ログイン
【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・インサイドセールス

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・インサイドセールス

目次

新型コロナウイルスの影響を受け、企業の安定が揺らいでいる昨今。



転職しても応用が利く、「手に職のつく仕事」に興味を持つ人も少なくないだろう。



採用支援ツール「ミツカリ」のインサイドセールスを担当する渡邉理奈(わたなべ りな)さんは、「インサイドセールスは専門職です」と語る。



同職はDX(デジタルトランスフォーメーション)の広がりとともに需要が急拡大しており、さらには未経験にもチャンスがあり、専門性を磨いていける仕事だという。



女優を志し接客業のアルバイトで生計を立てていた渡邉さんが、未経験転職を通して「手に職をつける」までのキャリアを聞いた。

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・イ ンサイドセールス_渡邊理奈_02


「東京に出たい」で選んだ仕事



—— まずは、現在の仕事内容を教えてください。



早期離職を未然に防ぐ採用支援ツール「ミツカリ」のインサイドセールスを担当しています。



ミツカリは10名以下のベンチャー企業です。一つの職種だけを担当できるほど大きな組織ではないので、カスタマーサポートやフィールドセールスも兼任し、資料づくりからメルマガ作成、CRM(顧客管理システム)の導入・メンテナンスなど、幅広い業務に従事しています。



—— 渡邉さんが新卒の頃は、まだインサイドセールスという職業は一般的ではなかったはずです。現在に至るまでのキャリアを教えてください。



ファーストキャリアは、家電量販店です。



もともと3年間で退職するつもりでしたが、働いているうちに熱中してしまい、気がつけば5年間も在籍していました。



総合カウンターの受付や大型家電のまとめ買い担当者など、売り場の仕事をひと通り経験しています。



入社3年目に昇格し、主任になってからは、戦略立案や在庫管理など、管理職としての仕事をしていました。



ただ、入社5年で退職してからは、1年間、履歴書に空白期間があります。



女優を目指し、アルバイトで生計を立てていた時期です。



—— もともと女優を志していたのですか?



高校で演劇部に所属していて、キャストとして演じたり、脚本を書いたり、地元の劇団を手伝ったりしていました。



当時から女優を目指していて、高校卒業後は演技を学ぶため、専門学校に進学するつもりでした。



ところが家庭の都合で進学が難しくなってしまい、周りは進路をほぼ決めていた時期に就職へと方向転換しました。



事情は理解していましたが、女優になる夢はどうしても諦めきれず、働いてお金をためてから、女優業に挑戦しようと考え直したのです。



東京には女優になるチャンスが多いと思っていたので、就職先は東京に絞っていました。



でも、1人で東京に行くのは初めてで。丈の長い制服のスカートを履いて、緊張しながら面接を受けたのを、鮮明に覚えています。



当時は「自分にはどんな仕事が合っているか」なんて、考えもしませんでしたね。



「東京で働きたい」という、ただそれだけの思いでした。



夢を諦めても、キャリアは開ける

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・インサイドセールス_渡邊理奈_02
Photo : iStock / praetorianphoto

—— 家電量販店を退職したのは、女優の道へ進むためですか?



その通りです。 



年齢的にも最後のタイミングだと感じ、すっぱりと退職を申し出ました。



職場からは「生活はどうするのか」と反対されましたし、年収は150万円ほど下がりました。



それでも、高校の頃から決めていたことなので、一切の迷いはありませんでした。



—— 女優を目指した時期は、どんな生活をしていたのですか?



派遣制の芸能事務所に登録し、パチンコ店のアルバイトで生計を立てていました。



女優業では、地方のテレビCMや、クイズ番組の再現VTRに出演することもありました。



23歳なのに、40歳の愛人役をやったこともあります。



生活に余裕があったわけではありませんが、夢を追いかける時間は、とても充実していました。



しかし、女優を目指して1年がたった頃に、将来への不安が大きくなってきました。



TV出演を中心にオーディションを受けていましたが、年齢制限があり、応募すらできない現実もありました。



シンデレラのように「いつか大きなチャンスに巡り合えるかもしれない」と期待していましたが、現実はそうもいきません。



この先ずっと、苦しい生活のまま演劇の世界にいる覚悟は、私にはできませんでした。



—— その後、再び会社員に戻ったのも、生活を考えて?



そうです。女優になる夢は諦めましたが、働くことは大好きだったので、気持ちを切り替えました。



過去を振り返ってみると、家電量販店の販売職も、仕事そのものは楽しかったことを思い出しました。



隣のライバル店に足を運んだお客様が、「やっぱり渡邉さんから買いたい」と戻ってきてくださったときのうれしさは、今でも忘れられません。



私には人と接する仕事が向いていたのです。



今までは「生活のため」に仕事をしていましたが、「人に接して役に立つ」ことを生きがいにする道もあるのではないかと考えるようになり、転職活動を始めました。



転職エージェントにこれまでの経験を相談してみたところ、「きっと向いている」と提案されたのが、営業職です。



いくつか求人があった中でも、「東京の営業チームで第一号の女性営業を採用します」というメッセージに心を引かれ、IT企業に転職してSES(技術者を派遣するシステムエンジニアリングサービス)の営業職を選びました。



学びの尽きない営業の新職種へ

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・イ ンサイドセールス_渡邊理奈_03
Photo : iStock / Thomas_Zsebok_Images

—— 未経験の仕事に転職する際、不安はありませんでしたか?



特に不安はありませんでした。



秀でたスキルがあったわけではありませんが、「同じ人間にできるんだから、私にもできるだろう」くらいには楽観的だったと思います。



実際に、上司にフィードバックをもらいながら、仕事をマネして覚えていったところ、ひと通りの業務はできるようになりました。



大企業における社内調整の方法を知れたり、これまでとは桁の違う売り上げをつくる経験ができたり、働いていた3年間を通して多くの学びを得ました。



—— SESの営業職に転身された後、再び転職しています。どんなきっかけがあったのですか?



会社の方針と自分の考えが合わず、当時の私には、どうしても納得できない状態になったのです。



自分の中で納得がいかないまま、お客様に提案をするのがつらくなり、500円玉サイズのハゲが2つできるくらいにストレスを抱えてしまいました。



そのタイミングで、転職を決意しています。



—— 転職先は、やりがいを感じていた営業職で探したのですか?



いいえ、こんなにつらい思いをするくらいなら、もう営業は辞めようと思い、事務職を中心に転職活動をしました。



しかし、未経験から始める事務職は、ほとんどが契約社員からのスタートです。



給与も大幅に下がりますし、「正社員になれるのはひと握り」と説明を受け、先々のキャリアに厳しさを感じていました。



やはり正社員として勤務したいと転職エージェントに伝えたところ、1社だけ条件に合うものがあり、「インサイドセールス」の求人を紹介されました。



私がインサイドセールスという職業を知ったのは、このときが初めてです。



業務内容に目を通したところ、強い興味を持ちました。



—— なぜ興味を持ったのですか?



過去の経験を生かしながら、お客様に寄り添える仕事だと感じたからです。



求人票の仕事内容には、「既存顧客からの問い合わせ対応、資料請求顧客へのトライアル案内、カスタマーサポート兼任」と書いてありました。



接客業や営業職で経験した業務内容に近く、サービスを理解すれば、未経験の私にもできそうなイメージが持てました。



「サービスに興味を持つお客様に寄り添って案内をする」仕事なら、「お客様が望んでいないことを、交渉せざるを得ない」という、私が持っていた営業職のネガティブなイメージも払拭できます。



面接では「うちはベンチャーだから、幅広い範囲の仕事をやってもらうよ」と何度も言われました。



「大丈夫です」とは言ったものの、ベンチャーの意味が分からなくて、面接後にこっそり検索しました(笑)。



とはいえ、今まで経験したことのない環境に飛び込む未来に心が躍り、インサイドセールスとしてキャリアを積み上げていこうと、転職を決めました。

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・イ ンサイドセールス_渡邊理奈_04
Photo : iStock / Sitthiphong

—— 実際にインサイドセールスとして働いてみて、どのような仕事だと感じていますか?



