ログイン
滝見 壮平

滝見 壮平

合同会社DMM.com・ 正社員
  • グラフィックデザイナー
  • 大学職員
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • グラフィックデザイナー
    合同会社DMM.com正社員
    2019年9月〜
  • グラフィックデザイナー
    なしフリーランス
    2018年8月〜2019年8月
  • グラフィックデザイナー
    株式会社CLASSその他
    2017年4月〜2018年7月
  • 大学職員
    多摩美術大学契約・嘱託社員
    2014年4月〜2017年3月
  • グラフィックデザイナー
    なしフリーランス
    2013年7月〜2017年3月
  • グラフィックデザイナー
    株式会社日本デザインセンター正社員
    2012年3月〜2013年6月
  • 多摩美術大学 造形表現学部デザイン学科・卒業
    2007年4月〜2011年3月

職業の経験談

  • グラフィックデザイナーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    「出来た!」って叫ぶ瞬間

    デザイン製作の終盤に、最後の1ピースがカチッとハマったような感覚を味わうことがあります。同業者の人にはわかると思うのですが、その瞬間は幸福感と充実感と自己肯定感に包まれて、長いときには1時間くらい完成作を眺めていたりします。難しいパズルを解いたときの感覚と、美しいものを鑑賞しているときの感覚が合わさった最高の瞬間です。ゲームのエンディングロールを見ているときの感覚に少し近いかもしれません。


    最も楽しい瞬間のあとには、チームメンバーに完...

    成作を褒めてもらう時間や、完成作が世間にリリースされる瞬間が待っているので、デザインを仕事にするのは楽しいなと今でも感じています。



  • グラフィックデザイナー苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    失敗作を世の中に出してしまったとき

    楽しい気持ちで歩いていても、街中で自分の失敗作を見かけて辛い気持ちになります。楽しいテレビ番組を見ていても、自分の失敗作のCMが流れてくると地獄に落とされたような気持ちになります。失敗した仕事の規模が大きければ大きいほど辛いです。


    なにを失敗と捉えるかは人それぞれだと思います。100%うまくデザイ...

    残り496文字(全文646文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • グラフィックデザイナー未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『言葉ダイエット』橋口幸生

    グラフィックデザイナーを目指す人にお勧めするのは不思議に思われるかもしれませんが、この本は広告代理店のコピーライターによるコピーライティングの教本です。


    文章の中の無駄な単語や構造を取り除いて再構成すると、言葉を詰め込んでいたときよりももっと魅力が伝わる文章になる。そんな趣旨で実例を交えながらコピ...

    残り358文字(全文508文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • グラフィックデザイナーこの職業のプロになるには

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    育ててくれたグラフィックデザイナーとの仕事の記憶

    特定のアドバイスというよりは、自分を育ててくれたグラフィックデザイナーの仕事への姿勢が最も教訓になっています。


    グラフィックデザイナーは専門職ではありますが、エンジニアのような難しい専門職と違って一般職の人からフィードバックを受けやすい専門職です。本来ならばグラフィックデザイナーが専門家として適切に判断をしなくてはいけない部分まで一般職の人に判断をまかせてしまうような場面もよく見られます。製作物の内容や方向性、趣味、趣向、意図が間違っ...

    ていないかを確認するためのフィードバックのはずが、どうすれば完成度が上がるかを一般職の人のフィードバックに頼ってしまって、製作物が迷走していくというのはよくある経験だと思います。 一般職の人が完成度に対してオーケーを出したとしても、ある程度の完成度を超えると専門家でないと正しい評価ができないし、グラフィックデザイナーはその遥か遠くに完成度のゴールラインを設定してなくちゃいけません。育ててくれたグラフィックデザイナーは、トップクラスの専門家として責任を持って案件に対処していて、クライアントに判断を仰がないといけない部分と自分が専門家としてこだわる部分が明確に見えていたので、そのときの強く正しい仕事への姿勢ははっきりと心に残っています。デザイナーとして独り立ちした今でも、「師匠のゴールラインに届いているか」「師匠に見せて恥ずかしくないものになっているか」を判断基準のひとつにしています。



  • グラフィックデザイナーこの職業を一言で表すと?

    この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    デザインで悩みを解決するカウンセラー + デザインで印象を操作する煽動家 + デザインの修行を続ける修行僧


関連する職業

NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます