CEO(最高経営責任者)経験者が語る仕事内容・年収・将来性

45人のロールモデル
200件の経験談

質問CEO(最高経営責任者)の仕事を一言で表すと

CEO(最高経営責任者)とは?

CEO(最高経営責任者)の仕事内容

CEOとは、Chief Executive Officerの略で、最高経営責任者と呼ばれる。企業が行う業務全てを統括し、経営方針から事業戦略の策定まで、あらゆる面でリーダーとなる。近年は、複数の企業でCEOを歴任する「プロ経営者」や、ベンチャーを起業してCEOになる人も増えている。

みんなのジョブディスクリプション(仕事内容)

CEO(最高経営責任者)の将来性

フューチャーワーク指数すべての職業の平均
4.74.3
45人が回答
未来実感
4.74.3
貢献実感
4.74.4
自立実感
4.84.1

CEO(最高経営責任者)の平均年収

20代
428万円
30代
1217万円
40代
1612万円
JobPicks回答者調べ

CEO(最高経営責任者)になるには

CEO(最高経営責任者)のキャリアパス(前職・転職先)

  1. 4人(6%)
  2. 5.
    CEO(最高経営責任者)
    3人(4%)
  3. 3人(4%)
  4. 2人(3%)
  5. 1人(1%)
  6. 1人(1%)
  7. 1人(1%)
  8. 19.
    マーケティングプランナー
    1人(1%)
  9. 21.
    機械エンジニア
    1人(1%)
  10. 23.
    インベストメントバンカー(投資銀行)
    1人(1%)
  11. 24.
    プライベートエクイティ
    1人(1%)
  12. 1人(1%)
  13. 26.
    ITコンサルタント
    1人(1%)
  14. 27.
    ヘッドハンター
    1人(1%)
  15. 28.
    公認会計士
    1人(1%)
  16. 29.
    店舗スタッフ
    1人(1%)
  17. 30.
    店舗開発
    1人(1%)
  18. 32.
    商品企画
    1人(1%)

CEO(最高経営責任者)の経験談を読む

CEO(最高経営責任者)の経験談の中から、一部を抜粋して紹介しています。

  • 仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

    • 南 章行
      現職者南 章行
      経験: 12年
      株式会社ココナラ

      自分が起こしたい社会の変化を目の当たりにした瞬間

      社員が喜んでいるのを見るときと、ユーザーさんが喜んでいるのを見る時。


      会社というのは何か特定の目的を実現するために集まったプロジェクトチームのようなものだと捉えているが、何かしら目的達成に一歩近づいて、社員が喜んでいるところを見るのが何よりも楽しい。


      社員は、自分が立てた旗の下に集まり、自分の夢の実現のために尽力してくれるという、とてもありがたい存在なので、彼らが喜んでくれるのを見るのは嬉しいし、ホッとする。


      同じく、目的の実現の...

      先には喜んでくれるユーザーさんがいるわけで。その方々から、おかげで人生が変わったとか、そんなお言葉をよく頂く。その瞬間は、どんな辛いことも吹っ飛ぶくらいに嬉しい気持ちになる。 自分が起こしたい社会の変化を目の当たりにした瞬間なので、嬉しくないはずがない。


    やりがいをもっと読む (41)

  • この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    • 山下 慶子
      現職者山下 慶子
      経験: 6年
      株式会社DECENCIA

      人に励まされ、助けられ、突き落とされ、裏切られ。。。良いことも悪いことも人だなと思います。

      全ての最終決定者であり、責任者である中で、良くも悪くも「人」に泣かされ、「人」に救われる日々でした。


      眠れないほどしんどい瞬間は山ほどありますが、当社においても一時的に様々な不信や不安に苛まれた時期はありました。


      私は内部昇格で現在のポジションに上がったのですが、

      そんなに器用なタイプでもなく、

      ロジカル<ビジョナリーな人間なので、

      「私が本当に適任なのか?」という懸念が上がる一つの「隙」で、

      雰囲気は一気にインフルエンスしていきま...

      す。 その「隙」から広がる悪循環にはまると、 ① 退職者が増える ② 組織が対立する ③ さまざまなところから組織や人の不満が寄せられる、 間接的に伝え聞かされる ④ 課題解決したくても組織が同じ方向を向かず、遅々として対応が進まない など悪循環が生まれます。 挙句の果てには「前の社長が良かった」なんて声も、沢山耳に届きました。 振り返ってみても、なんだかんだで「人」の問題が一番しんどく、一番メンタルをやられ、疑心暗鬼になり、不安神経症になりました。 私の至らないところも多い中で、それでも心に決めていたのは 「人の悪口、陰口を絶対に吐かない」という事と 「自分の信じるビジョンを変えない」という事です。 その後、私のビジョンに共感してくれる、より具体的な言語化や卓越した戦略構築を任せられるブレーンが増えてきた中で、今はずいぶん恵まれた組織になりつつあるなと思っています。


    苦労をもっと読む (34)

  • 同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

    • 北野 雅史
      現職者北野 雅史
      経験: 5年
      株式会社青山花茂本店

      勇気と男気

      以前、大企業のCEOを退職された方が、「経営者として大事にしていること」としてアドバイスしてくださいました。

      私が経営しているのは中小企業ですが、限られた情報の中で、どちらの道に行くかの判断をしなければならない局面に接することは多いです。正解はわからないけど、「勇気」を持って行動しないと、機会を逃すし、変革も起こせない。間違った道に来てしまったことに気付いたらすぐ戻ればいい。決められないリーダーはダサいですよね。言い換えると、スピードを...

      もって決断していくことが重要と思います。 「男気(漢気)」もリーダーとして当然のことだと思いますが、要は自己保身ではなく会社のため、社員のため、お客様のためを思った振る舞いができているかどうか。例えば社員がクレームを浴びている時に守ってあげられるか、ミスをした時にカバーしてあげられるか。嫌な仕事から逃げたり、この人は自己保身のために判断している、と思われると人の気持ちは離れていきますよね。 「勇気と男気」を意識していると、自ずと結果がついてくるような気がしています。


    この職業のプロになるにはをもっと読む (29)

  • 転職や就活で、この職業を目指す未経験の方におすすめの書籍は何ですか?理由と合わせて教えてください。

    • 池上 真之
      現職者池上 真之
      経験: 12年
      サクラス株式会社

      『不格好経営―チームDeNAの挑戦 』南場智子


      言わずとしれた名著。


      私のファーストキャリアもコンサルでしたが、コンサルと起業家は真逆。CEOの入門書として紹介しますが、コンサルから起業家を目指す人には特に必読の書だと思います。


      この手の本は企業PRのために書かれたものも多いですが、本書は起業家の心構えとして必要な事がらが南場さんの軽妙な筆致で書かれていて大変読みやすい。


      創業時の有名な「システム未完成」事件についても書かれていて、今でこそ笑い話ですが、肝が冷える話。コンサル...

      から起業家に転じる人には誰に起きてもおかしくないことだと思います。 個人的にお気に入りのパートは、ダイエット競争の箇所。結果に徹底的にこだわり、競争に勝つ姿勢は決して大げさなものではなく、実は意外と起業家の成否を分ける要素であると感じます。 私自身もコンサルからDeNAへと籍を移す際に、南場さんから「うちは、ある意味ジャングルだけどサバイブできる?」と聞かれたことを思い出します。 日本においてもスタートアップを取り巻くエコシステムも成熟してきましたから、これからはコンサルのセカンドキャリアとしての起業も増えていくと思います。そうした人がまず起業を追体験し、必要な能力をイメージするのに活用してもらいたい一冊です。


    未経験者へのおすすめ本をもっと読む (33)

  • この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

    • 池田 卓史
      現職者池田 卓史
      経験: 3年
      株式会社norths

      決断力は必須アイテム

      代表取締役の一番の仕事は決定することです。


      自分が作ったり、売ったりすることは最初は大切だが、会社が大きくなるにつれてそれはどんどん社員に任せていくべき。


      代表の仕事は、会社の方向性を決めて、社員を信頼して仕事を任せる。そして、失敗した時は責任を取り、また失敗してこい!と送り出す。


      なので、決断することが苦手だったり、他人のケツを拭くことが苦手な人は合わないかなと思います。


      補足:代表取締役社長は仲間作りも1つの大きな役割になっ...

      てくるので、他人を巻き込む力はとても大切です。具体的には、自分のビションや想いを言葉に乗せて、人の心を動かすリーダーシップとかです。ただ、これは練習したり、意識することで少しずつできるようになるので、今は自信がない人でも問題ないかなと思います。


    向いている人・向いていない人をもっと読む (5)

  • この職業ならではの、お気に入りの業務アプリ・ツールは何ですか? 具体名と、理由を教えてください。

    • 森野 直樹
      現職者森野 直樹
      経験: 21年
      有限会社テンヴィクトリーズ

      チャットワーク

      Chatworkは、メールや電話などのコミュニケーションツールに代わり、ビジネスの根幹を担うツールとして、だれもが使いやすいビジネスチャットです。


      Chatworkを導入することで、すばやいコミュニケーションが実現するだけではなく、情報共有の抜け漏れを防いだり、導入・運用をスムーズにおこなうことができます。


      Chatworkを使う理由は

      すばやいコミュニケーションを実現する

      共有漏れが起こりにくい

      過去の情報を見つけやすい

      送信した...

