ログイン

商社パーソン(総合商社・専門商社)

Work at a Trading Company

質問商社パーソン(総合商社・専門商社)とは

キャリアと働き方を知る

JobPicksオリジナル記事

【マーケ】住友商事からP&Gに“越境転職”して得た学び
CEO(最高経営責任者)
など

NewsPicksオリジナル記事

商社パーソン(総合商社・専門商社)の仕事内容を知る

フューチャーワーク指数(将来性)

すべての職業の平均
3.84.4
15人が回答
未来実感
3.84.4
貢献実感
4.14.5
自立実感
3.44.2

商社パーソン(総合商社・専門商社)の仕事

総合商社や専門商社で、多岐にわたる商材や事業の「売り手」と「買い手」をつなげる仕事。扱うテーマは、食品や石油のような有形資源から、事業譲渡のような無形のものまでと本当に幅広く、交渉相手も国家から企業まで案件によって様変わりする。人と人のつながりを生み出して新規ビジネスをプロデュースすることもある。

商社パーソン(総合商社・専門商社)のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    事業企画・事業開発
    1人(33%)
  2. 2.
    インベストメントバンカー(投資銀行)
    1人(33%)
  3. -
  4. -

商社パーソン(総合商社・専門商社)の平均年収

20代
1045万円
30代
1346万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

商社パーソン(総合商社・専門商社)の経験談を読む

  • やりがい15件
  • 苦労15件
  • 未経験者へのおすすめ本15件
  • この職業のプロになるには15件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?15件
  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 山口 快樹
      現職者山口 快樹
      経験: 8年
      三井物産株式会社

      投資実行から、事業主体者として意思決定を行い組織を動かすことまで行うこと

      現在、三井物産から投資先のPHCホールディングス株式会社に出向、経営企画部長としてPHCグループ全体の戦略策定・実行、M&A・PMIの主導、ガバナンスに関連する業務を通じ会社の成長に貢献する仕事をしています。


      世界有数のプライベートエクイティファンドであるKKRと三井物産が株主として協働するユニークな状況で、出向以降2件の大型買収を行い、会社の規模も大きく変わり、経営体制・組織もグローバルに再編され、会社は大きく変化しています。


      そ...

      の変化の中で、出向当初、経営企画部の一員として自らの立ち位置や会社への貢献を模索していたところから、幸いにも周囲や会社に認めてもらい経営企画部長としての機会を得ることが出来ました。上記大型買収を含めM&AとそのPMI、組織再編、ガバナンス体制構築、グループ全体の戦略策定等、様々な重要なプロジェクトを主導する立場として、自身の意思決定と行動を通じて会社の変革、成長に大きく貢献できることは大変やりがいがあり、最も楽しいと思える点です。 PHCホールディングスへの投資実行時には、投資チームの一員として関わり、投資後は出向し、会社の重要な意思決定に関わり実務を主導する立場になれたことは、商社の仕事の最もやりがいがあり楽しい部分の一つであると思います。


    やりがいをもっと読む (15)

  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 澤田 拓也
      現職者澤田 拓也
      経験: 18年
      三井物産株式会社

      トラブル対応と自分で取ったポジションで損失を出してしまった時

      この仕事の一番の苦労はトラブル対応と、自分で取ったポジションで損失を出してしまった時です。


      物流業務にはどうしても品質のオフスペックや、Deliveryの遅延、船の故障等といったトラブルがつきものとなってしまいます。時にはArbitration(仲裁)に行かざるを得ないような大きな問題が発生する事もあり、相手先とLegal Letterの応酬をして戦う時もあります。そのような時は解決方法が見つかるまで緊迫した状況が続きますが、如何に真...

      摯に対応をしたかは相手先や周囲の関係者は見ており、トラブルが原因で関係が悪化する事もあれば、逆に関係が良くなることもあります。 また、自分の取ったポジションで損失を出してしまった際は、まだ経験の浅い時は客観的な判断が出来ず、本当に眠れない時もありましたし、上手く出来なかった事を引きずってしまう事も多々ありました。自分のせいで会社に損失を与えてしまったのだから落ち込むのも当然なのですが、経験を重ねるに連れ自分の想定した通りにならない事も多々あり、そんな時でもその商売を止める事は出来ないので、最後はもうしょうがないと割り切り、曲がったポジションをCloseさせて次に行うべきことを考えるという、大変でしんどい時でも継続していくという事が重要と学びました。


