【就活】ジョブ型の波に、どうついていく? コロナで変わる、長期インターンの最前線

【就活】ジョブ型の波に、どうついていく? コロナで変わる、長期インターンの最前線

  • すべての職業

目次

新型コロナウイルスの影響を受け、学生生活のあり方が一変している。授業はオンライン化し、学生同士の横のつながりは希薄になった。予定していた海外留学も断念せざるを得ないなど、就職活動への不安も募るばかりだ。



そうした未曽有のモラトリアムにおいて、将来への準備活動として注目を集めているのが長期インターンだ。



数年前から学生への認知が着実に増加している長期インターンだが、“コロナ以前”とは様相が異なり、年次を問わず参加希望者が増加しているという。



企業の採用活動が冷え込むご時世に、日本の学生が取るべき行動とは——。長期インターン・新卒求人サービス「Infra」を運営する株式会社Traimmuの高橋慶治代表に、長期インターン市場の最新動向と新卒採用の未来予測を聞いた。

高橋氏プロフ写真
株式会社Traimmu代表取締役社長・高橋慶治さん。「若者の価値を最大化する」をミッションに、長期インターンシップ・新卒求人サイト「Infra」を運営


意識高い系だけの選択肢ではない



—— 新型コロナウイルスの影響を受け、長期インターンへの参加を希望する学生が増えているそうですね。



高橋 時期的な要因も少なからずありますが、弊社が運営する長期インターン・新卒求人サービス「Infra」の場合、昨年の1.5倍ほどのペースで登録学生が増加しています。学生へのヒアリングを通して、その要因は大きく2つあると考えています。



1つ目は、就職活動への危機感です。「就職氷河期がやってくる」という漠然とした不安から、少しでも力をつけようと、社会人経験が積める長期インターンへの参加を希望する学生が増加しました。



また、授業がオンライン化したことにより、“横のつながり”をつくる機会が少なくなり、「自ら行動を起こさなければ、周囲に置いていかれる」という危機感から、サービスへ登録する学生も少なくないようです。



2つ目は、可処分時間の増加です。通学時間や友人と過ごす時間が減っただけでなく、授業と授業の間の時間を有効活用できるようになったことで、長期インターンという選択肢を考える学生が増加しました。勤務時間の都合から参加条件を満たせなかった学生にも、長期インターンに参加するチャンスが増えてきたのです。



従来であれば、いわゆる「キャリア意識の高い学生」の選択肢としてとらえられてきた長期インターンですが、今では「まだ就活を明確にイメージできていない学生」の選択肢にもなっています。

高橋氏2

—— 学生数の増加にともない、長期インターンの受け入れをする企業側には、どのような変化が起きているのでしょうか?



高橋 これまでは創立間もないスタートアップ企業の掲載が中心となっていましたが、昨年4月の1回目の緊急事態宣言を境に、上場企業からの相談件数が増加しています。



コロナの影響でテレワーク化・成果主義の徹底が進んでいることもあり、メンバーシップ型からジョブ型へと雇用形態をシフトさせている企業が少なくないので、学生時代に長期インターンを通じて実務スキルを身につけた学生は、即戦力として魅力的に映るのでしょう。



特定の職能に秀でた学生は、ナビサイト以外の経路で就職先を探しているケースが散見されます。長期インターンがきっかけで得たコネクションを駆使して、ポートフォリオを片手に、企業とダイレクトにコンタクトを取る学生が増えている。



そのため、新卒採用を意識して、そうした優秀層と早期に接点を持つ場を拡大しようという狙いもあると思います。緩やかではあると思いますが、今後は上場企業の長期インターンも増加していくでしょう。



優秀さの定義は学歴に依存しない



—— メンバーシップ型からジョブ型へのシフトに伴い、“優秀層”の定義も変化しつつあると感じます。



高橋 その通りだと思います。当然ポテンシャルのある学生は採用されますが、ポテンシャルの定義は少なくとも学歴には依存しなくなっていくはずです。ジョブ型が主流になれば、「なにができるのか」「どんな成果が出せるのか」が問われるようになると思います。



そのため学生の皆さんは、「長期インターンをやっていた」というのが武器にならないことは覚えておいたほうがいいでしょう。



「長期インターンを5社経験しました」といったアピールをする学生をみることもありますが、今となっては、長期インターンを経験していることは特別ではありません。



新規事業を立ち上げて売り上げの柱に成長させたり、月次で数百万円の売り上げをコンスタントに上げたりする、いわゆる“プロ学生”も少なくない。実務経験をアピールするのであれば、「どんなバリューを発揮できたか」が論点になるということは、胸に留めておいてください。

高橋氏3

—— 以前よりも一般的な選択肢になっているとはいえ、まだまだ長期インターンに高いハードルを感じている学生も少なくありません。どのようにして、働く環境を選べばよいのでしょうか?



高橋 ウインドウショッピングと同じだと思ってください。服が欲しいと思ったら、自分に似合うアイテムを見つけるために、複数の店舗に入店し、試着しますよね。企業選びも同じです。



私自身、学生時代に長期インターンを経験していますが、当時は自分だけで企業を選べたわけではありません。スタートアップ企業の経営者に相談し、今ホットな業界や、どんな仕事が向いているのかをアドバイスしてもらい、働く環境を決めました。



複数企業の面接を受けるのもそうですが、社会人と話す機会を増やすなど、まずは自分の足を使って情報を仕入れ、判断軸を養ってください。



「22歳で就職」は正しいのか?