      メッセージの削除や編集ができる 迷惑メッセージが届かない だれでも使いやすい 公私混同が起きにくい ビジネスに必要な機能がまとまっている セキュリティが守られる といった理由があります。


    必要な仕事道具をもっと読む (1)

  • この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

    • Suganuma Natsuki
      現職者Suganuma Natsuki
      経験: 3年
      株式会社bacterico

      菌とともに世界中の人びとを健康に幸せにする

      私は小さな頃から猪突猛進、好奇心が旺盛な子供でした。一時期アリの巣が気になったときは、「アリの巣はどんな構造なんだろう? どうしたらアリは引っ越すんだろう?」なんてことを思って、石をおいたり、チョコレートや唐辛子をあげたりと、毎週毎週、飽きもせずに観察していました。


      そんな私が研究者を目指きっかけになったのは高校生のとき。みなさんも進路に迷った覚えがあるのではないでしょうか? 私も例外ではなく迷っていました。これというものもなかったの...

      で、なんとなく人の役に立ちそうなお医者さんになろうかな、なんてことを思いつつ勉強に励んでいました。 お医者さんってどんな仕事をしているのか気になって職場体験に行きました。そのときに、40代の男性の方が亡くなった病室で、奥さんと娘さんが大泣きしている現場に出会ったのです。 その光景に大きな衝撃を受けました。 病気の治療も大事だけれど、その前に病気を予防することの方が大事なのではないか。生涯みんなが健康で寿命を迎えることができれば、こんな風に悲しむ人を減らせるんじゃないか。現状を変えるためには予防医学を学んで、その成果を社会に広げていく必要がある。そう考えて、研究者の道に進みました。 研究を進める中で、予防には、私達の体をつくる食からのアプローチが重要であるという気づきを得ました。 私は大手食品メーカーに入社し、健康科学研究所に配属されました。そしてそこで、腸内細菌との運命の出会いを果たしたのです。 当時、腸内細菌がうつ病、アレルギー、自閉症、ガンなど、全身の様々な疾患との関係性がわかってきていました。 「世界中の人を健康に幸せにする」という夢を叶えることが、腸内細菌からのアプローチであれば可能だと思い、腸内細菌を専門とした研究者への道へと進んだのです。


    志望動機をもっと読む (11)

  • 現在している副業・兼業の内容について、なるべく具体的に教えてください。

    • 西井 香織
      現職者西井 香織
      経験: 6年
      ワークスタイリング

      コミュニティマネージャー&大学非常勤講師

      ワークスタイリングというシェアオフィスで、コミュニティマネージャーをやっております。


      仕事内容としては、シェアオフィスに入居している会員さん同士をマッチングして協業の場づくりをしたり、会員にとってビジネスのプラスになるようなイベントの企画運営をしております。


      元々人と人を繋ぐのが好きで、学生団体でも参加者同士を繋ぐイベントを千人規模で実施していたりしたのですが、それを仕事としてやっていくのは厳しいなと思っていたので、今は「コミュニテ...

      ィマネージャー」として人と人を繋ぐことが仕事にできる時代になって趣味を仕事にできていて有難い時代だなあと感じています。 私を媒介に、人と人を繋ぐことで、新たな機会が生まれたり、新しいサービスが生まれたりするとこを見ると、やりがいを感じます! コミュマネ以外にも、「旅する薬剤師」を通して地方薬局と都心薬剤師をマッチングするサービスを運営しているのですが、そのような、人と人が繋がるサービスをこれからももっと生み出してゆきたいなと考えております!! また、副業として、近畿大学の経営学部と、大阪デザイン&テクノロジー専門学校にて非常勤講師をしております。 コミュマネや非常勤講師など、色んな仕事をしたり、色んなサービスを立ち上げることで、その分新しい人との出会いが生まれるので、今後も色んな人と働いて新たなサービスを展開してゆきたいと考えております。


    副業・兼業をもっと読む (1)

  • この職業について未経験の人に説明するとしたら、どんなキャッチコピーをつけますか?

    この職業を一言で表すと?をもっと読む (45)

CEO(最高経営責任者)の記事

JobPicksオリジナル記事

NewsPicksオリジナル記事

CEO(最高経営責任者)のコンテンツ

このページを共有