【北野唯我】大学では教えてくれない「ビジネスの教え」

【北野唯我】大学では教えてくれない「ビジネスの教え」

    3月に入り、21卒として就職活動をした学生の入社が近づいている。入社を間近に控えた内定者は、不安と緊張、そして残りわずかな学生生活に後ろ髪を引かれながら、着々と入社準備を進めていることだろう。

    内定者の皆さんは、今年1月にKindle限定で発売開始された書籍『内定者への手紙』をご存知だろうか。 

    本書は若手ビジネスパーソンが持つべきビジネススキルを集約したもので、リリースから6週間でダウンロード数が1.2万を突破した。

    著書であるIT企業役員で作家の北野唯我さんは、どのような思いで本書を上梓したのだろうか。 

    執筆の裏にある背景と、語られた内容について、独占取材を敢行した。

    【北野唯我】大学では教えてくれない「ビジネスの教え」_02
    北野 唯我(きたの ゆいが)さん/著述家・ワンキャリア取締役兵庫県出身。就職氷河期に博報堂へ入社。ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画、現在、取締役。著書に『転職の思考法』『オープネス』(ダイヤモンド社)、『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)、『分断を生むエジソン』(講談社)『これからの生き方。』(世界文化社)がある。最新作『内定者への手紙』はシリーズは累計1万ダウンロードを突破。

    目次

    • 生意気だった過去の自分に向けて
    • 信頼される若手の共通点
    • リモートワークを言い訳にしない
    • 20代を誰と過ごすか?

    生意気だった過去の自分に向けて


    —— 『内定者への手紙』は、誰のために、どのような目的で書いた本なのでしょうか?


    北野:本のタイトルに「内定者」というキーワードが入っていますが、内定者だけに向けたお話ではありません。


    新入社員をはじめとする若手社員にむけ、社会人として持つべきノウハウや考え方を伝えようと筆を執りました。


    ではなぜ、『内定者への手紙』というタイトルをつけたのか。


    自社に21卒として入ってくる新入社員の目をみたときに、「彼らに自分が学んできたものを全て教えてあげなくてはいけない」という使命感を抱いたからです。


    若いときは誰しも、上司や先輩に対するちょっとした反抗心を持っているもの。


    私自身、昔は先輩や上司から言われたことを右か左へ聞き流す生意気な若手社員でした。


    だからこそ、「あのときこうしておくべきだった」という反省も含め、みなさんにお伝えしたいことを一冊の本としてまとめました。


    —— 本の内容について、教えてください。


    北野:本書は、連載企画として計5回にわたり配信する予定です。


    第1巻のテーマは『「仕事が遅い人」と呼ばれないための、10のチェックリスト』でした。

    【北野唯我】大学では教えてくれない「ビジネスの教え」_03
    ※10個のチェックリストの中から、取材で触れた項目を抜粋

    続く第2巻は『TOP1%に近付く最強の文章化術』で、2月にリリースしました。ありがたいことに、現在は累計1万ダウンロードを突破しています。



    信頼される若手の共通点

    残り2345文字(全文2922文字)

    この記事は会員限定です。

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
    (ログインして続きを読む)

    JobPicksに登録する3つのメリット

    • JobPicks記事が
      すべて読み放題
    • ロールモデルが
      投稿した経験談が
      読める
    • 職業研究に役立つ
      メルマガが届く

    関連する記事

    JobPicksオリジナル記事