ログイン
としてログイン中
プロフィールの確認・経験談の投稿


ログアウト
Kitabayashi Yota

Kitabayashi Yota

株式会社エクサウィザーズ・ 正社員
  • プロダクトマネージャー
  • エンジニアリングマネージャー
  • ソフトウェアエンジニア
NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます

経歴

  • プロダクトマネージャー
    株式会社エクサウィザーズ正社員
    2020年1月〜
  • プロダクトマネージャー
    株式会社ビズリーチ正社員
    2017年8月〜2019年12月
  • プロダクトマネージャー
    株式会社ディー・エヌ・エー正社員
    2016年3月〜2017年7月
  • エンジニアリングマネージャー
    株式会社セブン&アイ・ネットメディア正社員
    2005年2月〜2016年2月
  • ソフトウェアエンジニア
    株式会社ネオジャパン正社員
    2001年4月〜2004年12月
  • 神奈川大学 理学部・卒業
    1997年4月〜2001年3月

職業の経験談

  • プロダクトマネージャーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    プロダクトが世の中を変えている、と思える瞬間

    同じビジョンを持った仲間たちで創り、育ててきたプロダクト・サービスが顧客に使われ、喜んでいただく、そして少しでも世の中を良い方向にかえている、と感じる時ほど嬉しいことはない。


    例えば


    ・”企業がDXを達成して日本の生産性を上げていく”ことを目指し作ったサービスでDX人材育成プログラムを提供、その後プログラム受講者が現場でも活躍していると聞いた時


    ・”ITエンジニアが輝く世界”を目指し作ったサービス経由で優秀なエンジニアがスタートア...



  • プロダクトマネージャー苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    ゴールの見えない闇の中を進んでいく

    特に新しいプロダクトの場合はその90%が失敗すると言われている。


    前例がない中で挑戦の連続であり、それは先の見えない闇の中を、運命共同体となる仲間たちと共に突き進んでいくようなものである。


    0→1フェーズでプロダクトのMVPが形になり、アーリーアダプターに対して少しずつ価値を提供できるようになってきてもそれだけでは終わらない。


    プロダクトマネジメントは、プロジェクトマネジメントとは異なり、プロダクトが存在する限りその価値を磨き続け...



  • プロダクトマネージャー未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    『ソフトウェアファースト』及川卓也

    本でプロダクトマネージャーといえばこの方、及川さんの著書。


    ただソフトウェア開発やプロダクトマネジメントが大切、ということではなく、真にデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要な人材や組織制度、開発手法など、筆者の体験を交えながらわかりやすく解説されている。


    本当に大切なのは、自分が作っているプロダクトに対して「愛」を持っているか?自分が使いたいと思ってもないプロダクトを、上の人や発注元に言われるがままに作ってないか。

    ...



  • プロダクトマネージャー先輩のアドバイス

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    で、結局お前は何がしたいの?

    プロダクトマネージャーとしての活動する前、自分には人生をかけて実現したい明確なビジョンがなかった。担当している事業数値やプロジェクトの目標を達成することが目的となってしまっていた。


    そんな中、当時の上司から言われた一言。


    なぜ今自分はここにいるのか、何のために仕事をしているのか、そして自分自身が実現したいのはどのような世界なのか徹底的に考えた。


    今では生まれてきた子供たちのためにも、今よりも「幸せな日本」を残すことに貢献していきた...



  • プロダクトマネージャーこの職業を一言で表すと?

    最後に、この職業を一言で表すと?

    事業価値・顧客価値を最大化してビジョンを実現する仕事


NewsPicks のコメントを見る
このロールモデルが NewsPicks でPicksした記事やコメントが見ることができ、仕事選びに役立ちます