【要点まとめ】データ分析の「結果」をビジネスに生かすコツ

【要点まとめ】データ分析の「結果」をビジネスに生かすコツ

JobPicks経験談まとめ

「みんなでつくる仕事図鑑」JobPicksは、さまざまな職業のロールモデルが投稿してくれたリアルな経験談を多数掲載している。本連載では、その投稿内容を参考に、仕事や就職・転職の悩みを解消するヒントを探っていく。今回紹介するのは「データ分析」にまつわるtipsだ。


目次

データ分析は「活用」が難しい



データ分析を通じて事業課題や顧客(ユーザー)の欲求を発見する仕事が、重要度を増している。



採用市場ではデータサイエンティストの需要が年々高まり、SEOやSNSマーケティングの施策を考えるWebマーケター・デジタルマーケターにとって分析スキルは新人〜ベテランまで必須になった。



他にも、営業推進事業開発プロダクトマネージャーコンサルタントなどの仕事では、以前からExcel(エクセル)やGoogleスプレッドシートを使ったデータ分析がルーティン業務の一つだった。近年、こうした業務は幅広い職種で求められる。



その背景には、下の記事で説明されるように「ビッグデータそのものも、ビッグデータを分析するツールも、われわれが考えているよりはるかにオープンになっている」という現状がある。





ただし、専門家以外の人もデータ分析ができるようになったからこそ、今求められるのは「分析結果」をビジネスに活用するスキルだ。



単にデータ分析をするだけでは、ビジネスに使える示唆は見いだせない。苦労してデータを集めたにもかかわらず、分析結果を基に事業やサービスを改善するプロセスでつまずくケースも少なくない。



エクセルを使った分析ノウハウがたくさん出回り、AIを搭載する高度な分析ツールも気軽に使える状況下で、データ分析のプロたちは、分析結果を活用するためどんな工夫しているのか。



6人のロールモデルの経験談から、データ分析を成果につなげるコツを読み解く(注:ロールモデルの肩書などは、全て本人が投稿した時点の情報)。



データサイエンティストの下準備に学ぶ

残り1604文字(全文2278文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く
※ この記事に編成されている経験談は、記事作成時の経験談の内容と情報が異なる場合があります。

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

この記事に登場するロールモデル

関連する記事

JobPicksオリジナル記事