ログイン
Web Marketer and Digital Marketer

Webマーケター・デジタルマーケター

15人のロールモデル
70件の経験談

質問あなたにとって、Webマーケター・デジタルマーケターの仕事とは

Webマーケター・デジタルマーケターの仕事内容を知る

Webマーケター・デジタルマーケターの仕事

マーケティングにかかわる既存の仕事をデジタルに置き換えて効率化するデジタルマーケター。



 「例えば営業をメールでの接触に置き換えれば、顧客訪問を自動化できます」(WACUL・垣内勇威さん)。



エンジニアや営業などと社内コミュニケーションを取りながら、デジタル技術の活用戦略を練ることが求められる。



一方で、「デジタルマーケター」という用語自体は非常に多義的に使われており、SEOマーケティングやSNSマーケティング、デジタル広告出稿といった個々のデジタル施策の担当者を指すことも多い。

Webマーケター・デジタルマーケターの役割・必要なスキル

  • 既存のマーケティング業務をデジタルに置き換えてコストカットする仕事
  • 内実は全体のマーケティング戦略を考える人からSNS担当者まで幅広い
  • 最初はSNSへの広告出稿管理からスタート
  • ただし最初はデジタルよりビジネスのことを学んだほうがいい
  • 営業と社内調整が仕事の本質
  • 一人では大きなインパクトを与えられず、チームの協力が必須
  • 経営者への転身も夢じゃない?
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展で需要は拡大中

Webマーケター・デジタルマーケターの将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.54.3
15人が回答
未来実感
4.54.3
貢献実感
4.44.5
自立実感
4.54.1

Webマーケター・デジタルマーケターの平均年収

20代
562万円
30代
785万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

Webマーケター・デジタルマーケターになるには

Webマーケター・デジタルマーケターはどこにいる

デジタルマーケティングが一般的になった今、あらゆる事業会社にデジタルマーケターがいると言っても過言ではない。



インハウスマーケターと呼ばれる社内マーケターだと、ネット広告の出稿担当者やSNS担当者、Webサイトの制作担当者にSEO担当者、果てはデータアナリスト・サイエンティストまで、誰もがデジタルマーケターと呼ばれるようになっている。



一方で、広告代理店やコンサルティング企業などで社外から顧客のマーケティング活動をサポートする支援系マーケターも増えている。



その場合、例えば「コンサル企業はビジネスへの理解は深いものの、個々の技術にあまり詳しくないでしょう」(WACUL・垣内さん)。



また、専門領域に特化した広告会社の場合、ビジネスの全体像が見えづらくなる場合も。「現状では、全体像を把握できているプレイヤーは自分で手を動かしながらコンサル業をやっている個人くらいしかいません」(垣内さん)。

Webマーケター・デジタルマーケターの就職・転職事情

新卒採用

支援系ならセプテーニやオプト、電通や博報堂に、インハウスなら事業会社にマーケティング職で入社すればデジタルマーケターにはなれる。しかし「新卒なら最初からデジタルだけをやるよりも、ビジネスの全体像が見える仕事をしたほうがいい」(WACUL・垣内さん)。



中途採用

デジタル人材は事業会社による育成が追いついていないため、支援系企業とインハウスの行き来も盛んだ。支援系からクライアント企業に移ることも。「30代くらいになって楽をしたいと広告主側に行って、広告主には広告主のつらさがあることが分かる人も多いです」(垣内さん)。



未経験からの転職

現状人材が不足しているせいか、DMM.comの「マケキャン」など、未経験者にノウハウを教えるサービスも乱立している。デジタル広告運用などのスキルを学ぶことで未経験からの転職を支援するカリキュラムだが、受講料と転職可能性を天秤にかける必要がある。



副業

副業は主に3種。1つ目は、SNS運用代行。若年層がターゲットの商品だが、売り手はSNSが苦手な人ばかりという企業からの発注が多い。2つ目は、広告運用代行。3つ目は、Web制作のディレクション。副業サービスに登録するのが近道だ。

Webマーケター・デジタルマーケターで身につくスキル

  • デジタルの知見
  • 社内調整力
  • データ分析能力

デジタル広告やSNSの運用手法、データ分析のやり方まで、浅く広くデジタル技術の知見を得ることができる。



また、ハードな社内調整をこなすため、そこでのコミュニケーション能力も鍛えられるだろう。



データサイエンティストほど専門的ではないが、自分でデータを分析し、改善策を考えて PDCAを回す力も身につくはずだ。うまくいけば技術的な素養とマーケティングのセンスを兼ね備えた、引く手あまたな人材になれるかもしれない。

Webマーケター・デジタルマーケターのキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    Webマーケター・デジタルマーケター
    11人(47%)
  2. 2.
    法人営業(フィールドセールス)
    2人(8%)
  3. 1人(4%)
  4. 7.
    コールセンター
    1人(4%)
  5. 8.
    マーケティングプランナー
    1人(4%)
  6. 10.
    データアナリスト
    1人(4%)
  7. 11.
    SE(SIer・ベンダーSE)
    1人(4%)
  8. 12.
    その他
    1人(4%)

Webマーケター・デジタルマーケターの経験談を読む

Webマーケター・デジタルマーケターの経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい14件
  • 苦労13件
  • 未経験者へのおすすめ本14件
  • この職業のプロになるには13件
  • 志望動機1件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?15件
  • Webマーケター・デジタルマーケターやりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 小林 将也
      現職者小林 将也
      経験: 2年
      NewsPicks, Inc.

