ログイン
としてログイン中
プロフィールの確認・経験談の投稿


ログアウト
大野 康明

大野 康明

フラー 株式会社・ 正社員
  • データサイエンティスト
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • データサイエンティスト
    フラー 株式会社正社員
    2013年4月〜
  • 筑波大学大学院 システム情報工学研究科社会システム工学専攻・修士課程修了
    2011年4月〜2014年3月

職業の経験談

  • データサイエンティストやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    データでの分析結果と現実での曖昧な肌感が結びついたとき

    データという「素材」と、分析という「道具」があったからこそ、現実をより深く理解できた、と思えた時です。


    データというのは、あくまでの現実に起きている事象の一部を切り取った写像であり、全てを説明できるわけではないです。


    その上で、データを分析して見つけた結果の背景を探った時に、その理由が現実での動きに結びついたとき、楽しさを感じます。


    そして、それを知ったからこそ、実際の施策や意思決定が変わり、きちんと結果がでたときには、「データを...



  • データサイエンティスト苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    分析の最終段階で、ミスが見つかり、後戻りが発生したとき

    分析していて、どうしても結果の数値が大幅に合わないときです。


    SQLやPythonのコードではエラーが出ないのに、分析結果が大きく違うときは、


    ・論理設計が違うのか、


    ・データの参照場所が違うのか、


    ・そもそも想定が違うのか、


    ・・・など疑うべき点が多いので、その解決(デバッグ)には苦労します。


    特に、分析結果をまとめている最終工程で、ミスに気づき、最初からのやり直しになったときには、愕然とします。


    地味で退屈な作業ではあ...



  • データサイエンティスト未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」』安宅和人

    分析とはどう進めるべきなのか?


    この書籍で学びました。


    具体的には、


    ・最初にしっかりと仮説を立て、分析のストーリーを最後まで描いてしまう。


    ・その後、分析の実作業に入る。


    ということです。


    特に、ビッグデータを扱う仕事だと、データの全体像を把握し、そこに間違いがないことを確認するのが、最初のステップでありながらも、重要な工程になります。


    それゆえ、この段階に多くの時間を使うことになります。


    ただ、一度大きなデータの海に...



  • データサイエンティスト先輩のアドバイス

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    分析に関わった成果物は中途半端にせず、きちんと外に出すこと

    外とは、内容にもよるのですが、できれば世の中に。難しくても社内に。


    (※私の弊社での業務上、自社が保有するビッグデータを世に発信する役割があるため)


    人に見せる、特に、世の中に出すっていうゴールを見据えた時に、はじめて本気になって考察まで考えたり、内容の詳細について ”健全に“ 不安になったりします。


    ・出典元やロジックは本当に大丈夫かな?

    ・この表現できちんと伝わるかな?

    ・これを見せて何を伝えたいんだろう?


    など。


    分析と...



  • データサイエンティストこの職業を一言で表すと?

    最後に、この職業を一言で表すと?

    データという食材を元に、価値を生み出す料理人


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます