【直撃】ど素人がGAFA人材に、エンジニア養成機関「42」の知られざる中身

【直撃】ど素人がGAFA人材に、エンジニア養成機関「42」の知られざる中身

  • AIエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア

目次

  • 泣きだすほどのプレッシャー
  • 毎日17時間のプログラミング
  • 技術力より、学習能力
  • ねだるな、勝ち取れ

「まったくコードを書いたことがない素人が、数年後にGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に入社するケースもある」


年齢、学歴、性別などにかかわらず参加可能なエンジニア養成機関「42」(フォーティー・ツー)が日本に上陸し、話題を呼んでいる。さらに、「学費完全無料」というから驚きだ。



「講師不在」「24時間利用可能」など、何かと注目が集まる同機関だが、なによりも関心が寄せられているのが、合格基準が明かされていない4週間にわたる入学試験「Piscine(ピシン)」である。



Piscineはフランス語で「スイミングプール」を意味しており、「泳ぎ切れるかを試す」という運営側の思いが込められている。



「何もわからない」「とてもストレスを感じる」。そんな声が続出するPiscineの内容とは。そして、42とはいかなる教育機関なのか。知られざる実態を、現役受講生の岩佐由喜さんに聞いた。

「42 Tokyo」生徒_岩佐由喜さん_01
「42 Tokyo」生徒 岩佐由喜さん


泣きだすほどのプレッシャー



—— 「42」の入学試験「Piscine」では、どのような課題が与えられるのでしょうか?


岩佐:そもそも、Piscineを受験するためには、Webテストに合格する必要があります。記憶力を測るテストと、論理的思考力を測るテストがあり、その双方に合格するとPiscineを受験する権利が与えられます。



—— Webテストの難易度について教えてください。


岩佐:合格基準が一切明かされないので、「難しいも易しいもない」というのが率直な感想です。とはいえ事前知識を問わないテストなので、エンジニアリングを学んでいない人でも合格できるものだとは思います。



—— 「Piscine」は4週間ほど実施されると聞きました。どのような内容なのでしょうか?


岩佐:こちらも説明が非常に難しく、一体なにが試験なのかがわからないのです。まず、試験当日に会場に集められるのですが(現在は新型コロナウイルスの感染防止の観点から、オンラインで課題を受講するスタイルになっている)、そこでは一切の指示が与えられません。数百台のパソコンだけが並んでいる、それだけなのです。



今振り返ってみれば、その時点から試験が始まっていたのだと思います。僕のときだと、受験生同士で何をすればいいのか話し合い、とりあえずパソコンを起動したところ、画面に試験内容が提示されました。プログラミング言語の「根っこ」である、C言語を利用して課題を解く試験です。

4O3A5932-2

—— つまり、Webテスト合格後は、少なくともC言語の理解がないと、Piscineに合格することはできないと?


岩佐:そうとも言えないのです。はじめはキーボードの打ち方すらわからなかった受験生が合格し、黙々と課題を解き進めていた受験生が不合格になっていたケースもあります。



特にルールがあるわけではないので、隣の席に座る受験生に課題の解き方を聞いても構わないのです。その時点でプログラミングの知識がなかったとしても、合格することは可能です。



毎日17時間のプログラミング

「42 Tokyo」生徒_岩佐由喜さん_02

—— 岩佐さんはなぜ、Piscineを突破することができたのでしょうか?


岩佐:明確な理由はわかりませんが、誰よりもコミットしたことが一つの理由になっていると思います。Piscine期間中は教室を自由に使うことができ、用意された課題を用いて学習することができます。僕は毎日、16時間から17時間ほど課題に向き合っていました。



課題を解き進めたからといって合格できるわけではありませんが、受験生の中で僕よりコミットしている人は見たことがありません。結果論にすぎませんが、自ら学習する意欲が高かったことは、少なからず合格の基準になっていたのだと思います。



—— 寝る時間以外は、ほとんどプログラミング学習に充てていたんですね。


岩佐:教室の近隣にゲストハウスを借り、Piscineの期間中はずっと学習し続けられる環境を整えました。合格基準がブラックボックスだったので、とにかく勉強しようと意気込んでいたのです。



—— どうしてそれほどまでに、42にコミットできたのでしょうか?


岩佐:それだけ42という特殊な環境に魅力を感じたからです。



僕はもともと、日系のコンサル会社から内定をいただいていました。ただ、本当にコンサルタントになりたかったわけではなかったのです。いわゆる“就活偏差値”にとらわれていましたし、社会的な評価を気にしている節がありました。本当はプログラミングに興味があり、自分の興味に正直に生きたかったのです。



その気持ちにうそをつくことができず、実は入学する以前に内定を辞退していました。「これからどうしようか」とフラフラしていたのですが、そんな折、偶然にも「42 Tokyo」が開講されることを知ります。



コンセプト動画を見たときに、「これしかない」と直感しました。先進的で高度な学習体験、そして刺激的な仲間との出会いが想像でき、全身の血が沸いてくるような感覚があったのです。

「42 Tokyo」生徒_岩佐由喜さん_03

—— 途方もない学習に向き合い、合格通知を見た瞬間は、どのような気持ちになりましたか?


岩佐:月並みですが、とにかくうれしかったですね。途中で受験を諦める人を何人も見てきましたし、「どれだけ頑張っても合格するかわからない」というすさまじいストレスの中で丸1カ月を過ごしたので、「努力が報われた」とホッとしました。



—— 合格後は、どのようなスケジュールで学習しているのですか?


岩佐:学習時間に指定はないので、それぞれが自由に教室を利用していますが、僕は引き続き1日の大半を42の課題に費やしています。



Piscineに合格しても、特にやることは変わりません。課題が用意されていて、ある一定のレベルに到達すれば、おのおのが自分の取得したい科目を自由に選択できます。僕は現在、「C++」を勉強しているところです。



ただ、退学制度があるので、その基準を満たさないよう注意をしています。課題の提出期限があり、それに1秒でも遅れると、退学扱いになる。Piscineに合格しても、課題の提出が間に合わずに退学になった生徒もいました。



—— 現在の生徒数は何名程度ですか?


岩佐:2020年6月22日の開校時には622名が受験し、そのうち合格者数は187名だったと聞いています。ただ、合格後に退学になった生徒もいるので、正確な生徒数は把握できていません。



結局、自ら勉強し続けるスタンスがなければ、たとえ合格しても42で学ぶ資格を失ってしまうのです。



技術力より、学習能力



—— 岩佐さんは今後、エンジニアとしてキャリアを歩む予定ですか?


岩佐:今年の春から、大手医療系企業にソフトウェアエンジニアとして勤務します。42は就職先のあっせんを行っているわけではないので、自分で就職活動をして内定をいただきました。



内定先から評価していただいた理由は、「プログラミングの根本的な理解」と「学習能力の高さ」です。過去の自分だったら、おそらく内定をいただけなかったと思います。しかし、Piscineの期間中に猛烈な努力をした経験が、自分を変えるきっかけになりました。



今でも継続的に勉強できていることを考えると、技術を身につけられたことよりも、学習能力を身につけられたことが、42で得た一番の財産だと感じています。

「42 Tokyo」生徒_岩佐由喜さん_04

—— 42には、卒業という概念がないとも聞きました。入社後も、継続的に通われる予定ですか?


岩佐:時間の許す限り、通い続けたいと思っています。一緒に学んでいる仲間のことが大好きだからです。



生徒の大半は、自分のやりたいことに正直で、熱量を持って人生を歩んでいる人たち。彼らと過ごす時間は非常に刺激的で、自分を高める意味でも非常に意義のある関係だと思っています。



また海外の生徒は、42を卒業後、GAFAを筆頭に、エンジニアリング技術の最高峰ともいえる企業に就職している人がいるとも聞いています。自分は文系出身ですが、その可能性にも挑戦したいので、引き続き学習を続ける予定です。



ねだるな、勝ち取れ



—— ご自身の経験を踏まえ、エンジニアとしてのキャリアを志向する学生に、「42 Tokyo」を薦められますか?


岩佐:ぜひ薦めたいです。というのも、42にはミスマッチがないのです。



Piscineに合格しても、教えてくれる先生はいないし、課題の提出に一度でも遅れたら退学になってしまうので、仲間と協力しながら必死になって学習しなければいけません。Piscineはおそらく、その適性を判断するものです。



つまり、Piscineに合格できないということは、そもそも42に向いていないということ。「合っていない環境で学ぶ」という苦労をせずに済みます。逆に合格すれば、学費無料でエンジニアとしての腕を高められ続けるチャンスが得られる。



つまり、合格にせよ、不合格にせよ、おのおのにとって最良の結果になるということです。受験するのもタダなので、興味があるのであれば、まずは試験を受けてみるのがいいと思います。

「42 Tokyo」生徒_岩佐由喜さん_05

—— 今後、42の受験を考えている人に伝えたいことはありますか?


岩佐:42が“就職予備校”ではないということは、あらかじめ認識しておいてほしいです。機会を与えてくれる環境ではありますが、合格したからといって人生が変わるわけではありません。結局のところ、機会を生かさなければ、何も生まれない。



そうした意味で、過度な期待はしないほうが望ましいと思います。一方で、意志があれば、人生を変えられる環境です。技術を身につけられるだけでなく、自走力を磨くことができ、さらには志を持った仲間にも出会えます。



僕はこれからも、42で学び続けるつもりです。「プログラミングを全力で学びたい」と考えている人がいたら、ぜひ一緒に挑戦していきたい。ともに高め合える日を、楽しみにしています。



取材・構成:小原光史、編集:佐藤留美、デザイン:黒田早希 、写真:遠藤素子

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事