ログイン
宮田 大督

宮田 大督

株式会社エクサウィザーズ ・ 正社員

経歴



  • 現在
    プロダクトマネージャー株式会社エクサウィザーズ 正社員


  • プロダクトマネージャー株式会社メルカリ正社員


  • プロダクトマネージャー楽天株式会社正社員


  • 事業企画・事業開発エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社正社員


  • 慶應義塾大学 大学院 政策メディア研究科 メディアデザインコース・修士課程修了

職業の経験談

  • プロダクトマネージャーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    プロダクト開発の最初から最後まですべてに関われる。「ものづくり」してる実感を得られる。

    プロダクトマネージャーにはいろんなタイプ、定義があるので、なかなか経験を「一般化」するのが難しいのが正直なところなのですが、ただ、どんなタイプのプロダクトマネージャーでも、プロダクトづくりの全体に関われる、というか関わらなきゃいけない、というのは同じですかね。


    そしてその全体に関われる、というのが、自分的にはやはり面白みです。


    もちろん、専門職としてのデザイナーやエンジニアのように、本当に「もの」を作るわけではなくて、全部いってしま...

    えば人任せのロールともいえます。ものづくりという意味で言うと、手を動かしていないと言う意味では、実感がなさそうにもみえるかもしれません。 しかし専門職の場合、通常はどうしても、自分の領域以外のことまで手を広げられないことはどうしてもあり、知らない領域があったりします(それは当然で、そうやってフォーカスして、その領域で徹底的にいいものを作るのが役割なので、何の問題もありません) 一方、プロダクトの全体像、隅から隅まで把握し、本当にお客様にとって良いプロダクトになっているかを徹底的に考えることができるのがプロダクトマネージャーです。プロダクトの良し悪し全てを把握し、成果をみちびくのが仕事です。 徹底的に、気を張って、プロダクトを良くするために、専門職のメンバーと相談して、自分からアイディアを提案したり、自分ごととして仕事をすることができてさえいれば、という前提が必ず必要なのですが、全体をみれている分、一番プロダクトと一体化するような経験ができ、リリースした後に、これはもう自分の一部だ!と感じて、誇らしい気持ちになったりするのがプロダクトマネージャーだなと感じています。 とてもやりがいがある仕事だと思います。



  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    プロダクトによって、多くのお客様に迷惑がかかるようなことになった時…。

    まぁこれはありきたりかもしれませんが、やはりプロダクト、特に利用者が...

    残り542文字(全文576文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら



  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『Running Lean』アッシュマウリャ

    一冊ということであれば、バランスがとれているこちらの本は良いかなと思...

    残り479文字(全文513文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    大負けするような結果がでるのは良い仕事の証拠。無風が最悪。

    ほとんどの仕事は、わりと、ちょっと良いか、かちょっと悪い結果ぐらいの...

    残り345文字(全文379文字)

    会員登録して毎月0件の経験談を読む



  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    「自由」業


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

関連する職業