ログイン
UX Designer

UXデザイナー

17人のロールモデル
87件の経験談

質問あなたにとって、UXデザイナーの仕事とは

UXデザイナーの仕事内容を知る

UXデザイナーの仕事

「Webサイトやアプリを使うユーザーのUX(ユーザー体験)をより良くし、利用者のメリットを最大化する仕事」(グッドパッチ・佐宗純さん)。



UI(ユーザーインターフェース)デザイナーはユーザーの目に触れる部分の設計を担うのに対し、UXデザイナーはユーザーの総合的な満足度が上がるよう、サービス全体の設計・改善を担う。



責任範囲は、例えばフードデリバリーのアプリであれば注文の容易さから配達の早さまで、多岐にわたる。その仕事内容から、事業企画の責任者であるプロダクトマネージャー(プロダクトオーナー)と協業する機会も多い。

UXデザイナーの役割・必要なスキル

  • UXを改善し、利用者の体験を最大化する
  • アプリやWebサイトにとどまらず、サービス全体を対象とする
  • デザイナーより、むしろ事業企画・事業開発に近い
  • 必ずしも美術系大学を卒業している必要はない
  • 構造化やグルーピングの力が不可欠
  • 幅広い分野をキャッチアップする好奇心も必要

UXデザイナーの将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.64.3
17人が回答
未来実感
4.64.3
貢献実感
4.94.5
自立実感
4.34.1

UXデザイナーの平均年収

20代
560万円
30代
809万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

UXデザイナーになるには

UXデザイナーはどこにいる

まずはデザインファーム。デザイナーが所属し、事業会社の依頼を受けて製品やサービスの設計を担う企業だ。グッドパッチなどが広く知られている。



そしてコンサルティング企業。近年のコンサル案件では、企業のパーパス(目的)を探るデザイン思考や、プレゼン用のモックアップ(試作品)開発などで、デザインが重視される傾向にあるからだ。



海外の大手コンサルティング企業では、デザインファームの買収も増えている。



事業会社でもデザイン部署の新設が相次いでおり、そうした専門部署に所属する場合もあれば、各事業を担う部署に所属する場合もある。アプリのデザインを自社のデザイナーが担っているメガバンクもあるという。



また、デジタル化を推進している行政分野でもUXデザインに対する需要が高まっている。各種手続きの分かりにくさを解消するため、ユーザー体験を重視する人材が求められている。

UXデザイナーの就職・転職事情

デザイン系の専攻 → 新卒採用

美術系大学、総合大学のデザイン専攻、専門学校を合わせ、新卒デザイナー採用全体の7割強を占める。



総合大学の非デザイン専攻 → 新卒採用

デザイン専攻がない大学でも、デザイン人材を育成する講義やコースを展開している場合がある。インターンシップや学生起業を経てスキルを身につける人も。中途採用市場でのデザイナー不足を受け、新卒でデザイナー採用に力を入れる企業は徐々に増えている。



中途採用

実は、約7割の企業はデザイナーの新卒採用を行っておらず、新卒より中途のほうが一般的な「なり方」だ。UIデザイナーやプロダクトマネージャーから転身する人が多い。中には法人営業からUXデザイナーになる人もいる。

UXデザイナーで身につくスキル

  • ユーザーが求めるものを実現する力
  • 事業全体を見渡す力
  • チームのマネジメントスキル

事業とユーザーをつなぐ経験を経ることで、デザインのみならず事業全体を見る視点が身につく。



キャリアパスとしては、【1】UXデザイナーのスペシャリストとして専門性を深掘りする、【2】マネジメントスキルを身につけてデザインチームを率いることでパフォーマンスを最大化するのおおむね2通り。



現在は前者が圧倒的に多い。後者のキャリアであっても、デザインのスキルそのものはメンバーの品質を担保できるレベルで、優劣があるわけではない。

UXデザイナーのキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    UXデザイナー
    10人(43%)
  2. 2.
    プロダクトマネージャー
    4人(17%)
  3. 1人(4%)
  4. 5.
    事業マネージャー・事業統括
    1人(4%)
  5. 8.
    ヘッドハンター
    1人(4%)
  6. 9.
    その他
    1人(4%)

UXデザイナーの経験談を読む

UXデザイナーの経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい17件
  • 苦労17件
  • 未経験者へのおすすめ本17件
  • この職業のプロになるには17件
  • 志望動機1件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業1件
  • この職業を一言で表すと?17件
  • UXデザイナーやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 瀧 知惠美
      現職者瀧 知惠美
      経験: 10年
      株式会社ミミクリデザイン

      生み出したい体験とそのためのしくみについて、チームで大事なものがわかる瞬間

      どんな体験ができることが対象の人たちにとってよいのか?チームであれこれ検討していった先に、ユーザーの話を聞いたり、ユーザーの反応をみたり、あるいはつくり手である自分たち自身で体験してみて、「これがユーザーにとって大事な体験なんだ!」と実感をもってわかる瞬間が楽しいです。それは、当初想定していなかったような体験である場合も少なくありません。実際にプロダクトやサービスを利用する現場でリアルに体験することによって、想定外の発見があるのも楽しい...

