ログイン
岩下 佳央

岩下 佳央

三井物産株式会社・ 正社員

経歴



  • 現在
    商社パーソン(総合商社・専門商社)三井物産株式会社正社員


  • 一橋大学 社会学部・卒業

職業の経験談

  • 商社パーソン(総合商社・専門商社)やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    プロジェクトマネージャーに一歩近づけた時

    モチベーションの根幹にはインフラ開発を通じ国創りに貢献したい、という...

    残り610文字(全文644文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら


  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    迷子になったとき

    経験や知見不足から大局観を持てず、自分のポジションや業務の位置づけを...

    残り543文字(全文577文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『ざっくり分かるファイナンス』石野雄一

    企業のミッションである「企業価値最大化」をはかるための意思決定(投資...

    残り282文字(全文316文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    「自分FINAL」

    自分FINALとは?自分が決裁者になったつもりで常に行動すること。

    これは入社時に指導員の先輩から頂いたアドバイスです。


    仕事は判断の連続です。判断するにはそれなりの根拠が必要だし、自分の頭で考え抜く必要もあります。判断には責任が伴います。


    実際には上司がいて、確認や承認を得ることはできます。でもその中で自分の判断がチームとしてのfinal answerになるつもりで行動することで、それに付随する色々な心構えを意識できました。


    最...

    後まで責任を持ってやり遂げる。誰よりも自分の仕事に詳しくなる。大局観を持ち自分の仕事を捉える。視野を広げ最適解を見つけられるようになる。常に全体における自分のポジションを意識する。業務の背景や意義、ゴールに与える影響を理解する、等々。 私の所属するインフラ部門では、時には数千億円規模の大型インフラを取扱うこともあり、ダイナミックで華やかな印象を持つかもしれません。でも現実は地道で泥臭い業務の積み重ねです。特に新人時代は分厚い契約書を要約したり、入札開催国の政治情勢を調べて資料を纏めたり、単調な業務が多いのも事実です。 入社時、某国に港を建て運営をするという入札案件に参加しました。初の業務は、当該国と近隣国との政治関係の洗い出しや選挙を控えた当該国の次期首相、運輸大臣、港湾局長候補のバックグラウンドリサーチを行うことでした。 「現政権から一転し次期首相はA国とは距離を置くはずなので、パートナーにA国の企業は選ばない、一方でB国はA国に対抗する力があるので、B国企業に声をかけるべき。次期運輸大臣候補は影響力があまりないので、まずは港湾局長候補に提案を持ち寄るのがいいのではないか」、等入札を勝ち抜くために極めて重要なパートナー選びや応札戦略策定の一助となりました。 一見地道な作業も、入札を勝ち抜くというゴールを踏まえた位置づけを理解することで、新人ながらに責任を持って取り組めましたし、それを元にチームで案件を前に進める面白さも身を持って体感しました。 入社早々、仕事面白い!と感じられるようになったのはすごく貴重な経験だったと思います。



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    国を創り未来を創る仕事


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

関連する職業