ログイン
Corporate Planning

経営企画

14人のロールモデル
60件の経験談

質問あなたにとって、経営企画の仕事とは

経営企画の仕事内容を知る

経営企画の仕事

企業が中期的に目指すあり方と、現在置かれている状況とのギャップを埋める「中期経営戦略」の策定をはじめ、その企業の戦略立案を支えるのが経営企画だ。



社運を賭けた新プロジェクトやM&Aなどを検討する際、採算性はあるか、法的なリスクはあるかなどを調査し検討する。



経営改革のためにコンサルタントを入れる際に、窓口となる部署も経営企画だ。



一方で赤字が続く事業を立て直すために拠点の閉鎖や製品種類の縮小、場合によっては事業撤退のシナリオをつくり、対象となる事業の社員に対してリストラの理由説明に赴くというつらい役目もある。

経営企画の役割・必要なスキル

  • 市場やライバル企業の調査
  • 買収を検討している企業の企業価値の査定
  • 海外事業の法務訴訟リスクの調査
  • 中期経営戦略などの戦略策定
  • 社内外に公表するプレゼンテーション資料の作成
  • 取締役会の運営、戦略発表会の準備運営
  • あらゆる事業部同士で生じる利害調整
  • 政府など外部機関との渉外

経営企画の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.34.3
14人が回答
未来実感
4.44.3
貢献実感
4.14.4
自立実感
4.44.1

経営企画の平均年収

20代
- 万円
30代
867万円
40代
1030万円
JobPicks回答者調べ

経営企画になるには

経営企画はどこにいる

実は、経営企画は日本企業にしかない「ガラパゴス」職種だ。



外資系企業では、CFO(最高財務責任者)が率いる財務・ファイナンス部隊が全社的な経営戦略の立案を担っているケースが多い。



日本企業の経営企画に相当する機能は、外資系企業では本社にはなく、ビジネス部門ごとにある企画チームが相当する。



近年、一部の日本企業では欧米企業のように経営企画のトップであるCSO(最高戦略責任者)がなくなり、財務トップのCFOに置き換わりつつある動きも見逃せない。

経営企画の就職・転職事情

社内異動 

全社を見渡して経営戦略を考える力を養成するために、他の職種から異動するケースが多い。会社によっては、役員になるための登竜門ともいわれる。



中途採用

コンサルが、経営企画とともに経営改革を推進し、引き抜かれるケースは多い。コンサル側も事業会社で実際の事業がしたいと望むケースが多々ある。同様に、M&Aの際、投資銀行のアナリストがクライアントにヘッドハントされる場合も。



事業立ち上げからの転身

新規事業を立ち上げた事業企画担当者が、その事業を成長させた実績を買われ、より全社的な事業推進や経営ポートフォリオの入れ替えなどに携わることもある。

経営企画のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    経営企画
    10人(23%)
  2. 2.
    経営コンサルタント
    4人(9%)
  3. 3.
    事業マネージャー・事業統括
    3人(7%)
  4. 5.
    経理
    2人(4%)
  5. 6.
    財務
    2人(4%)
  6. 7.
    IR
    2人(4%)
  7. 2人(4%)
  8. 13.
    個人営業
    1人(2%)
  9. 14.
    ブランドマネージャー
    1人(2%)
  10. 15.
    マーケティングプランナー
    1人(2%)
  11. 16.
    データアナリスト
    1人(2%)
  12. 17.
    ベンチャーキャピタリスト
    1人(2%)
  13. 18.
    ITコンサルタント
    1人(2%)
  14. 19.
    公認会計士
    1人(2%)
  15. 1人(2%)
  16. 21.
    秘書
    1人(2%)
  17. 22.
    行政書士
    1人(2%)

経営企画の経験談を読む

経営企画の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい13件
  • 苦労9件
  • 未経験者へのおすすめ本9件
  • この職業のプロになるには10件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人4件
  • 副業・兼業1件
  • この職業を一言で表すと?14件
  • 必要な仕事道具0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • 経営企画やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 安藤 桂介
      現職者安藤 桂介
      経験: 9年
      合同会社DMM.com

      揉めていた同僚が「戦友」になる瞬間

      経営企画/管理の仕事は全社課題に対する取り組みや組織横断的なプロジェクトが多く、複数部署の知らないもの同士で業務を遂行していくことが多々ある。


      「経営企画」、「経営管理」という仰々しいネーミングの部署であることに加え、「業務改善」、「組織改善」、「管理強化」など仰々しいネーミングのプロジェクトを推進することが多いため、同じ社内でも警戒されることがある。


      経営企画/管理の仕事は全社課題に対する取り組みや組織横断的なプロジェクトが多く、...