      です。 チームで、「この人たちのために、こういう体験を生み出したい!」という共通認識を持つことができると、その後の実際ユーザーへプロダクトやサービスを提供していく作り込みのプロセスもチームで一丸となって進めていくことができ、このようにチームで1つの目標へ向けて協力し合いながらプロジェクトを進めていくプロセスも楽しめます。


    やりがいをもっと読む (17)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • Forrest Maxwell
      現職者Forrest Maxwell
      経験: 2年
      株式会社ニューズピックス

      UXの重要性を経営者に理解してもらえない時

      昔はソフトウェアが欲しかったら、量販店に行ってCDの入ったパッケージで買ってましたよね。その時代においてソフトウェアの成功は「販売数」で決まっていたので、営業とマーケティングが非常に重要でした。


      しかし、今はSaaSの時代が来ています。ソフトウェアを一回買ってもらうことよりも、解約せずに使い続けてもらい、満足度を高く維持することの方が重要になってきています。これにおいては営業やマーケよりもUXの方が効果的です。


      欧米では、UXの重要...

      性の理解が高く、IT企業はもちろん、銀行や法務省などもUXデザイナーやCXO(Chief Experience Officer)を雇っています。 しかし日本は欧米と比べてこの進化が遅く、UXの理解度がまだ低いです。 実は今の仕事でも実際のUX業務に使う時間よりも、社内のステークホルダー向けにUXの教育を行ったり、リサーチ結果やUXツールの活用を促すために使う時間の方が多いです。 まだ販売数や短期的な売り上げを重要視している企業からすると、UXの成果は定量化しづらいので、なかなか重要性を認めてもらうのが難しく、その中で自分の価値をどう企業に認めてもらえるかについて悩むことが多いです。 自分はUXのミートアップを開催しているので、UXの理解度の低い組織で頑張っている方々に会う機会が多く、皆さんはどう企業に認めてもらえるかを考えながら頑張っています。 皆さんの努力のおかげで、少しずつ前に進んでいるので、今後はきっと日本でもUXデザイナー・リサーチャーが不可欠な職種になってくると思います。そういう意味では非常に将来性のある職種です。


    苦労をもっと読む (17)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 山岸 有馬
      現職者山岸 有馬
      経験: 3年
      株式会社グッドパッチ

      『「ついやってしまう」体験のつくりかた』玉樹 真一郎

      価値やニーズについての本ではないので今自分がやっている仕事とは少し異なりますが、「体験ってなんだ?」という疑問に答える本としては最高だと思っています。


      本でも解説していますが、この本を読んでいる時間自体が”体験”の理解に役立つと思うので、UXデザインに興味をもち始めた方には是非読んでいただきたいです!


      興味を持ったら次に読んでほしいのは「ハマるしかけ」か「「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~」です!


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (17)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 西藤 健司
      現職者西藤 健司
      経験: 2年
      株式会社エクサウィザーズ

      ユーザの意見や提供者の妄想でプロダクトを作るな

      顧客志向の重要性について学びました。

      中でも、下記2点は今での仕事をする上で重要視しています。

      ・顧客の意見ではなく、行動を見る

      ・提供者の思い込みは信じない(だからこそできるだけ早く顧客からのFBを貰いに行く)


      UXリサーチを、「顧客の意見を聞くこと」と捉えていた私にとっては印象深かったです。

      結局「意見」は第三者目線の他人事にしかならず、「本当に自分の生活/仕事の中で使いたいと思っているか」からしか

      良いインプットは得られない、そ...

      の「自分の生活/仕事の中で使いたいかどうか」を考えさせるためのTipsなりテクニックは、 地味に生活でも役立っている気がします。 「顧客のため」といいつつ、要望を色々取り入れるのではなく、重要な指針を持って、 かつ深いインサイトを持って体験を設計していく「UXデザイン」のロールは今後も 非常に大切になってくると感じています。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (17)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 國光 俊樹
      現職者國光 俊樹
      経験: 5年
      Goodpatch

      消費されないデザインに身を投じたかった

      前職まではどちらかというと広告系の単発で終わるような企画に対するアウトプットが多く、消費されるデザインを作っていました。

      そんな中で消費されるデザインに自分の人生を使い続けたいか?と自問自答したタイミングがあり、それまでの仕事は実際にそのデザインを見た人の反応などが希薄だったことから、しっかり届ける人を見たデザインがしたいと思うようになりました。


      そして広くそれに当てはまる仕事を探していたところ、当時まだ珍しかったUXデザイナーという...

      職を見つけて身を投じました。 今の会社はユーザーともクライアントとも距離が近く、より本質的な価値提供に向き合える環境があったため、それが決め手となり転職を決めました。


    志望動機をもっと読む (1)

  • 現在している副業・兼業の内容について、なるべく具体的に教えてください。

    • 國光 俊樹
      現職者國光 俊樹
      経験: 5年
      Goodpatch

      スタートアップの創業メンバー

      本当に何もやることが決まっていないフェーズからスタートアップの立ち上げメンバーとしてOnnというHRオンボーディングSaaSに関わっています。


      そこでは戦略策定からUXデザイン、UIデザインまで広く関わっているのですが、限られた時間で成果を出すのはやはり難しくもあり楽しいため、事業の成功に深くコミットするために何ができるのか考える機会になっています。


      副業というとやることが決まっていてスキルの切り売りのようなものが多いですが、深く関...

      わりながら事業を前進させるためにコミットできているので、長く続けています。


    副業・兼業をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (17)

UXデザイナーの記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

UXデザイナーのコンテンツ

  • 記事(4)
  • ロールモデル(17)
  • 経験談(87)

このページを共有

UXデザイナーの関連する職業