コンサルへの転職志望者が知っておきたい「向き・不向き」

コンサルへの転職志望者が知っておきたい「向き・不向き」

JobPicks Voice

「みんなでつくる仕事図鑑」JobPicksは、さまざまな職業のロールモデルが投稿してくれたリアルな経験談を多数掲載している。本連載では、その投稿内容を参考に、仕事やキャリアの悩みを解消するヒントを探っていく。今回は、コンサル業界への転職を希望する人に向けた先輩の経験談を紹介する。


目次

コンサル転職市場を動かす3つの業界変化


コロナ渦の中でも、デジタルトランスフォーメーション(DX)需要が牽引し、2019年から2024年まで年間平均成長率4%だと予測されるコンサルティング業界。


市場規模上昇の結果、転職・新卒市場ともに、求人数に減少は見られないようだ。


そんなコンサル業界では、求められる人材像に変化を起こす3つの変化が業界内部で見られている。


下の記事によると、変化の一つとして、「戦略、デジタル、デザインの融合」があり、コンサル各社がデジタルに強い会社や、デザイン企業を買収する流れが生まれている。

これまでは、上流の戦略を戦略系コンサルが思考し、下流の開発系を下請けが担当するシステムになっていたが、今ではその境目がなくなり、一体化しつつある。


結果として、コンサル業界にはさまざまな分野のプロが集まるようになった。

コンサル業界で起きている「3つの変化」

この変化に応じて、コンサル会社の業務プロセスも変貌。これまでは、提案する戦略を反映したスライドベースのプレゼンだったのに対し、現在は実際に試作品をプレゼン時に持ち合わせるなど、クライアントとともにサービス・事業を創り上げる姿勢が求められる。


こうした変化によって、幅広い領域に知見を持つことや、より現場のユーザーに寄り添った思考をできる人材が求められてくるだろう。


そこで今回は、現役コンサルタントや、コンサル経験者の経験談を基に、コンサルに向いている・向いていない人の特徴、またコンサルタントの仕事内容や1日のスケジュールを深く理解できる動画を紹介。コンサル会社へ転職するヒントとして生かしてもらいたい(注:ロールモデルの所属・肩書は、全て本人が投稿した時点の情報)。


コンサル業界に向いている人とは?

残り1859文字(全文2572文字)

続きを読むには

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く
※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

この記事に関連する企業

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

この記事に登場するロールモデル

関連する記事

JobPicksオリジナル記事