ログイン

Webマーケター・デジタルマーケター

Web Marketer and Digital Marketer

質問Webマーケター・デジタルマーケターとは

キャリアと働き方を知る

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

Webマーケター・デジタルマーケターの仕事内容を知る

フューチャーワーク指数(将来性)

すべての職業の平均
4.64.4
12人が回答
未来実感
4.74.4
貢献実感
4.44.5
自立実感
4.74.2

Webマーケター・デジタルマーケターの仕事

Webマーケター・デジタルマーケターとは、デジタルテクノロジーを駆使して製品・サービスのマーケティング施策を企画、実行する人を指す。顧客・ユーザーの行動履歴を分析し、そこで得たデータを基に、利用者増や売上アップの戦略を実施、検証していく。時にはインターネットと実世界の双方で施策を打つこともある。

Webマーケター・デジタルマーケターのキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    Webマーケター・デジタルマーケター
    10人(50%)
  2. 2.
    法人営業(フィールドセールス)
    2人(10%)
  3. 6.
    コールセンター
    1人(5%)
  4. 7.
    マーケティングプランナー
    1人(5%)
  5. 8.
    マーケティングディレクター
    1人(5%)
  6. 9.
    データアナリスト
    1人(5%)
  7. 10.
    SE(SIer・ベンダーSE)
    1人(5%)

Webマーケター・デジタルマーケターの平均年収

20代
635万円
30代
785万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

Webマーケター・デジタルマーケターの経験談を読む

  • やりがい12件
  • 苦労12件
  • 未経験者へのおすすめ本12件
  • この職業のプロになるには12件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?12件
  • Webマーケター・デジタルマーケターやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 小林 将也
      現職者小林 将也
      経験: 2年
      NewsPicks, Inc.

      「定量」と「定性」が溶け合う奇跡を起こせること

      常に「効率」を意識し、ビジネスのトップラインを創り続けることが仕事であるデジタルマーケター。


      日々チャレンジしていることを簡単に表現すると、定量と定性を溶け合わせること。

      基本的にこの2つは対立関係にあり、相容れづらいものです。


      キャンペーンなどの施策を考えるとき、いつも感じることがあります。

      「ブランドを立てれば、ボリュームが減る。」

      ブランドに寄せれば寄せるほど、施策のポテンシャルは下がる傾向にあるのが基本原理です。


      しかし、...

      これらが混ぜ合わさったときのインパクトは最強。 数字が上がる必然性を持った、革新的な施策こそが「定量と定性が溶け合う奇跡を起こせること」であり、それはまさに奇跡です。 そのときの気分と言ったら、もう最高です。


    やりがいをもっと読む (12)

  • Webマーケター・デジタルマーケター苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 武井 慎吾
      現職者武井 慎吾
      経験: 11年
      合同会社DMM.com

      多くのプレイヤーが関わる期待値の高い仕事は特にハード。しかし成長の機会でもある。

      動くお金の大小に関わらず、「多くのプレイヤーが関わる期待値の高い仕事」は

      特にハードに感じます。


      期待値が高いということは、必然的にそれを超えていく必要がある為、

      超える為の準備にも時間を要しますし、プレイヤーが多く関わると

      ステークホルダー含めた調整にも気を遣う為、肉体的にも精神的にもハードに感じます。


      ですが、しんどい仕事ほど結果を出した時は楽しい・嬉しい気持ちもその分膨れ上がります。

      またこういった仕事を通して成功体験を得るこ...

      とは、マーケターとしての引き出しを増やすことにも繋がっていきますので、結果的に自身の成長に繋がっていると感じています。 ちなみに、これまでのしんどい仕事は、決して一人で乗り越えたわけではありません。 マーケターという仕事の特性でもありますが、必ず周りには 一緒に戦ってくれる人、支えてくれる人、また世の中には様々な知見・ノウハウが転がっています。 もし「何かの壁」にぶつかった時は、一歩引いてみてぜひ周りを見渡してみてください。


    苦労をもっと読む (12)

  • Webマーケター・デジタルマーケター未経験者へのおすすめ本

    転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • Nagasawa Mitsuki
      現職者Nagasawa Mitsuki
      経験: 1年
      フリーランス

      『沈黙のWebマーケティング』松尾茂起

      Webマーケティングにおいて必読書の一つです。


      500ページ超えと分厚い本ですが、漫画がベースとなっているので非常に読みやすく、かつ分かりやすいです。


      Webマーケティングにおける根本的な重要な考え方が詰まっている本なので、Webマーケティングの仕事に携わりたい方全員におすすめできます。

      更にいうと、Webマーケティングに関係なく、ビジネスにおける重要なことも書かれているので、経営に関わる全ての方に読んでいただきたい本です。


      続編...

      の「沈黙のWebライティング」とあわせて読んでおくことをおすすめします。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (12)

  • Webマーケター・デジタルマーケターこの職業のプロになるには

    同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 菊地 幸司
      現職者菊地 幸司
      経験: 20年
      株式会社ニューズピックス

      インプットを増やすために、人に会う

      「インプットを増やすために、人に会う」


      マーケは実施するかどうかは別として、たくさんアイディアを考える必要があります。


      どんどんアイディアが湧いてくる天才ならいざ知らず、私のような凡人はアイディアが浮かばなくて苦労します。


      そんな時に、上司から「アウトプットを増やすには、インプットを増やすことが必要。インプットを効率よくするには人と会って話すこと」とアドバイスされました。


      もちろん、本を読むでも、セミナー行くでも、インプットの方...

      法はいくらでもあります。 ただ、私も人と話すと仕事がうまく行く、という(若干胡散臭い?)実感もあります(笑) 困ったら人に会おう!※ ※withコロナ時代なので、臨機応変に〜


    この職業のプロになるにはをもっと読む (12)

  • Webマーケター・デジタルマーケターこの職業を一言で表すと?

    この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (12)

Webマーケター・デジタルマーケターの編集者コラム

データやネットの先にある「感情」を読み解く面白さ


JobPicks副編集長 伊藤健吾

マーケターの仕事は、人の興味・関心を引き、何かしらの行動を促すことがゴールになります。


中でもWebマーケター・デジタルマーケターは、様々な仮説を立てながらユーザー心理を読み解き、利用・購買行動を引き出す仕掛けを各種のデジタル技術を使って実行していきます。


そのため、日々の仕事は効果測定や分析作業に追われがちですが、最も大切なのは、データの先にいる「人の気持ち」を推察すること。投稿を見ても、人に会うことや、感情を理解することが大切と書いているロールモデルが多いのは、そのためでしょう。


オンラインでやれることが増え、便利になったからこそ、Webマーケター・デジタルマーケター として成長していくためのヒントは「リアル」にある。そう考えることもできます。

Webマーケター・デジタルマーケターのコンテンツ

このページを共有

Webマーケター・デジタルマーケターの関連する職業