【ランキング】激務かどうかは関係ない?職業別「自立実感」調査

【ランキング】激務かどうかは関係ない?職業別「自立実感」調査

    目次

    やりたい仕事がある。でも、忙しすぎてワークライフバランスが取れなくなるのは嫌だ。



    就職や転職を考える時は、仕事内容だけでなく、激務かどうかも気になるもの。



    同じ職業でも企業によって働き方が異なる上、繁忙期と閑散期の差が激しい仕事もあるが、自立的に生活と両立できるかは「仕事に就く前」に知りたいところだ。



    ただ、これを事前に確かめるのは案外難しい。企業説明会や面接で先輩社員の仕事ぶりを聞く機会はあっても、その場で本当の実態を聞き出すのは困難だからだ。



    そこで、今年4月23日に出版された書籍『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』では、22職種のビジネスパーソンに仕事のリアルを取材。



    その内容と、総勢400人を超えるJobPicksのロールモデル(就労経験のある職業の経験談を投稿してくれたビジネスパーソン)から得たデータを基に、仕事の忙しさと自立実感に相関性があるのかを調べてみた。



    「自立実感」の高い職業ランキング



    ここでいう自立実感とは、JobPicksのロールモデルに「働く時間や場所、仕事のやり方を自分で決められるか?」を尋ね、回答を数値化したものだ。



    1点が「全く決められない」で、5点が「自由に決められる」。JobPicksでは、この1〜5点の間でロールモデル各人が採点した平均値を職業別に開示している。



    中でも自立実感が高い職業をピックアップしたところ、次のような結果となった。

    【ランキング】激務かどうかは関係ない?職業別「自立実感」調査_01

    各職業の回答人数が異なる上、統計学的に有意な数字ではないのを踏まえて見ても、いくつかの傾向を読み取ることができる。



    まず注目したいのは、CEO(最高経営責任者)COO(最高執行責任者)が同率1位となっている点だ。



    経営の仕事は、激務の代表格といっても過言ではない。ヒト・モノ・カネの全てに責任を持ち、起業したばかりのCEOなら土日・祝日も関係なく働くケースが多々ある。



    しかし、これらは企業経営の最終決定権を持つ職業ゆえ、忙しさに反して自立実感は高くなるようだ。



    CEOのロールモデルで、スキルマーケット「ココナラ」などを運営するココナラ代表取締役会長の南章行さんは、次のように語る。



    CEO(最高経営責任者)苦労

    この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

    南 章行
    経験者南 章行
    株式会社ココナラ

    実は、コントロールできる悩みはストレスにはならない

    自分でコントロールできる悩みは、どうであれ自分で決めるだけなので、さほどストレスにはならない。シンプルに悩み、決める。


    ただし、コントロールできないものについては、しんどい思いをすることがある。アンコトローラブルであることがストレスの正体なのだ。


    その中でももっともキツイのが、お金の話と、社員の話。


    投資家がOKと言わなければお金が集まらず、いつ会社が倒産するかわからない状態が続くことがある。自分が作ったプロダクト、その先にいるユ...

    ーザーさん、そして社員の生活。それらが吹っ飛ぶのではないかという状況はキツイ。 また、社員が苦しんでいる瞬間を見るのもキツイ。前向きではない理由で会社を去っていくさまを受け止めるのはとても悲しい気分になる。 特に、他の社員を守るためにネガティブなフィードバックをしなければいけない瞬間は、最もキツイ。




    「コントロールできる悩みはストレスにならない」。この一言が、ランキングの意味を読み解くヒントになる。



    自分の裁量で動かせる事柄が多いか



    これは、仕事の忙しさに関係なく、自立実感を高める見逃せない要素だ。



    例えば、同じ「経営」に携わる仕事でも、自立実感を見るとCEO(4.7)と経営コンサルタント(4.3)には0.4ポイントの差がある。



    CEOが自らの判断で仕事をこなすのに対して、経営コンサルタントは「クライアントの意向で経営支援を行う」点が関係しているだろう。



    経営コンサルタントの仕事もCEOと同じく激務だが、その質が異なるのだ。



    Webマーケター・デジタルマーケターの自立実感が高い理由も、この視点である程度は説明できる。



    そもそもマーケターの仕事は、自社製品のマーケティングを手掛ける「インハウスマーケター」と、広告代理店などで顧客企業のマーケティングをサポートする「支援系マーケター」に大別される。



