【社員の声】アクセンチュアが進める「デジタル時代の採用」とは

【社員の声】アクセンチュアが進める「デジタル時代の採用」とは

JobPicks経験談まとめ

「みんなでつくる仕事図鑑」JobPicksは、さまざまな職業のロールモデルが投稿してくれたリアルな経験談を多数掲載している。本連載では、その投稿内容を参考に、仕事や就職・転職の悩みを解消するヒントを探っていく。今回は、コンサルティング企業アクセンチュアの仕事研究だ。


目次

変革し続けるアクセンチュア


コロナ禍の影響もありDX(デジタルトランスフォーメーション)をはじめとしたイノベーションが加速している今、テクノロジー活用の領域で支援の幅を広げているコンサルティング業界。


外資系コンサルティング企業の中でも、とりわけ成長著しいのがアクセンチュアだ。


アクセンチュアはテクノロジーへの先行投資を積極的に行い、2020年10月には社内外でさらなるAI活用を進める「AIセンター」の設立を実現。同社は大胆な組織改革を通じて、組織・社員のデジタル化にも成功し、近年は事業内容の領域を拡大している。


そういった働き方の変化も影響し、アクセンチュア・ジャパンの従業員数は直近6年で3倍以上に。2015年は全世界中のアクセンチュアの中で6位だったという売り上げも、米国に次ぐ2位に躍進し、世界の拠点の中でも注目を集めている。


もはや「ITコンサル」ではない

残り2756文字(全文3137文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く
※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

この記事に登場するロールモデル

関連する記事

JobPicksオリジナル記事