      複数部署の知らないもの同士で業務を遂行していくになることが多々あるので、尚更警戒されやすい。 このような状況下、プロジェクトなどをタイトなスケジュールで夜な夜な進めていく中で(今の会社はホワイトで残業は少ない方だが)、つい最近までは知らないもの同士だったメンバー間で仲間意識が芽生、苦難を一緒に乗り越えている「戦友」のように感じる瞬間がある。この瞬間は楽しくもあり、本当の意味でチームとして機能し始める瞬間である。


    やりがいをもっと読む (13)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • Kohei Tsuji
      現職者Kohei Tsuji
      経験: 2年
      株式会社ニューズピックス

      業務・コミュニケーションの非効率

      業務・コミュニケーションの非効率に苦しみます。

      具体的には、社内調整などのコミュニケーションの非効率や、業務・システムに関わる情報が文書化・形式知化されず属人化・暗黙知化していることによる非効率です。


      終業後の食事やお風呂の時間に、どうすれば非効率が無くなるのか?といった懸案が頭をもたげて、その場でPCを開いたり、携帯にメモを書きつけたりして、改善方法を四六時中考えているようなときもあります。


      非効率であるということは生産性を下げ、...

      みんなの人生を無駄にすることです。 みんなが充実して創造的な、価値の高い仕事ができるためには、もっと非効率を無くしていかなければいけなく、そのためにどうやって組織・業務をどうよくしていくべきか、と日々考えています。


    苦労をもっと読む (9)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 柘原 俊
      現職者柘原 俊
      経験: 4年
      株式会社ユーザベース

      『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口周

      事業計画の策定であったり、予実管理等、数字を扱うことが多い職種であるため、ロジカルであることが非常に求められていると思っています。ただ、今のVUCAと言われる時代においては、ロジカルであること、つまり理論・理性というサイエンス的な意思決定だけでは太刀打ちできない、直感・感性も重要であることを教えてくれました。(理論・理性の重要度が下がっているといった話では一切ない)

      経営企画という職種においては、会社の未来をつくっていくことが一つのミッ...

      ションとしてあると思っていますが、会社の未来像を描く際や、何かの意思決定をする際に必要な要素として、この本に書かれていることは非常に重要だと思います。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (9)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 青木 想
      経験者青木 想
      経験: 9年
      株式会社Surpass

      数字に意志を込め、細部にまでこだわることがプロの仕事

      「神は細部に宿る」という言葉と、「数字に意志を込める」という言葉です。

      経営企画という仕事は、とにかくExcelと向き合う、ザ・スタッフ職です。目立たないですし、数値を扱うのでミスは許されないですし、ミスした時には経営判断にも影響するため非常に緊張感の高い仕事です。売上を生み出さないコストセンターにも関わらず、ミスができない仕事で、売上の根幹を担う仕事でもあるため、いかに効率よく丁寧に仕事をするか、が求められます。その中で「神は細部に宿...

      る」という言葉は、私の中で印象に残る言葉で、例えばExcelを人に送付するときに、相手が開いた時にちゃんと全体が見えるように、必ずカーソルを左上に置いた状態で保存して送る、みたいな細かい気遣いから、数値設計をかなり細かいKPIにまで因数分解して何パターンも分けてつくる、ということまで、プロとしてのマインドセットをこの言葉を通して鍛えてもらったなと思っています。 また同様に「数字に意志を込める」もとても含蓄のある言葉で、結局ただの作業屋さんになるな、数値にちゃんと経営の意志を込めて実現できるような形にしていくことが経営企画なんだ、という教えは起業した今でも、非常に痛感する言葉です。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (10)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 渡辺 健太郎
      現職者渡辺 健太郎
      経験: 2年
      株式会社ONE COMPATH

      多方面に興味がある人

      「経営」と名がつく以上、経営者と同様に異種格闘技的に幅広い知識が必要とされてきます。経営戦略やマーケティング、アカウンティングにファイナンスに人材開発、組織開発。あとは、法務関連や多少のIT知識も。


      これらを一気に習得するのは難しいかと思いますが、関わった案件ベースやプロジェクトベースで少しづつ興味を持って知識を習得していくと、いつの間にか色々と詳しくなってきます。その中で、さらに自分として掘り下げる分野に関しては更に学んでいくことで...

      、自分自身も楽しめて、メンバーからの信頼も獲得することが出来ます。 どの職種にも共通かもしれませんが、学んで知識を習得することを楽しめる人には、最適な職種だと思います。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (4)

  • 現在している副業・兼業の内容について、なるべく具体的に教えてください。

    • 佐藤 正基
      現職者佐藤 正基
      経験: 1年
      株式会社神戸教育研究所

      教育業界でのハンズオン

      教育業界でハンズオンで間接業務を行っております。経営コンサルタントは実務があまりないように思われるかもしれませんが、かかわり方によります。短期で結果を出したいときはハンズオンを行います。


      現在はスクール事業で「問い合わせを増やしたい」「人を採用したい」「DXを勧めたい」など間接業務で課題感を抱えている企業にハンズオンで入っています。コンサルタントで培ってきた、大局観や幅広い業界知識を活かし間接業務を行っています。


      ハンズオンでがっち...

      り入り込むといろいろなリソースが手に入ります。業界の知識だけでなく、そこでの人脈、そこに営業に来る方とのつながりや商品知識、経験は普段のコンサルタントに活かせます。


    副業・兼業をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (14)

経営企画の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

経営企画のコンテンツ

  • 記事(3)
  • ロールモデル(14)
  • 経験談(60)

このページを共有

経営企画の関連する職業