【CEO】起業は「好きを仕事にする手段」元銀行員の新しい副業スタイル

【CEO】起業は「好きを仕事にする手段」元銀行員の新しい副業スタイル

目次

  • オタ活に没頭するため地銀を退職
  • 週末起業で、年商5000万円
  • “本業第一主義”幻想に疑問符

“副業解禁”というワードがニュースのタイトルに並びはじめてからはや数年、旧態依然のワークスタイルにも少しずつ多様性が生まれてきた。本業とは別に副収入を得る、もしくはスキルアップなどを目的とし、複数の企業と雇用関係を持つ“副業サラリーマン”が増加しつつある。



副業がトレンドから文化に移行しつつある現在、SNSで副業の“べき論”が散見されるようになった。「本業あっての副業」「本業で成果を出せない状態で副業をすべきではない」といった声がしばしば聞かれる。



しかし、むしろ副業を人生の中心に置くスタイルで、自分らしいキャリアを歩むビジネスパーソンがいることもお伝えしたい。



製薬系商社・立山化成の営業マンとして働く片口陸さんは、グッズの企画から制作までを一貫して行うデザインスタジオ・R11R(アールイレブンアール)を“副業で”経営している。

片口陸さん経歴

「サラリーマンを辞めるつもりもなければ、会社の売上を伸ばしてお金持ちになりたいわけでも、広い家にすみたいわけでもありません」と語る彼の働くモチベーションは、「限りなくリスクを減らして、人生を楽しみ尽くすこと」にあるのだという。



アイドルに没頭するあまりに仕事を辞め、ニートになった過去を持つも、それがきっかけとなり会社を起業。「事業を拡大するつもりはない」というものの、今では数千万の年商を叩き出す敏腕経営者だ。



聞けば聞くほどユニークなキャリアを持つ片口さんの、副業で人生を味わい尽くすパラレルキャリアを紐解いていく。



オタ活に没頭するため地銀を退職



片口さんのファーストキャリアは、地元富山県に本籍を置く北陸銀行。「将来は経営者になりたい」との思いから、経営者と接点が多い銀行員になることを選んだ。



入行初年度は個人向けに金融商品を販売していたが、翌年は本籍のある富山に戻り、念願の法人融資を担当することに。しかし、描いていた「理想の仕事」と「現実の仕事」に生じた乖離から、働くことにネガティブなイメージを抱くようになってしまう。



「僕が勤務していた当時、担当した融資のうち意義がある案件は、全体の2割程度だったと思います。今と昔では状況が違うと思いますが、『必要ない』と言っているお客様に無理を言って借りてもらうことも少なくありませんでした。逆に、本当に困っているお客さまにはお金を貸せず、お客さまが目の前で泣き崩れてしまうという、まるでドラマのようなシーンを体験したこともあります」



仕事が板につき始める時期であろう社会人2年目、片口さんは悩んでいた。「自分は何のために働いているのか?」と、働く意義を見失ってしまったのだ。

銀行員時代について話す片口さん
銀行員時代について話す片口さん

そんな日々を支えていたのは、1人自宅で没頭していた趣味の「オタク活動」だった。



仕事で大変な時期が続いても、自宅に帰れば、好きなものに囲まれた充実した時間を過ごすことができる。帰宅後の動画鑑賞が、毎日の癒しだった。



そしてある日、片口さんは退職を決意する。その理由は、大好きな「オタク活動」に時間を割きたかったから。突然の退職は、周囲からは理解されないものだった。



「当時、大好きなアイドルグループがいたのです。しかし活動の大半は東京なので、なかなかライブに参加できず、フラストレーションが溜まっていきました。そんな矢先、もう仕事を辞めてしまおうと思ったのです。1日のうち、オタク活動をしている時間が最も充実しているのは明白で、そうであればその時間に全力を注ごうと決めました」



銀行を退職すると、その足で東京へ。家賃3万円以下のシェアハウスを契約し、アルバイトで稼いだお金の大半をアイドルのために使う生活がスタートした。



食事を我慢してでもライブに足を運び、特典である握手券欲しさに同じCDを250枚購入。「お金がないので、カード決済でしたけど」。



片口さんは当時を、「文字通り、極貧生活でした」と振り返る。しかし、「仕事にやりがいを見出せない鬱屈とした日々より、ずっと充実していました」とも語る。



そしてこの毎日が、彼の人生を大きく変えることになる。



週末起業で、年商5000万円



「好きこそ物の上手なれ」ではないが、好きに没頭した片口さんは、いつしかファンの間で有名人になっていた。



「開催されているほとんど全てのライブに足を運んでいましたし、同じCDを何枚も購入していたので、ちょっとした有名人になっていました。その結果、推しのメンバーの誕生日を祝うライブで企画の責任者をさせてもらえることになったのです。



そこで私は、オリジナルTシャツの制作を提案しました。ビジネスではないので原価でお配りしましたが、それが飛ぶように売れて……。この経験が、起業のきっかけになっています」

