ログイン
羽山 祥樹

羽山 祥樹

なし・ フリーランス
  • UXデザイナー
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • 産業技術大学院大学 履修証明プログラム「人間中心デザイン」・卒業
    2010年9月〜2011年3月
  • UXデザイナー
    なしフリーランス
    2002年4月〜
  • 早稲田大学 第一文学部・卒業
    1998年4月〜2002年3月

職業の経験談

  • UXデザイナーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    ユーザーの心理を知り、ユーザーの心理に応えるものをつくる

    いいものがつくれたとき。つくったものが狙いどおりの効果を出したとき。


    UXデザイナーの職能は、ユーザーの心理を深く理解し、そのプロダクトをつうじてどんな体験をするか、そのためにはどんな要素が必要かを把握し、用意することです。「ユーザーが狙ったどおりの体験をする」ということは、とても難しいことですが、うまくいったときは「的を射たり!」という気持ちになります。


    ユーザーの心理を知り、ユーザーの心理に応えるものをつくる、という行為は、人間...



  • UXデザイナー苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    地を這い、小石をひとつひとつ拾いあげるように、分析する

    定性分析の途中。1,000を超える発話データを、ひたすら統合していく作業は、「常軌を逸した」レベルの根気のいる作業です。


    UXデザインには「グラウンデッド・セオリー・アプローチ」という定性分析の手法があります。これは「地に足のついた科学的な手法」という意味でつけられた名前ですが、裏の意味として「地を這い、小石をひとつひとつ拾いあげるように、データをなめていく」ということだというエピソードがあります。


    定性分析は、とにかく気が遠くなる...



  • UXデザイナー未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『ユーザビリティエンジニアリング ―ユーザエクスペリエンスのための調査、設計、評価手法―』樽本 徹也

    執筆の裏話を、著者に直接にうかがったことがある。さすがユーザビリティの大家。執筆の途中で、なんと「この本自体のユーザビリティテスト」をしたという。


    想定読者に、この本の草稿をわたして、「この本を読んで、じっさいにユーザビリティテストをしてみてください」という教示をし、あとは何の助言もせずに、ちゃんと実践できるか観察した。そうして、読者がつまづいたところを改稿していった。


    この本は、読者がひとりきりで、ユーザービリティテストの実践まで...



  • UXデザイナー先輩のアドバイス

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    自分のなかに基準ができるまで、これから改善しようとしているウェブサイトを見ない

    ネットイヤーグループの 坂本 貴史さん(当時)が、「自分のなかに基準ができるまで、これから改善しようとしているウェブサイトを見ない」とおっしゃっていた。


    これは、UXデザインの原則となる姿勢です。


    ものごとが良いか悪いかを判断するには、比較対象がなければ、うまくわからないものです。改善しようとしている対象だけを見ていては、正しく問題を把握することもできません。プロジェクトメンバーの思いつきや、声が大きい人の意見に左右されてしまうでし...



  • UXデザイナーこの職業を一言で表すと?

    最後に、この職業を一言で表すと?

    UXデザイナーは、卓越すると、ものづくりにおける、最強の職業です。


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます