ログイン
Chief Operating Officer

COO(最高執行責任者)

13人のロールモデル
61件の経験談

質問あなたにとって、COO(最高執行責任者)の仕事とは

COO(最高執行責任者)の仕事内容を知る

COO(最高執行責任者)の仕事

COOとは、Chief Operating Officerの略で、最高執行責任者と呼ばれる。CEO(最高経営責任者)が経営全般に対して責任を持つのに対して、COOは自社が行う業務執行に責任を持つ。経営戦略の実行に向けた指揮官のような役割を担い、経営側と現場の架け橋となって事業運営を主導する。

COO(最高執行責任者)の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.74.3
13人が回答
未来実感
4.54.3
貢献実感
4.84.4
自立実感
4.74.1

COO(最高執行責任者)の平均年収

20代
- 万円
30代
1443万円
40代
- 万円
JobPicks回答者調べ

COO(最高執行責任者)になるには

COO(最高執行責任者)のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 1.
    CEO(最高経営責任者)
    4人(19%)
  2. 3.
    事業マネージャー・事業統括
    2人(9%)
  3. 5.
    COO(最高執行責任者)
    1人(4%)
  4. 1人(4%)
  5. 1人(4%)

COO(最高執行責任者)の経験談を読む

COO(最高執行責任者)の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • やりがい12件
  • 苦労12件
  • 未経験者へのおすすめ本11件
  • この職業のプロになるには11件
  • 志望動機1件
  • 向いている人・向いていない人1件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?13件
  • 必要な仕事道具0件
  • 職業ならではの業界用語0件
  • COO(最高執行責任者)やりがい

    仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 田中 英地
      現職者田中 英地
      経験: 2年
      株式会社Leaner Technologies

      ”会社・事業が非連続に進化する瞬間に、何度も立ち合えること”

      前職の戦略コンサルティングファームでは、大企業の経営陣の方々と、全社で重要なイシューについてプロジェクトを通じて支援しており、企業の規模、さらにはその重要度の高さから、フィーも億単位となることも珍しくありません。プロジェクトを通じ得られる、経験、知見は刺激的で、やりがいに満ちています。しかしながら、あくまでも”アドバイザー”であり、当事者ではないが故に、もどかしさを感じていました。


      いざ、スタートアップに身を転じ、事業を創って行く中で...

      、実行することの難しさを日々痛感しています。笑 ただ、事業、会社が非連続で進化するのを感じる瞬間があり、その喜びは何事にも代えがたいものがあります。新しい機能・価値をリリースできた時、お客様から喜びの声を貰えた時、強いメンバーが参画することが決まった時…例を挙げれば、キリがありません。そういった瞬間を原動力に、日々、邁進しています。


    やりがいをもっと読む (12)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 古川 浩司
      経験者古川 浩司
      経験: 3年
      株式会社ニューズピックス

      悪いことが同時進行で発生する時

      COOという職業は、既存事業を伸ばす・新規事業を作る・経営計画を策定する・強い組織を構築する等、業務が多岐に渡ります。


      加えてスタートアップベンチャーでのCOOの場合スピード感を持って実行し成果を出していかなければいけないので、優先順位の高い業務が重なることが多く体力的・精神的にきつい瞬間の連続です。


      中でも、既存事業がまだ十分に伸びていなかった時に始めた新規事業がうまくいかず、その事業に期待していた投資家からの出資が得られなくなり...

      、資金的にも厳しい状態の中(数か月後には資金ショートが見えていた)、退職者も発生することが同時に起きた時等は苦しさと悔しさが一杯でした。


    苦労をもっと読む (12)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • Mizuno Tomo
      現職者Mizuno Tomo
      経験: 3年
      株式会社UPSIDER

      『The Great CEO Within: The Tactical Guide to Company Building』Matt Mochary

      未翻訳で、日本のベンチャー界隈に広まると競合のレベルが上がってしまうので本当は教えたくないレベルの名著。著者のMattはBrex、Coinbase、Plaid、Reddit、Flexportなど複数ユニコーン企業の経営チームメンターを努め、ベンチマーク、セコイアなどTier1 VCとも仕事をしている、シリコンバレーのグル。Mattが書いたこの本はスタートアップの設立から運営までに経営陣がどうすべきかを実践的に書いており、最高の一冊。経験...

      のない起業家でも、この本だけ読んでおけば大幅なショートカットが可能になるはず。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (11)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 山中 祐輝
      経験者山中 祐輝
      経験: 3年
      株式会社ミーミル(ユーザベースグループ)

      明確な領域がないからこそ、WILLや勝負したい領域を明確にする

      COOは名前の通り、CFOやCHRO、CROなどと異なり、特定の管掌領域を持たない曖昧な経営ポジションだと思っています。

      そうであるが故、経営チームのバランサー的な役割を求められたり、実際にそのように広い守備範囲の中でコミットしているケースが多いと思います。


      一方で、役割が多岐に渡ったり曖昧になりがちだからこそ、COOは明確にコミットメント領域を決めて、それを内外に打ち出していくこと、その領域を「自分から」選んでいくことが非常に重要で...

      す。経営チームの中で落ちていくボールを拾っていくことも必要な役割ですが、COOとして何を成すかを自身のWILLを軸に決めていかないと、特定領域で120%コミットしている他のCxOに比べて経営者としての自身のエッジを磨いていけないし、何よりも会社や事業の成長に自分の意思を込めることができません。 自分の意思を会社や事業に込めることができない経営者は、経営者としては失格です。COOという、守備範囲が広く色んな役割を任されるポジションだからこそ、自身の色(エッジ)を意識して、「何をしたいか」をベースにコミットメント領域を決めていく、「経営者としてのアイデンティティを持つ」ことが求められると思います。 逆に言えば、色んなことに巻き込まれることが多い分、色んな領域に接しながら種を見つけることができます。自身のWILLに自覚的であればあるほど、面白いチャレンジを見つけやすい、チャンスに恵まれた職種だと思います。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (11)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • 清水 孝治
      現職者清水 孝治
      経験: 7年
      SREホールディングス

      事業開発をスケールアップして行うために

      上場企業で働いているときは経営者になりたいという考えは微塵もなかったです。


      ただ、ビジネスで世の中に対してインパクトがあることをしたいと学生時代から考えていたため、事業開発の仕事に携われる会社を選び、それなりに成果を出して満足している自分がいました。


      そんな時に連続起業家に出会い、事業開発のキャリアの先に経営者があることに気付かされました。経営者として事業を作る立場に関われれば、もっと世の中に大きなインパクトを与えられるビジネスをで...

      きる可能性があると考え、かつ今までの自分のスキルや経験も活かせる余地も十分あると判断し、一念発起してベンチャーのCOOに転職をしました。 経営の立場で、会社のリソースをどのように配分するかという重要なところから考え、事業開発をできるという点ではCOOは最適な職業だと思います


    志望動機をもっと読む (1)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 清水 孝治
      現職者清水 孝治
      経験: 7年
      SREホールディングス

      会社の成長を阻む難題に取り組むことを楽しめるか

      会社のビジネスが成長するかはCOOの力量次第。


      成長を阻む難題を見極め、その解決に戦略構築から組織設計、オペレーションまで広い範囲で取り組むことができるか、さらにそれ自体を楽しめないと、普通はプレッシャーで潰されてしまうと思います。


      普通の会社員からベンチャーに転職しCOOに就任しましたが、会社は既存事業の売上が毎年減少しており、新しい成長事業を早期に立ち上げることに取り組む必要がありました。


      一つ目の事業は失敗し追い詰められた時...

      、社内の過去のプロジェクトで使われていたAI技術に着目し事業化に取り組んだところ、AIブームが図らずも到来した流れにのり、すごいスピードで事業を成長させることができました。 苦しいことも当然数え切れないほどありましたが、会社の仲間と難題に取り組むこと自体を楽しめる性格が幸いし、プレッシャーにも負けず難題を克服することができました


    向いている人・向いていない人をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (13)

COO(最高執行責任者)の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

COO(最高執行責任者)のコンテンツ

  • 記事(3)
  • ロールモデル(13)
  • 経験談(61)

このページを共有

COO(最高執行責任者)の関連する職業