【保存版】普通の会社員が、副業で「本業の2倍稼ぐ」3つの掟

【保存版】普通の会社員が、副業で「本業の2倍稼ぐ」3つの掟

収入源を増やすため、自己成長のため、空いた時間を活用するため── 。


副業に取り組む理由は人によってさまざまだが、実りある副業ライフを送るには、最低限押さえておきたいルールがある。



「普通の会社員でも、『3つの掟』さえ押さえれば、副業で十分な収入が得られます」



こう語るのは、累計17万部のベストセラー『アウトルック最速仕事術』や、『脱マウス最速仕事術』著者の森新(もり・あらた)さんだ。大手飲料メーカーに勤めながら、ビジネスパーソン向けに生産性向上のノウハウ発信を行う「プロ副業家」として知られる。



どうすれば、サステナブルに副業を続けられるのか。


新刊『普通の会社員のための超副業力』を上梓する森さんに、そのヒントを余すところなく教えてもらった。

目次

今も昔も、「普通」の会社員



 今でこそ、こうして副業をテーマにインタビューを受けていますが、3年前までごく普通の会社員でした。



新卒で大手飲料メーカーに就職し、3年間の営業を経て、人事部に異動。今は、新規事業の部署で、フルタイムの正社員として働いています。



そんな私が、なぜ副業で本業の倍の収入を得ているのか。きっかけは、「本業で編み出した仕事の効率化のメソッドを、社外の人にも伝えたい」という、極めてシンプルな動機でした。

【保存版】普通の会社員が、副業で「本業の2倍稼ぐ」3つの掟_森新_01

仕事の効率化といっても、エクセルやパワーポイントのスキルではありません。

私がテーマにしているのは、「アウトルック」。Gmailを抑えて、日本で最も利用企業が多いと言われているメールソフトです。



意外に思われるかもしれませんが、メールがデスクワークに占める時間は実はとても多い。エクセルやパワーポイントをはるかに上回る、年間500時間です。



アウトルックが時短のカギになると発見したのは、人事部で働き方改革担当になったときのこと。 



いろんな社員の作業画面を一日中観察していると、想像以上にメールに使っている時間が多く、無駄な作業にあふれていると気づきました。



たとえば、メールの「フォルダ分け」。目当てのメールを探しやすくするために、取引先ごとにフォルダを分けている人も多いでしょう。



ですが、このフォルダ分けには、あまり意味がありません。

【保存版】普通の会社員が、副業で「本業の2倍稼ぐ」3つの掟_森新_02
Photo:iStock / Rawpixel

というのも、検索機能を使えば一発でメールを探せるからです。むしろフォルダ分けによって無駄なフォルダの行き来が増え、フォルダに分類できないメールへの対応コストも奪われてしまいます。



他にも、10個のショートカットキーを覚える、画面設定をカスタマイズするなど、少しのテクニックで、簡単に時短ができるのに、なかなか知られていない。 



そこで、自分で手を動かしながらアウトルックの時短術を体系化し、仕事の合間で社内向けセミナーを始めました。



これが予想以上の反響で、社内のさまざまな部署・チームからセミナーの依頼が来るように。回を重ねるうちに、90分ほどの内容で、年間100時間、うまくいけば200時間ほどの時短になるとわかりました。



現在は、社外のビジネスパーソン向けにセミナーを行ったり、SNSで情報発信をしたりしています。大手企業を中心に50社ほどの法人にも講師としてお声がけいただいていて、「アウトルック時短」の浸透にやりがいを感じています。



身近な場所に「副業のタネ」はある

残り2503文字(全文3513文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事