ログイン
【moto】「10年で年収を50倍」にしたサラリーマンが語る、無理なく市場価値を上げる方法

【moto】「10年で年収を50倍」にしたサラリーマンが語る、無理なく市場価値を上げる方法

  • すべての職業

目次

  • 環境ではなく、どう働くか
  • 応援者をつくる仕事術
  • キャリアは大学受験ではない
  • その仕事は、ストーリーになるか

地元のホームセンターからキャリアをスタートし、“転職と副業のかけ算”によって年収1億円を稼ぐ異色のビジネスパーソン・moto氏。


SNSを中心に「転職のカリスマ」として支持されているmoto氏は、「就職活動は、大学受験ではない」と、ファーストキャリアの選択に強いこだわりを持つ。


なぜmoto氏は、自身のファーストキャリアに「地元のホームセンター」を選んだのか。新卒社会人が描くべきキャリアパスについて話を聞いた。


環境ではなく、どう働くか

motoさんプロフ
クリックで「転職アンテナ」へ

—— motoさんの社会人キャリアは、「ホームセンターのレジ打ちからはじまった」とお聞きしています。そもそも、なぜホームセンターをファーストキャリアに選ばれたのでしょうか。


moto 「自分のキャリアを自分でコントロールしたい」と考えていたからです。


長野県にある綿半ホームエイドという会社に新卒で入社したのですが、もともとは都内の大手IT企業に絞って就職活動をしていました。ありがたいことにいくつか内定をいただきましたが、どの会社も「総合職」での採用でした。


総合職は入社する4月1日まで、営業職に就くのか、マーケ職なのか、あるいは人事なのか、自分がどの職種に就くのかわかりません。また働く場所も、全国に支社がある会社になると、東京に限らず、北海道や沖縄になる可能性もある。


僕は当時、「30歳までに給与で年収1千万円を稼ぐ」という目標があったので、そこに至るまでの道筋を自分で描けないことに、なんとなく違和感を抱いていました。


では、どうすればいいか。僕の結論は、「自分が成果を出しやすい環境で、転職という手段を通じて自分のキャリアをコントロールしていく」というものでした。


大手企業の内定先で面接をしてくれた部長クラスの人材の経歴を見ても、その多くが新卒入社ではなく転職者であったことも、この意思決定の後押しになりました。

640iStock-918649504 (1)
(Photo : iStock / Kwangmoozaa)

—— ホームセンターであれば、自分でキャリアをコントロールしつつ、実績を上げる自信があったのですね。


moto 根拠のない自信がありました。就職したホームセンターは、日頃から自分がユーザーとして利用していたため、「もっとこうすればいいのでは?」と思う点が多々あったのです。


また、そこでアルバイトをしている友人からも話を聞いていたこともあり、社内の雰囲気もわかっていました。ユーザーとして思うことを面接で社長に直接伝えたところ「それならやってみてよ」ということで、入社を決めています。


自分の給料を上げるには、店舗の売り上げと利益、ひいてはグループ全体の売り上げや利益に貢献することが第一です。給与の評価制度はあるものの、その元手となるお金を稼ぐことが大切です。


入社したホームセンターは「一部門一経営」という方針だったこともあり、新卒であっても売り場を任され、自部門に関するPLやBSを管理させてもらえる環境だったので、僕にとって最適なファーストキャリアになると考えました。


—— ホームセンターでは、具体的にどのような業務に従事されたのでしょうか。


moto 最初の業務はレジ打ちでしたね。商品のバーコードを読み取る「チェッカー」と、商品を袋に詰める「サッカー」の仕事をしていました。


誰にでもできる単純作業かつ、学生のアルバイトも多い環境であったため、“馴れ合いの空気感”が出てしまうこともありましたが、常に「店舗の売り上げに、どう貢献するか?」ということを考えていました。


「小売商売において、レジ打ちという業務がどのような意味を持つのか」を自分なりに考え、来店するお客さんが持っている買い物袋はどこのお店が多いかや、お客さんの待ち時間を短くする工夫、もっと手前のところでは、お釣りの金額を間違えないための仕組み作りなどをしていました。

motoさんイメージ2
(Photo : iStock / Taechit Taechamanodom)

小さなことですが、そのどれもが利益に直結するものです。小売りは利益率が低いため、お釣りひとつの存在も大切にするようにしていました。


—— なによりも「売り上げに貢献する」ことを意識されていたのですね。レジ打ち業務以外にも、貢献実感を得たエピソードはありますか。


moto 自分の「ミス」を「機会」に変えていたことです。


催事の担当としてバレンタインや花火、クリスマスや正月飾りなどの売り場の担当をしていたのですが、ある年にお正月商品である「しめ縄」を誤って本来の10倍の発注をしてしまったことがありました。


正月用品は限られた期間で最大の売り上げをつくりつつ、12月31日の夕方に在庫をゼロにしなければならないため、前年の数字やメーカー在庫を確認しながら慎重かつ大胆に発注していきます。