    苦労をもっと読む (15)

  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 本田 拓馬
      現職者本田 拓馬
      経験: 6年
      三井物産株式会社

      『人工衛星をつくる -設計から打ち上げまで-』宮崎康行 先生

      商社の人間が理系技術者・研究者と同等の技術知識を持つ事は難しいですが、「技術者・研究者と同じ言語で会話する」ことで、未だ見ぬ技術×ビジネスの掛け算の試行錯誤をすることができ、新しい事業を創出する可能性を高められると感じております。

      その観点で、商社で宇宙事業を推進するのであれば、宇宙ビジネスの理解より前に、衛星とは、ロケットとは、地上局とは等々の技術的背景を理解することが大切だと考えます。勿論、餅は餅屋で、技術の詳細は技術者・研究者の皆...

      様にお任せすることでよいのですが、共創に向けたツールを自身に備えるという観点です。 本書は文系出身の方でもわかりやすく、衛星開発・利用においてどのような検討が必要かを説明されており、本書を読むことで、宇宙技術者・研究者の皆様がどのような仕事をされているのかを一段深く理解することができるのではと考え、おすすめさせていただきます。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (15)

  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)この職業のプロになるには

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 福島 慶子
      現職者福島 慶子
      経験: 2年
      三井物産株式会社

      今の枠組みにとらわれず為すべきことを為す、心底納得できる結論を求め粘り強く取り組む

      私は現在三井物産連結グループの企業価値向上を目的として、国内外に約500社以上ある事業投資先の経営改善支援を行う業務に携わっています。


      常に意識している教訓の一つはこの部署の上司からのアドバイスで、「極端な話、三井物産グループの価値向上につながることであれば何をやってもいいので、「こうあるべき」ということに拘るな」ということ。

      逆にいえば、常に同じことを繰り返していればいいわけではなく、主な業務とされている関係会社とのプロジェクトだけ...

      に終始すればいいわけでもなく、常に「今何をすべきか」「自分のリソースを何にどう割くべきか」と自問自答しながら、今の枠組みにとらわれずに前進していくことが重要だと思っています。 さまざまな関係会社や営業部門の方々と働いているため、グループ全体が共通して抱える課題を見出すこともあります。この課題と解決策を三井物産本体の経営に提言し、実行していくことも我々のミッションの一つであり、常にグループ経営・株主の視点をもっておかねばならないと感じています。 もう一つは、アドバイスとは少し違いますが、前職時代のクライアントから「コンサルタントではなくディスカッションパートナーだと思っている」と言っていただけたことが、自分の中で働く上での大きな指針になっています。 前職でも現職でも、外部の人間としてある程度のデータを集め、それらしい答えを提示することは、もしかしたら簡単なことかもしれません。けれど本質的には、プロジェクトでご一緒している会社とその社員の方が、心の底から納得して、その先自走できるような状態を作ることが何よりも大切だと思います。 勿論、こちらも誠心誠意その実現に向き合います。徹底的に議論を重ね、考え抜いた先にある、ロジックだけでは辿り着けない納得感のある結論を求めて、とことん粘り強く話し合う。アドバイザーと現場という境界線を超え、一緒に事業を進めるパートナーとして認めてもらい、協力してその先の成長を実現させる。今の仕事でも、この姿勢を忘れずにいたいと思っています。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (15)

  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)この職業を一言で表すと?

    この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (15)

商社パーソン(総合商社・専門商社)の編集者コラム

「商売人としての基本」を学ぶことができる仕事


JobPicks副編集長 伊藤健吾

所属する部門によって、扱う商材は変わるとはいえ、基本的に商社パーソンの役割は「売り買いできるもの全ての仲介」となります。そのため、行う仕事も幅広く、提案活動から売上(利益)数字の試算、社内外の関係者との調整、プロジェクトマネジメントなど多岐にわたります。


時には前例のない取引を成立させるため、社内の先輩たちもやったことのない仕事に取り組むこともあり、「商売の基本が学べる」という声を多く聞きます。巨額のビジネスを手掛けるケースが多いため、ビジネスのイロハがいち早く習得できる仕事だと言えるでしょう。

商社パーソン(総合商社・専門商社)のコンテンツ

このページを共有

商社パーソン(総合商社・専門商社)の関連する職業