ログイン
山下 慶子

山下 慶子

株式会社DECENCIA・ 会社役員
  • CEO(最高経営責任者)
  • 店舗開発
  • 事務・アシスタント
  • 個人営業

経歴



  • 現在
    CEO(最高経営責任者)株式会社DECENCIA会社役員


  • 店舗開発株式会社decencia(現DECENCIA)正社員


  • 事務・アシスタント株式会社decencia(現DECENCIA)派遣社員


  • 事務・アシスタントネットワンシステムズ株式会社派遣社員


  • 事務・アシスタント森村商事株式会社派遣社員


  • 個人営業株式会社エイチ・アイ・エス正社員


  • 鹿児島女子大学 文学部人間関係学科・卒業

職業の経験談

  • CEO(最高経営責任者)やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    キャリアスタート時は徹底した現場主義で解像度を極限まで高め、その後未来志向へ抽象化。今は高解像度のメタ認知で世界を見ています。

    社長就任直後からまず行ったことは、改めて当ブランドをご愛用くださって...

    残り798文字(全文832文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら



  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    人に励まされ、助けられ、突き落とされ、裏切られ。。。良いことも悪いことも人だなと思います。

    全ての最終決定者であり、責任者である中で、良くも悪くも「人」に泣かされ、「人」に救われる日々でした。


    眠れないほどしんどい瞬間は山ほどありますが、当社においても一時的に様々な不信や不安に苛まれた時期はありました。


    私は内部昇格で現在のポジションに上がったのですが、

    そんなに器用なタイプでもなく、

    ロジカル<ビジョナリーな人間なので、

    「私が本当に適任なのか?」という懸念が上がる一つの「隙」で、

    雰囲気は一気にインフルエンスしていきま...

    す。 その「隙」から広がる悪循環にはまると、 ① 退職者が増える ② 組織が対立する ③ さまざまなところから組織や人の不満が寄せられる、 間接的に伝え聞かされる ④ 課題解決したくても組織が同じ方向を向かず、遅々として対応が進まない など悪循環が生まれます。 挙句の果てには「前の社長が良かった」なんて声も、沢山耳に届きました。 振り返ってみても、なんだかんだで「人」の問題が一番しんどく、一番メンタルをやられ、疑心暗鬼になり、不安神経症になりました。 私の至らないところも多い中で、それでも心に決めていたのは 「人の悪口、陰口を絶対に吐かない」という事と 「自分の信じるビジョンを変えない」という事です。 その後、私のビジョンに共感してくれる、より具体的な言語化や卓越した戦略構築を任せられるブレーンが増えてきた中で、今はずいぶん恵まれた組織になりつつあるなと思っています。



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『『“複雑なタイトルをここに”』』ヴァージル・アブロー

    ヴァージル・アブローが示す"ショートカット"は、多分、半歩先の未来に...

    残り479文字(全文513文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    本質的に考えて、主体的に行動する。

    社長就任以前の話ですが、価値創造できる人材として、

    組織に貢献したい...

    残り260文字(全文294文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    肌を通して人と社会の課題解決に挑む仕事。


  • 仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    日本にいながら中国語90%の環境を楽しみつくした日々

    中国、北京からの留学から戻ったら、就職氷河期真っただ中。

    地元の熊本での就職をあきらめかけたとき、当時のベンチャーとして有名だった旅行代理店への就職が決まりました。


    最初は契約社員からスタートし、半年後に正社員になったかなと記憶していますが、同期の半数はそのころはもう居なくなっていました。。。


    そんな中私が配属されたのは、かなりレアな外国人セクションで、

    ミッションは在日外国人マーケットを対象にした海外格安航空券の販売業務。

    上司は...

