ログイン
Akihiro Sato

Akihiro Sato

株式会社エクサウィザーズ・ 正社員
  • AIエンジニア
  • 研究開発
  • SE(SIer・ベンダーSE)
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • AIエンジニア
    株式会社エクサウィザーズ正社員
    2017年10月〜
  • AIエンジニア
    SOINN株式会社正社員
    2015年12月〜2017年9月
  • 研究開発
    三菱電機正社員
    2012年4月〜2015年11月
  • SE(SIer・ベンダーSE)
    正社員
    2008年4月〜2012年3月
  • 東京工業大学 知能システム専攻・修士課程修了
    1920年1月〜

職業の経験談

  • AIエンジニアやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    AIエンジニアがAIを活用できた瞬間

    AIは万能ではない。人間が歯が立たないような課題に対して、AI/機械学習で出来ると考えるのは幻想である。しかしながら、AIで出来ることもまた多くあり、「ある問題を生み出している構造に、どのようにAIを介入させればうまくいくのか?」をデザインするのもまたAIエンジニアの仕事だと思う。様々な技術とAIをうまく組み合わせて、問題を解決できた時、つまりAIエンジニアがうまくAIを活用できた時は非常に面白い。



  • AIエンジニア苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    この問題はAIで解くべき問題なのか?が見えるまでの間

    問題の構造がわからずに、「とりあえずこのデータをAI使って解決できるか見てみよう」というようなお題があった場合、そのまま取り組むと成果が期待できることは(経験上)稀である。したがって、問題の構造を理解し、「そもそもAIで解くべき問題なのか?システム化で対応すべきものではないのか?」といったアプローチを整理し、「本質的に実現可能な技術課題なのか?」を検討し、AIを活用すべき部分を見極めて取り組む必要がある。

    これはデータの前処理やモデル作...

    成よりも前にやるべき作業であり、大変な作業ではあるものの、成果を出すためにはMustであるため、しんどいなあと思いながらも取り組んでいる。



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『世界はシステムで動く―いま起きていることの本質をつかむ考え方』ドネラ・H・メドウズ

    世界は数多のシステムから構成されている、と聞いたときに、エンジニアがイメージするのは”サーバとネットワークとストレージ”から構成されるシステムであるが、これらはITシステムであり、システムの一つの形に過ぎない。ITシステムは電子化された情報しか扱えず、そのままでは現実世界に影響を及ぼすことはできない...

    残り473文字(全文623文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら


  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    AI技術を使うからAIエンジニアなのではなく、AIで問題を解決するのがAIエンジニア

    AIエンジニアは、AIを使えるからAIエンジニアなのではなく、AIも使って問題を解決するスキルを持つからこそAIエンジニア。

    あくまでAI技術は仕事道具の一つであって、トンカチひとつで家は建てられないように、問題を解決するには広範なIT技術/ビジネスドメインを把握した上で、これらを組み合わせて解決方法をデザインし、実装するという仕事。


    顧客やビジネスメンバーは問題を解決したい・利益を上げたいのであって、AIを使いたいから相談しにきてい...

    るわけではない。ビジネス上の課題の裏に隠れている技術的・システム的・人的な課題の洗い出しと、望ましい状況(To-Be)になると、ビジネス的には何が良くなるのか?を把握した上で、解決手段を(AIも視野に入れて)考えるのがAI(を手段として使う)エンジニア。



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    AI技術+IT技術+問題構造化技術=AIエンジニア


関連する職業

NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます