもあります。その道を深く極める専門家になることは難しいかもしれませんが(中にはそのようなキャリアパスを目指す方もいます)、様々な分野を経験するからこそ掛け算で得られるレアなキャリアパスを築くことも可能になります。 キャリア形成に必要だと考えるのであれば、組織にとっての必要性と妥当性を添えて異動希望で訴えていくこともできますし、本業に影響にない範囲であればプライベートで行動することもできます(もちろん公私の使い分けは必要です)。自分の意志と行動次第でどのような可能性も考えられます。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (5)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 橋本 賢二
      現職者橋本 賢二
      経験: 15年
      人事院

      『『職業としての政治』』マックス・ウェーバー

      古典中の古典ですが、「行政」の意味を考えるためには必読書だと考えています。

      三権分立の三権とは、立法・行政・司法と言われますが、なぜ「行法」ではないのでしょうか?行政だけ「政」の字が用いられている意味を考える必要があります。国家でも地方でも、公務員(≒行政官)の仕事を考える時、政治との関係は切り離すことはできません。行政の基本は、政治的に決定された政策の実行や執行を担っているからです。


      この点について、行政には「法律による行政の原理」...

      といわれる考え方があり、特に法学部出身の人は、行政は法律に基づいて政策を執行する仕事だと理解していることが多いです。もちろん、行政は人の権利や義務に関係する仕事なので、法令の根拠に基づいた運用は絶対です。しかし、法律はあくまで政策の実行手段に過ぎません。行政の定義が「国家の権能から立法と司法を除いたもの(行政控除説)」という考え方が通説となるくらい、行政には一言では語り尽くせない種類の仕事があります。ウェーバーが示した正当性の根拠や政治の役割は、一言では語りつくせない多岐にわたる行政の仕事の意味を政治との関係で考えるための基盤になるものです。 政策の企画立案に関わりたいと思っている人には、ぜひ読んで、考えていただきたい本です。薄い本でありながら、ウェーバーの考えが凝縮されています。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (4)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (5)

国家公務員の記事

JobPicksオリジナル記事

国家公務員のコンテンツ

  • 記事(2)
  • ロールモデル(5)
  • 経験談(23)

このページを共有

国家公務員の関連する職業