      「定量」と「定性」が溶け合う奇跡を起こせること

      常に「効率」を意識し、ビジネスのトップラインを創り続けることが仕事であるデジタルマーケター。


      日々チャレンジしていることを簡単に表現すると、定量と定性を溶け合わせること。

      基本的にこの2つは対立関係にあり、相容れづらいものです。


      キャンペーンなどの施策を考えるとき、いつも感じることがあります。

      「ブランドを立てれば、ボリュームが減る。」

      ブランドに寄せれば寄せるほど、施策のポテンシャルは下がる傾向にあるのが基本原理です。


      しかし、...

      これらが混ぜ合わさったときのインパクトは最強。 数字が上がる必然性を持った、革新的な施策こそが「定量と定性が溶け合う奇跡を起こせること」であり、それはまさに奇跡です。 そのときの気分と言ったら、もう最高です。


    やりがいをもっと読む (14)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 木本 達也
      経験者木本 達也
      経験: 8年
      株式会社KEIMA

      成果と向き合う時

      デジタルの世界に、特にダイレクトマーケティングの世界に入り、最初は膨大な情報量に驚いていました。管理画面から得られる情報、実績、日々のアップデート、、MTGの内容についていけず悔しい思いもしました。


      また、得られる情報だけでなく、成果を自分自身で提案、定義することで、クライアントに対し、より本質的なマーケティング活動に向き合う仕組みつくりを提供することもありました。これまでの用意された環境や型ではなく、自由度の高さすらプレッシャーにな...

      ることもありました。 それらを踏まえて、クライアントにいかに成果をお戻しするか。自分なりの答えが出ず、大量のデータを様々な角度から検証していると、いつの間にか外が明るくなっていたことも少なくありません。しかも出した答えが受け入れられるとは限らず、不安に駆られブラッシュアップを続ける日々でした。 ただ、その試行錯誤が今日の礎となっています。取り組んでいる最中は途方もない旅路に感じていましたが、振り返ると、そのすべてが自分の血肉となっている実感があります。


    苦労をもっと読む (13)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • Nagasawa Mitsuki
      現職者Nagasawa Mitsuki
      経験: 2年
      フリーランス

      『沈黙のWebマーケティング』松尾茂起

      Webマーケティングにおいて必読書の一つです。


      500ページ超えと分厚い本ですが、漫画がベースとなっているので非常に読みやすく、かつ分かりやすいです。


      Webマーケティングにおける根本的な重要な考え方が詰まっている本なので、Webマーケティングの仕事に携わりたい方全員におすすめできます。

      更にいうと、Webマーケティングに関係なく、ビジネスにおける重要なことも書かれているので、経営に関わる全ての方に読んでいただきたい本です。


      続編...

      の「沈黙のWebライティング」とあわせて読んでおくことをおすすめします。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (14)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 菅原 健一
      現職者菅原 健一
      経験: 3年
      株式会社Moonshot

      「消費者は正直だから説得も交渉も通じないよ」


      これは僕が先輩から教わって最も大切にしている言葉です。どんなマーケティングもそれを武器として消費者に突きつけてしまってはいけない。デジタルなら簡単にスキップされてしまうから、余計にそう感じます。


      僕自身ができるだけ素直に消費者として生きる事で自分が言われたい事、されたい事をマーケティングを通じて行うようになりました。


      同様に建築家の安藤忠雄さんも若くまだ何者でも無かった頃に先輩に「パル...

      テノン神殿を見てこいすごいから」と言われて見に言った際に「なんだこんなもの、僕でも作れる」と言って帰ろうとした時にあまりにもパルテノン神殿を見に行く人が多いことに気づき「ああ、これが無知の知なのか」と知らない自分を恥じて、そこに戻り、なぜみんながそれを楽しむのか、素晴らしいと思うのかをわかるまで居たというエピソードにもとてもヒントをもらっています。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (13)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 佐藤 南帆
      現職者佐藤 南帆
      経験: 1年
      合同会社AasanteSana・RAHA KENYA

      新興国の貧困問題に対して、ビジネスを通じた関わりをしたかった

      新興国の社会問題に向き合い、アクションを起こし、ビジネスを通じて持続可能な関係性づくりを実現できると思ったからです。


      私の夢は「ストリートチルドレンの自立をサポートに関わりたい」ということです。


      その目標のために、アフリカ・ケニアの児童養護施設でボランティアをしていました。しかし、ボランティア経験を通じて、寄付で成り立つ社会貢献活動の限界を感じました。また、施設を卒業した子どもたちが、定職につけず、一人で生活することができなかったり...

      、犯罪に手を染めってしまったりすることもありました。 「支援する・支援される」という一方的な関わりではなく、ビジネスを通じて、自立に向かって共に歩むという対等な関係を作り出していきたいと思い、アフリカ・ケニアでビジネスをしているアパレルブランドで働くことにしました。


    志望動機をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (15)

Webマーケター・デジタルマーケターの記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

Webマーケター・デジタルマーケターのコンテンツ

  • 記事(11)
  • ロールモデル(15)
  • 経験談(70)

このページを共有

Webマーケター・デジタルマーケターの関連する職業