    回答者にインハウスマーケターの多いWebマーケター・デジタルマーケターは、自立実感が4.7。



    対して、支援系マーケターの一つであるマーケティングディレクター(ロールモデルの回答人数が4人で今回のランキングには未掲載)は、自立実感が4.3だった。



    だからといって、インハウスのWebマーケターが、マーケティングディレクターより「楽な仕事」というわけでは決してない。



    書籍『JobPicks』の取材でも、近年はデジタル化の流れでマーケターの守備範囲が広がっており、社内外に協力を仰ぎながら施策を実現させる機会が増えているという声が多かった。



    ■ インハウスのデジタルマーケターに必要なスキルとマインドセット

    個別のデジタル施策のノウハウよりも、関係者とハードな利害調整を行う粘り強さが問われる。施策によっては自分一人で形にできず、成果を出すにはWebサイトを作るエンジニアやコンテンツを作るライターなどに頭を下げなければならない。

    —— 書籍『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』より



    自分だけ、自部門だけで完結する仕事は少なく、時間の使い方も相手次第で変わってくる。



    それでも支援系のマーケティングディレクターより自立実感が高いのは、立場上、各種施策の最終決定者に近いから(または自分が意思決定者になるから)だろう。



    似たような理由で、同じ「情報発信」を行う仕事でも、Web編集者・雑誌編集者の自立実感が4.4で、仕事の成果がメディア側の判断で変わってしまう広報・PRが4.0となっているのもうなずける。



    仕事と生活のバランスを自立的にコントロールしたいなら、「自分の判断で動かせる事柄の多さ」が仕事選びの重要指標になる。



    将来に役立つ「投資的」仕事選び



    仕事の忙しさと自立実感の相関性を読み解くため、ここまでは「自己判断できる事柄の多い仕事 vs クライアントワーク」の違いに注目してきた。



    しかし、あらゆるクライアントワークが自社内での仕事より大変で、自立実感も低くなると考えるのは早計だ。



    自立実感の高低は、仕事の優劣を表す指標ではないという点にも気をつけたい。



    事実、例えば経営コンサルタントは、クライアントワークを通じてさまざまな経営課題と向き合うことで、次のような将来像を手にできる。

    【ランキング】激務かどうかは関係ない?職業別「自立実感」調査_02
    出典:書籍『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』

    パターン2の「経営のプロ」コースには、CEOやCOOのみならず、他の経営関連職種や事業会社の経営企画事業企画・事業開発なども含まれる。



    JobPicksのロールモデルでは、プロダクトマネージャー商社パーソンUXデザイナーに転身した人もいた。



    どれも、事業運営で直面するさまざまな問題を解決する力が求められる仕事だ。



    コンサルタントとして数多くの案件(プロジェクト)を担当する過程で、その都度学習する習慣を身につけたから対応できるのだと考えられる。これも一つの「自立」だ。



    幅広い案件に携わる機会は、自社の所属部門だけで仕事が完結する職業ではなかなか得られない。



    「どんな経験を、いつまでにしておきたいのか」



    この考えを基に見方を変えれば、コンサルタントを含めクライアントワークの多い(社外の人・案件とかかわる機会の多い)仕事は、学びの機会が豊富にあるともいえる。



    スキルや経験は、自立的なキャリアをつくる上で最も確実な“投資対象”だ。



    これらを得るために、自分が「今使える時間」を有効に投資できる仕事を選ぶという視点も、合わせて持っておきたい。



    自分に合うジョブを選ぶために



    書籍『JobPicks 未来が描ける仕事図鑑』では、ここで取り上げた仕事だけでなく、22の職業について



    • 若手の1日のスケジュール

    • 身につく力や、その後のキャリアパス

    • 似た仕事MAP



    などを掲載している。これらの情報も見比べながら、納得のいく仕事選びをしてほしい。




    文:伊藤健吾、編集:佐藤留美、デザイン:國弘朋佳

    ※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

    関連する記事

    JobPicksオリジナル記事