「奥が深すぎる!」が率直な感想です。



入社前は、ひたすら架電するアポインターをイメージしていましたが、実際は違います。



問い合わせに対して資料を送るだけの仕事ではないですし、お客様に受注のYesかNoを迫るだけの仕事でもありません。



インサイドセールスは、お客様に必要なタイミングで思い出してもらえるよう、長期的な関係性を築く工夫を重ねる仕事です。



お客様の困りごとを伺って、適切な資料や事例を提示したり、メールマガジンで接点を増やしたりします。



すぐにアポにつながらなかったとしても、数カ月後、数年後にお客様になっていただける可能性があるからです。



営業プロセスの中でも、「お客様と長期的な関係性を構築する」という一点を追求できるインサイドセールスは、「困っているお客様に寄り添いたい」という私の志向に、とてもマッチしていました。



—— インサイドセールスの「奥深さ」は、どのように勉強しているのでしょうか?



職場の先輩に薦められた本を読んだり、同業者たちのカンファレンスに参加したりして、日々勉強しています。



例えば、インサイドセールスについて詳しく書いてある書籍『THE MODEL』からビジネススキームを学んだり、質問の掘り下げ方であるSPINのフレームを試したり。



インプットとアウトプットを繰り返し、トライアンドエラーの毎日です。



インサイドセールスをするうえでは、CRMやマーケティングオートメーションの知識も必要になります。



ワークフローも学びましたし、きれいな資料を作りたくて、デザインも勉強するようになりました。



私は今までの仕事で、何かを深く調べたり勉強したりすることがありませんでした。



ノリと勢いで、なんとなく結果を出してきたのです。



しかし、インサイドセールスのプロとしてキャリアを積み上げていくのであれば、絶対的に勉強が必要です。



インサイドセールスはまだ歴史が浅く、日進月歩の職種です。



新しいシステムが生まれることも、インサイドセールスの役割がさらに細かく分かれることもあります。



勉強会に参加すると、会社によっても仕事内容に違いがあると気づきます。さまざまなインサイドセールスに出会うことが多々あり、学びが尽きません。



インサイドセールスの世界は、一度足を踏み入れれば、「もっと知りたい」と思えるほど奥が深い。



今はインサイドセールスのスキルをさらに磨いて、キャリアを積み重ねていきたいと考えています。



手に職がつく、旬な仕事

【旬】女優志望の家電販売員が見つけた天職・イ ンサイドセールス_渡邊理奈_05

—— 未経験からのスタートで、これほどまでにのめり込んだインサイドセールスの魅力は、どこにあるのですか?



「手に職がつく」ことです。



今まで接客と営業を経験して、コミュニケーションスキルや調整力は身についたものの、「私のスキルの市場価値はどれくらいだろう?」「今後のキャリアはどうなるのだろう?」という漠然とした不安がありました。



しかし、営業職の中でも、インサイドセールスは「専門職」だと感じます。



知識とキャリアを積み上げていけば、再現性が生まれるだろうと、働きながら実感できるのです。



また、需要も伸びていて、食べていくのに困らない職種だと感じます。



また、インサイドセールスは、柔軟な働き方が実現しやすいのも魅力です。



私は在宅勤務が主流になる以前から、フルリモートで勤務しています。



パートナーの転職で地方に引っ越すことになったのですが、「このまま仕事を続けたい」と相談したところ、会社が快諾してくれました。



慣れてくれば、対面のときと全く変わらずに働くことができます。



—— 最後に、インサイドセールスに興味を持っている未経験者へメッセージをお願いします。



もっと社会に、インサイドセールスを希望する人が増えてほしいです。



日本ではまだまだ「営業職=フィールドセールス」が主流です。インサイドセールスは、職種名も浸透しきっているとはいえません。



しかし、決してハードルが高い職種ではありません。皆さんにもなじみのある、営業職の一つです。



今ではトークスクリプト(営業台本)が整っている会社も増えているので、多少口下手でも努力次第で活躍できると思います。



また、繰り返しになりますが、学びの尽きない仕事で、やりがいにあふれています。



ニーズが増えていて、旬な仕事でもありますから、ぜひ未経験からでも挑戦してほしいと思います。



「JobPicks 未来が描ける仕事図鑑」

取材・文:岡田菜子、編集:オバラ ミツフミ、デザイン:黒田早希、撮影:渡邉理奈(本人提供)

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事