しかし発注をする際に、初歩的なミスでゼロを一つ多く入力してしまったのです。年末でメーカーが休みであったため「この発注数、本当に大丈夫ですか?」という確認も入らず、入荷して初めてミスが発覚しました。


大量のしめ縄を目の前に「これはどうしたものか……」と呆然としました(笑)。ただでさえ年末で物量が多いため、倉庫スペースにも支障が出てしまうし、売れる時期に売れる商品を返品するなんて悠長なこともできない。


「各所に謝る時間があるなら、少しでもお金にしたほうがいい」——。そう考えて、お店の駐車場の一角にしめ縄売り場を展開し、誤発注した全ての「しめ縄」を売り切る作戦に出ました。


もちろん、店長の許可はもらっていません(笑)。「絶対に怒られるだろうな」と思っていましたが、同時に「在庫を全て売り切ってしまえば、売り上げの数字だけが残る」とも思っていました。


正月の必需品を店舗の外で派手に並べたことで、お客さんの目を引くことができ、無事に完売することができました。

moto3
(Photo : iStock / nikoniko_happy)

—— ミスを犯した状況に立ち尽くすのではなく、なにができるのかを考えられたのですね。「売り上げに貢献する」という意識は、どのようにして形成されたのでしょうか。


moto 入社以前から考えていたことですが、実際に働くことでこの意識をより強く持つようになりました。


同じ会社で働く先輩社員を見ていると、同じ40歳の社員でも品出しだけをしている人もいれば、大きな予算を持って商品の買い付けをする人や、店舗の出店計画を練る人もいる。


良い悪いという話ではなく、働くなかで「入社から同じ環境で同じだけの時間を過ごしているのに、どのようにしてキャリアに違いが出てくるのか?」という点が気になるようになりました。


このキャリアの違いは、「任された仕事だけをこなしているのか、任された仕事の意味を自分で考えて行動したか」によって生まれたものなのではないかと思います。


仕事のモチベーションの源を、自分の中に持てるかどうか——。同じ環境で同じ時間働いていても、「どう働くか」で結果は大きく異なるのだと気が付いてから、より売り上げに貢献する意識を持つようになりました。


仕事を作業にするか、作業を仕事にするかは自分次第。それがキャリアに反映され、年収にもつながるのだと思います。

motoイメージ4
(Photo : iStock / takasuu)

応援者をつくる仕事術


—— 入社してまもない時期から活躍されると、周囲からの期待も大きかったと思います。


moto たしかに期待されていましたが、同時に社内には「あいつは気に入らない」という視線も少なからずありました。


本来お客さんのためにやるべきことが、店舗や本社の都合になっていたりすることがあります。そういった点を上司に指摘すると、「お前は黙ってやっていればいいんだ」と言われることもありました。


それでも店長が作った売り場に「その陳列では売れないと思いますよ」と、生意気にダメ出しをしていたので「店長に文句言うなんて……」と思われていたはずです。


でも当時の店長は、「じゃあ自分でやってみろ。結果が出なかったらクビだ」と、冗談交じりに実践する場をくれました。彼は僕に対する社内の声を知っていたと思います。


だからこそ、その機会を無駄にしないよう、必死に実行しました。ここで結果を出さなければ「文句ばかり言う社員」になってしまうし、店長にも申し訳ない。とにかく必死でした。

motoさんイメージ4
(Photo : GettyImages / Anon Krudsumlit / EyeEm)

—— どのようにして、結果を出されたのでしょうか。


moto 休日を使って、他店の視察を積極的にしていました。


売れている店にはやはり、売れるだけの理由があるんです。例えば雪が降ったら、雪かき道具を買いに来るお客さんの来店に備え、スコップの横に手袋や塩カル、バケツや灯油のタンクを並べるなど、売り上げを最大化上げるための工夫がされています。


単純に雪かきのスコップだけ並べているだけでは、売り上げを伸ばすことはできない。こういった視点を参考にしながら、売り上げを最大化するためのレイアウトを自分なりに考えていました。


同時に、こうした機会をもらう度に、人間関係もよくなっていきました。最初は「生意気だ」なんて言われていましたが、やがて応援してくれる先輩も出てきたのです。


生半可な気持ちで挑戦して、失敗してヘラヘラしていたら、誰も助けてくれなかったと思います。でも成果を出そうと必死に行動したことで、手を貸してくれる人が出てきました。


店長に仕事をやらされている、という被害者意識で仕事をするのではなく、自分の意志で成し遂げようとする姿勢を持つことが、周りの人を動かす要素になるのだと思います。


自分が行動することで応援者ができ、社内にムーブメントを起していくことが自分だけでなく、一緒に働く仲間のモチベーションを変えていくことにもつながっていくんだ、ということを強く実感しました。


—— 言われたことだけではなく、プラスアルファの働きかけをすることが大切なのですね。


moto 求められたことに対して結果を出すのはビジネスパーソンとして当たり前です。機会をつくるうえでは、目の前の仕事に「自分の意志」を持つことが大切だと思います。


繰り返しになりますが、仕事を作業にするか、作業を仕事にするかは自分の姿勢次第です。この姿勢が、プラスアルファを生み出すのだと思います。


仕事や給与は、「会社にもらうもの」ではなく、「自分の力で稼ぐもの」なので、常に自分を主人公にして考えることが大切なのです。

小島さんイメージ3
Photo: iStock /marchmeena29

キャリアは大学受験ではない


—— ともすれば“地味”だともいえる業務から、ご自身のキャリアをつくられてきたのですね。


moto 僕の経験上、キャリアの土台をつくるのは、むしろ地味なことが多い気がします。SNSで情報発信をしていると、僕がとてつもない成果やとっぴなことをしてきたような理解をする人がいますが、完全に誤解です。


僕のキャリアは、ホームセンター時代から続く「売り上げに貢献する」というビジネスパーソンの基礎を積み重ねてきた結果です。


働いていると、どうしても楽な方を選びたくなるときがあります。でも苦しい方を選んだ方が、結果として得られるものは多いはずです。


「同じ給料で働くなら、与えられた仕事だけこなせばいい」などと考えてしまうと、仕事のスタンスがずっと受け身になってしまいます。


目先の時給や上司の評価を気にする以前に、プラスアルファの価値を出していくことが大切です。こうした姿勢を自分の中に持ち続けることがキャリアになっていくのだと思います。


—— つまり、どこで働くにせよ、働き方やスタンス次第でキャリアを開いていくことができると。


moto そう思います。就活生や転職者の中には、第一志望の企業の内定をもらえず、入社初日から転職サイトに登録し、目の前の本業をおろそかにする人がいますが、それではキャリアを積み上げることは難しい。


キャリアは大学受験と違って、合格すること(=内定をもらうこと)がゴールではありません。


ビジネスの世界では、企業名ではなく「その会社で、どんな実績を残したか?」がトラックレコードになります。つまり頼るべきは、会社名ではなく自分の経験値なのです。


コロナの影響でリモートワークが進行していますが、働き方の変化はますます加速していくはずです。組織に所属していること自体に価値があるのではなく、そこでなにをやったのかが問われるようになっていく。今のうちから、“自分の成果を語れる人”を目指すべきです。


これからは「どの会社に所属していたか?」というフィルターが、「どの会社で、どんな成果を残してきたか?」という問いに変わっていくはずです。つまり名前の知られていない企業でも、自分の頭で考えて行動し、結果を残してきた人に機会がめぐってくる。


「人に仕事を与える」というパートナーシップ型から、「仕事に人を割り当てる」ジョブ型に世の中がシフトしつつある流れに鑑みても、「自分はなにができる人材なのか?」を追求していくべきでしょう。

Motoさんイメージ5
(Photo : iStock / Jirsak)

その仕事は、ストーリーになるか


—— motoさんが転職を重ねてキャリアを積み上げてきた際も、「なにができる人材なのか」を評価されてきたのでしょうか。


moto きっとそうだと思います。実際、転職の際は、面接で「会社に対してなにを提供できる人材なのか」を必ず伝えるようにしてきました。


ただ単に自分の実績だけを羅列しても意味はないので、相手が求めているであろう実績について、過去の経験から学んだことや、再現する際にどのようなことに気を付けるかなど、事細かに伝えています。


その結果、何ができる人材なのかという解釈にズレがなくなってくる。大切なのは相手の評価テーブルにおいて評価されることなので、「なにができるか?」という点を相手に合わせて自在に表現できるようにしておくことです。


—— 「会社に対して価値を提供できる人材」を目指すうえで、motoさんが大切にしている視点はありますか。


moto 僕はよく、「職務経歴書を書くために働いている」という表現を使います。これは「転職するために働く」ということではなく、「常に会社に対して貢献する意識を持って働く」という意味です。


職務経歴書に書く内容を追い求めるためには、会社を自分の手で成長させる経験が必要です。

motoさんイメージ6
(Photo : GettyImages / Tapanakorn Katvong / EyeEm)

その経験を積むためには、日頃の仕事で「どのように貢献するのか」を考え続ける必要があります。その結果こそが、転職市場で評価される上で大切なポイントだからです。


また、「どのように貢献するのか」を考え続けると、ストーリーが生まれます。もし仕事で失敗しても、挽回しようと試行錯誤した経験が、結果はどうあれ価値になるのです。


なにもアクションを起こすことなく働いていると、ストーリーは生まれません。ただPCの画面と向き合っているだけなら、それは“ワンシーン”にすぎません。


僕がホームセンターから転職して、これまで年収を上げ続けられた理由は、目の前の仕事で成果をつくってきたストーリーがあるからです。そして、それを“自分の言葉”で語り、相手に必要とされる存在で居続けたことが、結果としてキャリアになったのだと思います。


コツコツと努力を積み重ね、成果を上げ続けたストーリーは、たとえそれがホームセンターの店員だったとしても、「見ている人は見ている」ものなのです。


(取材・編集:佐藤留美、構成:小原光史、デザイン:黒田早希)


関連する記事

JobPicksオリジナル記事