ログイン
筒井 智子

筒井 智子

株式会社ユーザベース・ 正社員
  • 広報・PR
  • ライター
  • マーケティングプランナー
  • キャリアカウンセラー
  • ITコンサルタント
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • 広報・PR
    株式会社ユーザベース正社員
    2019年6月〜
  • ライター
    なしフリーランス
    2017年7月〜2019年5月
  • マーケティングプランナー
    ナビプラス株式会社正社員
    2014年7月〜2017年6月
  • キャリアカウンセラー
    株式会社メディカルリソース正社員
    2010年1月〜2014年6月
  • キャリアカウンセラー
    株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)契約・嘱託社員
    2006年9月〜2009年9月
  • ITコンサルタント
    ニッセイ情報テクノロジー株式会社正社員
    2003年4月〜2006年8月
  • 東京女子大学 文理学部 日本文学科・卒業
    1999年4月〜2003年3月

職業の経験談

  • 広報・PRやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    知られざるストーリーを公開できたとき

    採用オウンドメディアを運営しており、社内メンバーも知らないようなストーリー(プロダクトにかける想いや、ぶつかった壁とそれをどう乗り越えてきたか、今後どんな挑戦がしたいのか等)を伝えること 喜びを感じます。


    採用候補者に対しては、採用時のミスマッチを減らすことができ、志望意欲を高めることに貢献。さら...

    残り136文字(全文286文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • 広報・PR苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    思うように原稿が進まないとき

    しんどいわけではありませんが、編集長を担当しているオウンドメディアの他、noteや社内報など日々さまざまなコンテンツを発信しています。それぞれのチャネルの目的に沿った原稿になるよう意識していますが、思うように原稿が書けず、煮詰まってしまうことも……。どうすればもっと良い原稿になるか、日々頭を悩ませて...

    残り130文字(全文280文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀 史健

    企業によって広報・PRの仕事範囲は異なりますが、プレスリリースなど文章を書く機会は共通して多いはずです。対外的に発信する文章に誤りがあることで、自社のサービスやプロダクトの信頼度も既存しかねません。


    この本はライターになりたい人の必読書と言われる一冊です。

    著者の古賀史健さんは『嫌われる勇気』などベストセラーを手掛ける書籍ライター。この本を読めば「話せるのに書けない」状態から抜け出すことができます。


    私もフリーランスライターになった...

    当初、この本を何度も読み返しました。広報・PRに関する本や事例はたくさんありますが、文章は数をこなすしか上達の道はないと思います。「書くこと」に苦手意識のある人、自信がない人には特にオススメです。



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    何を最も伝えたいのか、常に意識する

    フリーライターからオウンドメディアの編集者になった当初、タイトルを直されることがたびたびありました。フリーライターのときは「タイトルとリード文は編集サイドに決定権があるので、修正を重く捉えすぎないでOK」と先輩に教わっていたこともあり、編集者としての自覚が足りなかったんだと思います。


    タイトルの付...

    残り92文字(全文242文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    自社のストーリーを、最適な形で広く伝える仕事


  • キャリアカウンセラーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    相手の人生を好転させるサポートができる

    キャリアカウンセリングの仕事の面白み、醍醐味は、何より相手の人生の転機にダイレクトに関われること。



    今まで知らなかった会社や職種の方の話を伺うことになるため、「こんな仕事があるのか」「外からは華やかそうに見えるけど、実際はこんなに大変なんだな」など、日々たくさんの発見がある。



    相手は転職を希...

    残り347文字(全文497文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • キャリアカウンセラー苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    思うような転職先をご案内できないとき

    現実とのギャップが大きく、求職者の希望通りの求人を案内できないケースや、応募いただいてもなかなか書類選考や面接に通過できないときは、やはり相当悩ましい。



    前者のケースは、例えば年齢や学歴、経験社数など、企業側からの要望がある場合、本人が希望していてもご案内できない場合がある。求職者が自分でその企業に直接応募し書類が通るケースもあり、その際は「案内できないと言ったのに、自分で応募したら通過したじゃないか」と罵られたことも(人材紹介会社...

    経由の採用と、自社サイト経由の直接採用では、企業側にかかる費用が異なるため、こういうことが起こる)。 後者のケースは、特に異職種・異業種への転職で起きやすいが、企業側の不採用理由も理解できるため、本当に難しい。求職者のスキルを抽象化し、それを異職種・異業種でも活かせると推薦状を書くか、求職者本人の意向を少し変えていただけるよう促すことになるが、いずれも難易度は高く、苦労した。



  • キャリアカウンセラー未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『『転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド』』細井 智彦

    著者の細井さんは、リクルートエージェントの大先輩。


    「面接力向上セミナー」など各種セミナーを開発し、セミナー受講者は延べ10万人を超える。企業の採用担当者向けセミナーも、大手からスタートアップまで100社以上実施しており、転職希望者と採用企業、双方のことを知り尽くしている人。



    私も実際にセミナーを受講したことがあり、自分が担当する求職者のレジュメ添削や面接アドバイスに、たくさん取り入れさせていただいた。具体例とともに、メソッドが非...

    常に分かりやすく掲載されているので、駆け出しのキャリアカウンセラーには特にオススメできる。



  • キャリアカウンセラーこの職業のプロになるには

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    面談中は自分が女優だと思いなさい

    まだ駆け出しのキャリアカウンセラー(リクルートエージェントでは「キャリアアドバイザー」と呼ばれていた)だった頃、同じチームの大先輩から言われたひと言。



    当時26歳で1社経験だったこともあり、求職者の語る転職理由に共感できないことがたびたびあり、つい「そんな理由で転職したいなんて……」と言ったとき、ピシャリと「面談だけで求職者のことを全て分かったつもりにならないように」と言われた。



    どんなに共感しにくい転職理由であっても、それがそ...

    の求職者の本音だという手応えがあるならOK。逆に、何となく表面的なことしか聞けていないなと思ったら、とことん聞くこと。本音を引き出せないのは、あなたの面談が未熟なだけ。求職者のせいなんかじゃ決してない、と。 「でも、うまく共感していることを伝えられない」と言う私に、先輩は「面談ブースに入った瞬間から、女優になりなさい。相手に共感する『役』を演じるのよ」と教えてくれた。その日から、面談中の立ち振舞いが180度変わった感覚があり、結果もどんどん出るように。 この教えは、キャリアカウンセラーの仕事から離れた今でも、相手の話を聞く時に非常に役に立っている。



  • キャリアカウンセラーこの職業を一言で表すと?

    この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    人生の転機におけるサポーター


関連する職業

NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます