【証言】A.T. カーニーでの経験は「次のキャリア」にどう生きたか

【証言】A.T. カーニーでの経験は「次のキャリア」にどう生きたか

JobPicks Voice

「みんなでつくる仕事図鑑」JobPicksは、さまざまな職業のロールモデルが投稿してくれたリアルな経験談を多数掲載している。本連載では、その投稿内容を参考に、仕事や就職・転職の悩みを解消するヒントを探っていく。今回は、戦略コンサルティングファームA.T. カーニーの卒業生研究だ。


目次

A.T. カーニー(KEARNEY)の特徴


A.T. カーニー(グローバル・ブランド名:カーニー)は、1926年に米国シカゴで創立されたグローバルな戦略コンサルティングファームだ。


同社のWebサイトによると、2021年現在、世界41の国と地域でコンサルティングを提供しており、63拠点に約3600名のスタッフを擁している。


近年はビジネスのデジタル化などを背景に、コンサルティング業界のあり方も変わりつつあるが、A.T. カーニーの強みは何なのか。


特徴を知る一つのトピックとして、2020年1月、同社史上最年少の38歳で日本代表に就任した関灘茂さんのインタビューを見てみよう。


関灘さんは下の記事で、A.T. カーニーを「尖った個人」の集団だと述べている。

また、「尖った個人」を重視するのは社内だけでなく、社外の「尖った個人」とも協業しながら、プロジェクトに応じてベストチームをつくることに妥協しないという。


こうして組成されるプロジェクトチームで活躍できる人の特徴として、3つの共通点があるとも説明している。


各領域の一流と言われる方々は、【1】論理的思考能力が高く、【2】本質を捉える習慣を持ち、【3】人の感情やデザインに対する理解も深いものです。一見大きく異なるようですが、実は似ているとも思います。

── 【A.T. カーニー】最後は「尖った個人」の勝負だ


では、こんな環境で経験を積んだA.T. カーニーのコンサルタントは、退職後にどのようなキャリアを歩んでいるのか。


JobPicksに登録しているロールモデルの経歴をもとに、退職後のキャリアをまとめる(注:ロールモデルの所属・肩書は、全て本人が投稿した時点の情報)。


他社で経営コンサルタントを継続

残り2574文字(全文3299文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く
※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

この記事に登場するロールモデル

関連する記事

JobPicksオリジナル記事