片口陸さん画像(ライブ)
(Photo:iStock / aetb)

片口さんを突き動かしたのは、「オタクとしての夢を叶えることができた今、次は仕事でアイドルとかかわれるようになりたい」という好奇心。これが、デザインスタジオ・R11Rが誕生した経緯である。



法人登記をするまでは個人事業主として事業を成長させ、軌道に乗ったところで法人化をした。



ただ、自分で事業を興す決断をした片口さんは、同時期に家業でもある製薬系の商社に就職している。なぜ、「副業で会社を経営する」という選択を取ったのだろうか。



「会社を立ち上げたのは、お金が欲しいからではなく、人生を楽しみ尽くすためです。もし会社経営を本業に据えたら、収入が途絶えるリスクと付き合うことになりますよね。それが現実になったら、人生を楽しむための選択で苦しむことになってしまい本末転倒です。そこで、会社員として働きながら副業で会社を経営するスタイルを選択しました」



平日は9時出社〜17時30分退社のサラリーマンとして働き、退勤後と週末の時間を活用して社長業をこなす。



会社経営に当てられる時間は限られているが、それでも売上は年々上がりで、現在の年商は5000万円を超えた。



また、「仕事でアイドルとかかわる」という夢も実現している。東京ガールズコレクションや有名アーティストのグッズ制作を手掛けるなど、R11Rは多岐にわたる領域で存在感を発揮する会社になった。

片口陸さん(Tシャツ)
(Photo:iStock / AlxeyPnferov)

しかし、どれだけ会社が軌道に乗っても、片口さんは本業を辞めない。あくまでサラリーマンとして本業に打ち込み、「会社が倒産しても、最低限の暮らしができる」という安心感があるからこそ、経営がうまくいっていると信じているからだ。



「本業をやめて会社経営に集中すれば、多少なりとも年商はアップすると思います。でも、人生を楽しむために始めた会社です。お金の多寡に興味はありません。



もちろん本業をなあなあにしているわけではなく、本気で向き合っています。本業と副業、この二つがあってはじめて、仕事というものを心の底から楽しむことができているのです。会社の売上が10倍になろうとも、本業を辞めることはあり得ません」



本業とは別の収入源を持つことや、スキルを磨くことを副業目的とはしていない。現在のワークスタイルは、仕事に鬱屈としていた元銀行員がたどり着いた、“自分の人生を謳歌するための最適解”なのだという。



“本業第一主義”幻想に疑問符



副業で人生を変えた片口さんにそのコツを尋ねると、「まずは何でもいいので、好きなことで専門家になってください」と答えが返ってきた。



マネタイズを目的に始めるより、興味関心があることで専門領域をつくる方が、結果的に大きなリターンを得られるのだという。


「昨日買い物をしていた時、店員さんと副業の話になったんです。彼は『プログラミングってお金が稼げそうで、興味があるんです』と話していました。その意見を否定するつもりはありませんが、おそらく苦しくなってしまうと思います」



興味がないことで、お金を稼ぐレベルまでスキルを磨くのは至難の業だ。また、コードを書くのが好きな人材にスキルで勝つことも困難なので、得られるリターンも天井が見えてしまう。



「だったら、大好きな趣味を極めて専門家になり、マネタイズする方法を考えた方が得策です」

片口陸さん(インタビュー)
「副業CEO」はライフワークの一つだと話す片口さん

加えて片口さんは、一般的に語られる「本業と副業の主従関係」にも疑問を呈している。



《本業で成果を出し、そこで得た知見を副業に活かそう》

《本業と副業の優先順位が逆になってはいけない》



「本業」と「副業」という言葉が示すように、「副業を気持ち良くやりたいならば、有無を言わさず本業で成果を出し切る必要がある」という風潮が確かに存在する。そんなちまたの声に懐疑的だ。



「本業で成果を出さなければ、副業をする資格はない」というのも、理解はできるんです。とはいえそれは雇用主の考えであり、ビジネス強者の理論だとも感じます。そうした声を鵜呑みにしていたら、本来あったはずのチャンスを逃してしまうかもしれません。



給与をもらうに値する働きをするのは当たり前ですが、それ以上に背伸びをしなければならない理由はありません。全ての時間を本業に充てなければいけないと言うのは、ある種の幻想だと思います」



インタビューの最後に、片口さんはキャリアに悩む若い世代に向け「理想の全てを本業で叶える必要はない」とアドバイスをくれた。



「好きなことでお金を稼ぐのは、少なからず時間がかかるものです。だからこそ、本業をセーフティネットにするキャリアがあってもいいと思います。本業と副業の主従関係にとらわれないワークスタイルを選択肢に入れれば、理想とするキャリアに近づきやすくなるのではないでしょうか」



取材・文:オバラ ミツフミ、編集:伊藤健吾、デザイン:九喜洋介、撮影:竹井晴俊

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事