高橋氏4

—— 長期インターンを選択肢として考える場合、参加時期はどのようにして検討すればよいのでしょうか?



高橋 あくまで個人的な考えですが、早ければ早いほどよいと思っています。一般的な就職活動が3年生から始まるとして、1年間経験を積むとしたら、少なくとも2年生の夏には長期インターンを始める必要があります。



とはいえ、1社経験しただけで社会を知れるとは到底思えません。そう考えると、複数の企業、複数の職種を経験するには、1年生から参加する必要があります。



—— 「平日開催のインターンは、学業に悪影響を及ぼす」という声もあります。



高橋 もちろん、学業をおろそかにしてまで長期インターンに時間を費やすべきではないと考えています。とはいえ、「長期インターン vs. 大学の授業」といった二項対立で考えられてしまうのは、とても残念に思います。



そもそもインターンと学業は、どちらも将来を形作る要素であり、優劣があるものではありません。双方の利点を生かすことが、充実した学生生活をつくる道になるはずです。



大学の授業は、主にインプットが目的です。一方で長期インターンは、アウトプットが求められます。大学でマーケティングの授業を受けたとしても、実社会での生かし方が分からなければ、得られる学びの量は限定されてしまいます。



しかし長期インターンでマーケティング職に就き、サービスのプロモーションを実践すれば、学びの量が飛躍的に増加する。結果的に、授業の価値も上がるはずです。



実際、長期インターンへの参加を推奨する教授も少なくない。例えば法政大学キャリアデザイン学部の田中研之輔先生は、「大学と社会をつなぎ、実践的な知を学べるインターンは、有効な教育プログラムだと言えます」とおっしゃっています。

tanaka 01BN
合わせて読む:【新連載】これからは「会社」ではなく、「職業」で仕事を選ぼう(JobPicks)

時間が足りないのであれば、休学して実務経験を積んだり、たくさんの大人に話を聞いたり、自分に合った働き方を見つけるアクションを取ればいい。



正解のない時代ですから、まずは「22歳で就職しなければいけない」という固定観念を取っ払うことが大切なのではないかと思います。



隣にインド人が座る就活面接



高橋 パートナーシップ型からジョブ型へと雇用形態が移り変わっていくのは、もう止められない流れだと思っています。



日本の合計特殊出生率は2.0を切っています。つまり、今後も人口減少が進行していきます。若い人が確実に減るので、企業は日本人だけを採用しているわけにはいかず、いや応なしに海外の人材を採用することになります。



では、海外のスタンダードな雇用形態はなにか。仕事に人を割り当てるジョブ型ですよね。企業側も、変化せざるを得ないのです。

高橋氏5

そうした流れが進むと、10年後の新卒採用の面接では、日本人の隣にインド人が座っていて、その隣には中国人が座っているようになります。ドメスティックな就職活動が終わるのです。



また欧米諸国では、日本とは異なり、インターンは長期が前提です。つまり、3カ国語を当たり前に話せて、ビジネス経験もある優秀な学生と席を奪い合うということになる。



そうした優秀な後輩たちがどんどん入社してくるわけですから、たとえ現在が「難関大学に入学し、サークル活動を頑張っていれば採用される」という時代だとしても、数年後には追い抜かれてしまうでしょう。「学校の中で頑張っていればなんとかなる」という思想は、捨てるべきだと思います。



—— キャンパスにすら通えないという“未曽有のモラトリアム”を過ごす学生たちに向け、高橋さんから伝えたいことはありますか?



高橋 実務経験を積むことだけが正解だとは思いませんが、長期インターンでそれを実現するのであれば、まずは行動を起こすことだと思います。



「やりたいことが決まっていません」という学生をみる機会も少なくありませんが、やりたいことは日々更新されていきます。だから、現時点で明確にやりたいことが決まっている必要はありません。私のやりたいことだって、明日には変わっている可能性もあります。



だからこそ、学生さんには「今」に集中してほしい。元MITメディアラボ所長で実業家の伊藤穰一さんの言葉を借りるなら、「フューチャリスト」ではなく、「ナウイスト」になってください。



動きながら考え、キャリアをつくっていけばいいのです。例えば、この記事を読んでキャリアについて考えはじめたのであれば、複数社の面接にエントリーしてみてください。



面接を受ければ、面接を受ける以前よりも、働くイメージが持てるはずです。どういう企業と自分の相性がいいのかも、少なからず理解できるでしょう。



また、インターンそのものをオンラインで実施する企業も増加しているので、地方の学生にもチャンスが増えていくと思います。



これまでも「佐賀でインターンを募集している企業はありませんか?」といったお問い合わせがあったものの、そもそも地方の企業では長期インターンという言葉を知らないケースがほとんどでした。



しかし今後は、働く場所を問わず、首都圏の企業と雇用契約が結べるようになる。日本中の学生が、学生時代に質の高い就業体験を積むチャンスを得られるようになるのではないかと考えています。

高橋氏6

「キャリア」という言葉を聞くと、どうしてもハードルの高いアクションを想像してしまうかもしれません。しかし、繰り返しますが、はじまりはウインドウショッピングと一緒です。



キャリアを考えるのに「早すぎる」ということはないので、周囲に流されることなく、自分の判断軸で、自分の未来を考えてほしいと思います。



取材・構成:小原光史、編集:栗原昇、デザイン:岩城ユリエ、撮影:遠藤素子

関連する記事

JobPicksオリジナル記事