「働く環境」の変化で不安な人に読んでほしい先輩の教え7選

「働く環境」の変化で不安な人に読んでほしい先輩の教え7選

    JobPicks Voice

    「みんなでつくる仕事図鑑」JobPicksは、さまざまな職業のロールモデルが投稿してくれたリアルな経験談を多数掲載している。本連載では、その投稿内容を参考に、仕事やキャリアの悩みを解消するヒントを探っていく。今回は、新年度を迎えて働き方に変化があった人に向けて、不安を解消してくれる「先輩の教え」だ。


    目次

    仕事のやり方が変わる時期こそ成長のチャンス


    新年度は、異動や転職で環境が変わったり、所属部門で新たな役割を任されることが多い時期。そんな状況で生まれやすいのが、自分の仕事ぶりへの葛藤だ。


    特に、ある程度仕事の基本を覚えた社会人2〜3年目は、次のステップへ進むまでの“壁”を感じて悶々とする人が増えるという。


    「もっとうまくできるはず」「もっと頑張れるはず」。そんな思いを持ちつつも、自分より良い成果を出している先輩や、評価の高い同期・後輩を見ると、焦りと悩みが募るもの。


    そんな時、壁を打ち破るきっかけになるのが先輩からの教えだ。


    JobPicksが今年2月に紹介した下の記事では、仕事の経験談を投稿してくれたロールモデルが「同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何?」という問いに答えた内容を紹介し、多くのコメントが寄せられた。

    > NewsPicksに寄せられたPickコメント


    本稿はこの続編として、さまざまな職種のロールモデルが、新しい仕事や環境にチャレンジした時に抱えた悩みを解消した先輩の教えを7つ紹介する。


    自分の立場に置き換えながら読んでみることで、新年度で心機一転、再スタートを切るきっかけが得られるはずだ(注:ロールモデルの所属・肩書は、全て本人が投稿した時点の情報)。


    「王道のプロセスを着実にやるのが一番成果に繋がる」

    残り2120文字(全文2699文字)

    続きを読むには

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
    (ログインして続きを読む)

    JobPicksに登録する3つのメリット

    • JobPicks記事が
      すべて読み放題
    • ロールモデルが
      投稿した経験談が
      読める
    • 職業研究に役立つ
      メルマガが届く
    ※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

    この記事に登場するロールモデル

    関連する記事

    JobPicksオリジナル記事