ログイン

CTO(最高技術責任者)経験者が語る仕事内容・年収・将来性

7人のロールモデル
35件の経験談

質問CTO(最高技術責任者)の仕事を一言で表すと

CTO(最高技術責任者)とは?

CTO(最高技術責任者)の仕事内容

CTOとは、Chief Technology Officerの略で、最高技術責任者と呼ばれる。名前の通り、自社プロダクトの開発戦略を司る役割で、短期・中長期で採用する各種テクノロジーの決定から開発戦略、研究開発の方針策定などを行う。企業によっては、エンジニア採用や開発チームの運営にも責任を持つ。

CTO(最高技術責任者)の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.44.3
7人が回答
未来実感
4.74.3
貢献実感
4.64.4
自立実感
4.04.1

CTO(最高技術責任者)の平均年収

20代
- 万円
30代
- 万円
40代
1975万円
JobPicks回答者調べ

CTO(最高技術責任者)になるには

CTO(最高技術責任者)のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    ソフトウェアエンジニア
    5人(50%)
  2. 2.
    CTO(最高技術責任者)
    1人(10%)
  3. 4.
    データエンジニア
    1人(10%)
  4. 6.
    その他
    1人(10%)

CTO(最高技術責任者)の経験談を読む

CTO(最高技術責任者)の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい7件
  • 苦労7件
  • この職業のプロになるには7件
  • 未経験者へのおすすめ本7件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 必要な仕事道具0件
  • 志望動機0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?7件
  • CTO(最高技術責任者)やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • Kameda Kei
      現職者Kameda Kei
      経験: 3年
      株式会社タイミー

      「持続的に良い状態を作る」という挑戦が非常に楽しいです。

      昔はどんどん最新技術を取り入れ、テッキーでクールなことをするのがCTOだと思っていました。


      しかし、それは二の次であり、組織の可用性と生産性の高さを追い求めるのがこの役割の重要な責任だと思っています。


      自分たちでサービス運用していくと、今の行動やあり方がが将来の自分たちに跳ね返ってきます。日次で十数回行われるリリースサイクル、大量のユーザートラフィック、開発プロセスが繰り返される中に、どこかに「脆さ」を仕込んでしまうと、長期的に反復...

      の中で必ず貧乏籤を引くことになり、価値や速度の毀損が起きてしまいます。 この対処には方法論的な正解がなく、思想や方針、ケーススタディをもとに、透明性を持って検査をし、適応し、持続的に降り注ぐビジネス要求をクリアしつつ頑健な状態を目指していく必要があります。 投資対効果が良いサービスの状態・エンジニア組織を実現するために挑戦を続けることはとても楽しくやりがいのやりがいのある仕事だと思っています。


    やりがいをもっと読む (7)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • Koga Masanori
      現職者Koga Masanori
      経験: 12年
      トラボックス株式会社

      私が不安になる原因は2つ、それは「未来」と「他の人の心の中」

      私が不安になる原因は2つあります。それは「未来」と「他の人の心の中」です。未来は誰にも分かりません。いくら準備しても想定外のことが起こります。他の人の心の中も本当のところは分かりません。というか、心の中は自分のことでもよく分かりません。分からないから不安になるし、それが積もり積もってしまうと「眠れないほどしんどい」となるのかなと思います。


      このように未来は不安の原因になりますが、ある程度リスクをコントロールできるようにはすることは可能...

      だと思います。障害が発生するタイミングは分かりませんが、Observabilityが十分であり、MTTRが短ければ許容できます。もちろん障害が発生したと聞いたときは緊張感が走り、対応中はしんどいなと思うときはありますが、眠れないほどではありません。 また、他の人の心の中も不安の原因になりますが、心理的安全性が高いチームを構築することは可能だと思います。厳しいフィードバックを伝えたり、意見が合わないなかで決断をするための難しい話し合いをするときがありますが、目的に向けて建設的に議論できるチームであれば眠れないほどしんどいということはありません。 こう考えていくと、眠れないほどしんどい瞬間というのは今はありませんというのが正直なところです。 もちろん想定していたよりうまくいかなかったことはたくさんあります。うまくいっていない状況に陥ったときに、抜本的に解決する策が思いつかないときもあります。原因は自分にあり、凹むこともあります。 ただ、それは結果であり、その経験を次に活かしていくしかないと思っています。 小さな「しんどい」が積もらないためには、しんどいなーと思ったときに素直に言える仲間が私には必要です。もしそのような仲間がいないことを想像すると「眠れないほどしんどい」ことになるかもしれないなと思いました。


    苦労をもっと読む (7)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • Ishihara Yoshinori
      現職者Ishihara Yoshinori
      経験: 3年
      マイブリッジ株式会社

      新入社員の時に以下の2点について教えてもらったことを今も守っている。

      1.実際コーディングする前に、何がやりたいのか先に言葉にする。ー>ソフトウェアの設計の概念だと思っているし、今も常に実践しようとしている。

      2.コードは自分の為ではなく、引き継ぐ人のために書くべきであるー>SIerとしてコードは顧客への納品物であったため、読みやすさも重要なポイント。->メインテナンス性が上がる。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (7)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 高山 温
      現職者高山 温
      経験: 10年
      株式会社ニューズピックス

      『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』Camille Fournier

      正直、1冊の本に絞るのはとても難しいですし、どの本も1冊だけが素晴らしかったということはなく、たくさんの本を読む中で自分の経験と先人の知恵の相対地図を手に入れることができると思っています。


      その中でこの本を推薦する理由はいくつかあります。


      まず、CTO以外にもテックリードなど他のソフトウェアエンジニアのキャリアパスについてある程度網羅的に紹介されているためです。CTOのことだけを知るよりも、他と比較したほうがCTOのことがよく分かる...

      と思います。 CTOになった時に誰もが経験するであろう、本当はもっとコードを書くシニアエンジニアでありたいという気持ちについて、どんな道を選んでも良い点悪い点あるからと現実的な話が書かれているのも良いところです。 次に、アメリカのスタートアップ業界でも古典というか必読書のような扱いになっているためです。この本の初版が出たのは2017年ですが、おそらく『リーン・スタートアップ』のようなロングセラーになると思います。 どんな業界でも古典と呼ばれる本はみんな読んでる前提で話題に上がることがありますし、良書が出るとそれが世の中の当たり前基準になるので、目を通しておくと良いと思います。 アメリカの本なので、いつかアメリカ文化圏の人と仕事をするときも話が合わせられてお得です。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (7)

CTO(最高技術責任者)の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

CTO(最高技術責任者)のコンテンツ

  • 記事(1)
  • ロールモデル(7)
  • 経験談(35)

このページを共有

CTO(最高技術責任者)の関連する職業