    中国人、先輩は韓国人、支店長はNY帰りの日本人という、ダイバーシティあふれる環境で、ひたすらに「wei?(中国語でもしもし)」と叫びながら、中国人のお客様のニーズにこたえていく仕事でした。 私は必要以上にコミュ力があったらしく、また日本人の生真面目さも受けて、 「日本人なのに中国語話せて、しかも親切で、色んな話を聞いてくれる」と リピーターの紹介で、どんどん顧客が増えていき、最後の方では、 日本語しか話せない旦那様への通訳「私のパスポートはどこ?とおっしゃってますよ」とか、毎月上海に渡航されるお客様のお仕事の話など、 仕事以外に色んな話を伺いながら、とにかく朝から晩まで電話を首に挟んでしゃべり倒すという仕事をしていました。 ※なので今もちょっと頸椎がおかしいです。。。 色んな事情で日本に住むことになったお客様の人生や人間模様を伺いながら、 リスペクトもしたし、本質的なダイバーシティに大事なことは、理解とリスペクトである事を、この時に学びました。



  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    精神的ではなく、物理的に眠れませんでした

    今はどうかわかりませんが、当時は一人の担当が予約から出発まで対応していたので、1000名/月の出発データの管理、請求、入金確認、発券(当時はまだEチケットではなかった・・)など、ファックス、郵送、電話のアナログ作業で対応していました。


    ので、とにかく深夜まで恒常的に残業をしていた記憶があります。


    あと印象的なクレームを一つあげるとしたら、

    韓国籍のお客様のイラン行き航空券を発券したら、その方がVISA取得されていなかったことが発覚。...

    代理人の方を通して作業をしていたので、うまく連携できていなかったらしく、 発券後のキャンセルチャージの話をしたとたん、本人から怒りの電話。 だけでなく「〇〇、今から殺す!」というまさに脅迫に発展し、 結果警察のお世話になる事になりました。 ※私は悪くない・・・ はじめて人から「殺す」と言われたので、それだけでも脚ってふるえるんだなーと、そんなことを学びました。



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『世界地図』世界地図

    中国行き以外にも、たまにレアな周遊の問い合わせがありました。


    そんな時はまず空港を探すのですが、

    当時は地図帳を開いて、

    目的地のスペルを確認⇒エアポートを検索⇒就航ルートをチェックして、

    一区間ずつ予約を作っていく作業は、とても楽しく、

    こんな国のこんな町があるんだなーと、

    当時はgoogle mapやストリートビューも無かったので楽しく、一番アクセスの良い乗り継ぎを見つけるのがやりがいでもありました。


    ※とはいえ、緊急発券(一週...

    間を切った予約)がほとんどだったので、 緊張感と隣り合わせでもあったわけですが。。。



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    自分の頭で考えろ!

    当時の上司から良く言われていた言葉です。


    20代だった私は、すぐ「正解」を求めてしまっていたのですが、

    そんな雰囲気を察すると、「まずは自分の頭で考えてから話せ!」と

    怒鳴られていました。


    「自分の頭で考える」ってどういう事?と思っていましたが、

    徐々に、自分の中の答えが見えるようになり、

    その正当性を裏付ける根拠は、学び取るしかなく、

    ある意味時間がかかる作業ではありましたが、結果として血肉になった学びの経験だったと思います。


    ...



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    コミュ力で突き抜ける


  • 仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    0⇒1で形になっていく試行錯誤そのもの

    派遣社員だった私が、ひょんなことから正社員オファーされ、最初に任命されたミッションが「店舗開発」でした。


    当然私にはそれまで、このキャリアは経験が無く、さらには社内にも経験者はいなかった。

    また、「店舗」を構えるブランドやプロダクトもまでデビュー前。

    つまり、実態のないブランド、プロダクトを携えて、出店交渉していく事からスタートしたわけです。


    グループ会社の店舗部門の担当者に話を聞きに行き、そもそものモデルケースとして、どんなステー...

    クホルダーがいて、どんなプレゼン資料が必要で、どんな交渉をするべきなのか?など、手探りで仕事を作り上げていった日々でした。 そしてやりながら見えてきた新たな様々な課題 ・採用、教育、制服、接客マニュアル・・・・・ とにかく見様見真似でハードとソフトをなんとか予算内で作り上げて、 いざ予定どおりの開店の日を迎えた時には、 「不可能って無いんだなー」と、徹夜明けの朦朧とした頭で思ったことを 思い出します。 ※実際は開店後が修羅場でしたが・・・



  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    朝、館(百貨店)から「御社のお店だけ空いてませんよ」と言われて・・・

