【大槻祐依】いま22歳なら、市場性よりも好きなことで起業する

【大槻祐依】いま22歳なら、市場性よりも好きなことで起業する


この記事に登場するロールモデル

さまざまな業界で活躍する先輩たちは、22歳だったらどんなキャリアを選ぶのか——。


連載「いま22歳だったら」では、キャリアのスタートライン=22歳に戻ったとしたら、どんな企業で働き、どんなスキルを習得したいかを聞いていく。

第1回は、SNSマーケティング事業を手がけるFinTのCEO・大槻祐依(おおつき・ゆい)さんが登場。


21歳で学生起業。22歳当時はもちろん、26歳となった今でも、一貫して起業家としてキャリアを歩む大槻さんは、もし今22歳だったら一体どんな仕事を選ぶのか。

「実は、就職活動も精力的に行っていました」と明かす大槻さんに、当時のエピソードを交えて語ってもらった。

FinTのCEO・大槻祐依さん経歴

目次

  • 成功の秘訣は「好き」への執着
  • 起業との出会いは「たまたま」
  • 28歳の自分を想像してみる
  • 「好き」の核を取り出す

成功の秘訣は「好き」への執着



—— 大槻さんは学生時代に会社を創業しています。これまでの経験を踏まえ、もし22歳に戻れるとしたら、どのようなキャリアを選びますか?


まずは、自分が「心から好きだ」と思えることを探して、その「好きなこと」で起業します。


私は昔から、世の中に大きな影響を与える仕事がしたいと思っていたんです。


「起業家」という職業には、多くの人に影響を与えるチャンスがあります。


ですから、ファーストキャリアを考えるタイミングに戻ったとしても、また起業の道を選ぶと思います。


—— 「好きなこと」にこだわるのはなぜですか? 


「好きじゃないこと」で事業を興して、結果を残せなかった苦い経験があるからです。


現在はInstagramの運用を軸にSNSマーケティング事業に取り組んでいますが、起業当初はフィンテック事業を運営していました。21歳の頃です。


若者向けのマネー系メディアと、給与の前払いサービスの事業を立ち上げたのですが、いずれも軌道に乗らず、1年もたたずにクローズしています。


うまくいかなかった理由はいろいろあるのですが、一番大きかったのは、そもそも私自身が「フィンテックに強い興味がなかった」からだと思います。  


「ビジネスチャンスがあるかも」という理由で始めたがゆえに、事業への熱量も維持できず、苦しいタイミングで踏ん張ることができませんでした。 


逆に、ピボット(方針転換)してつくった女性向けメディア「Sucle」は、立ち上げから順調に伸びました。 

【失敗談】いま22歳なら、市場性よりも好きなことで起業する_大槻祐依_02
2017年にオリジナルアカウント「@sucle_」をリリースし、現在は姉妹メディアを含め約65万フォロワーを獲得している。

おかげさまで、現在は約65万フォロワーを有する、国内でも有数の“インスタメディア”に成長しています。


さらに、Sucleの運用で得たノウハウを生かして、企業のSNSマーケティングを支援するBtoB領域の事業もスタートしました。


当時の私に「今後はInstagramが成長するだろう」といった見立てがあったわけではありません。


時流に乗れたのは間違いありませんが、「おしゃれやファッションが好き」という自身のピュアな動機で立ち上げたことが、大きな成功要因だったと思っています。


起業との出会いは「たまたま」

残り3267文字(全文4160文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事