    実際の修羅場の数々は、準備よりもOPENしてからの方が、香ばしいエピソードが沢山あります。


    例)

    ✔ 朝、館(百貨店)から「御社のお店だけ空いてませんよ」と電話がかっかてくる。スタッフの寝坊が原因。


    ✔ 売り上げ0円の報告が3日続く


    ✔ スタッフの急な欠勤により、オフィスワークできず店頭に立ち続け、その後オフィスに戻ってやるべき仕事をこなす日々が続く



    ※これは現在の店舗ではなく、13年前の別のお店のエピソードです。





  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『特になし』特になし

    この分野に関して、おすすめのものは特に思い浮かびません。


    とはいえ、経験を積む中で必要だとしたら


    店舗デザインの分野

    ⇒商店建築とか


    商流の分野

    ⇒化粧品なら「国際粧業」「WWDbeauty」


    制服とか

    ⇒fashionsnap,WWD,VOGUE,いわゆるモード系を押さえておくと、

    デザイナーとの会話はツーカーになります


    ビジネスなら

    ⇒カスタマーサクセス系、ブランディング系のビジネス書も、チャネル戦略においては整理できるか...

    なと思います



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    特になし

    勝手に走っていたので、本当に何も思い出せないのですが、

    特殊な業界だなとは思いました。


    ステークホルダーも多様で、仕切りもさまざま。


    旗艦店と百貨店出店でも全然異なると思いますが、

    後者だったので、まったくの未経験の中で交渉先の方のニーズに本当に先まわりできたいたのかは未だに良くわかっていないですし、

    実体のない(SKUも2アイテムしかなかった)ブランドの出店をよく承諾してくれたなと、振り返っても感謝しかありません。。。



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    コンセプトが大事!


  • 仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    ニーズを先読みして価値を提供していく事で、常に期待値をアップデート!

    そもそもジョブディスクリプションという概念が無い環境が幸いし、

    (ドベンチャー立ち上げサポート(派遣社員))

    好き勝手にニーズを掘りながら、微力ながらも少し先読みしたサポートを楽しんでいました。


    「派遣なのにここまでしてくれるの?」という言葉に笑顔で「もちろん」と答え、期待値をどんどんアップデートしていく事は、とてもやりがいのある時間でした。


    その当時の私の年齢や、それ以前のキャリアを鑑みても(完璧な氷河期世代なので・・・)そこに不...

    満も文句もなく、役割があるってありがたい!と純粋に思って勤めて時代です。



  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    お金が無かった。。くらい?

    当時はルームシェアをしていたので、家賃や生活費は何とかなっていたものの、

    とはいえ世界を広げたい、経験をどんどん積みたいと貪欲だった私は、お酒も飲めないので終電を逃すまで「飲み会」と呼ばれるものに日々付き合っていました。


    そんな飲み代、タクシー代もかかるのだけど、周りも私が派遣社員でいくらもらっているかなんてそんなにリアルな想像はできていなかったらしく、、、、

    同じペースで楽しんだ結果、給料日前にあと数千円・・・という事もよくありまし...

    た。



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『特になし』特になし

    この職種云々という事は無いです。

    ただ読書は好きで、さまざまな本を読んでは、その時の感想やインスパイアされた事などを散文的にblogに投稿していました。


    この時のこの習慣は、「何が好きで、何が美しくて、何に感動したのか」を

    言語化するトレーニングになりましたし、慣れてくるとしっかりオチを付けることもできるようになりました。


    素晴らしい本を読んで「素晴らしい」と感想を書くのは簡単ですが、その先の構造分解を楽しんでいく事は、世界への眼差...

    しを少しずつ拡張してくれるような気がします。



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    アドバイスは何もありませんでした

    上司からも会社からも、アドバイスは何もありませんでしたが、

    むしろそれが良かったです。


    「アシスタントこうあるべき」と言われていたら、

    多分すぐ辞めていたと思います。


    今社長をやっていて、アシスタントメンバーから学ぶことはたくさんありますし、彼らの創意工夫は、当時の私以上だとも思います。


    今だったら、当時の私は入社できていなかったと。。たまに思いますが、そういう意味でも幸運なキャリアだったと思います。





  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    割り切ればそこまで。


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

関連する職業