【CMO】仕事と子育て、どう両立する? アドビ副社長の答え

【CMO】仕事と子育て、どう両立する? アドビ副社長の答え

世界中に知られる外資系企業の副社長を務めながら、三児の母として家事もこなす。


言葉にするだけでも大変そうな毎日を、パワフルに過ごす女性がいる。Creative Cloudなどクリエイター向けツールを提供するアドビのバイスプレジデントで、マーケティング本部を統括する秋田夏実さんだ。


東京大学の経済学部を卒業した後、三菱銀行を経て、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。帰国後はシティバンク、新生銀行、HSBC、マスターカードの副社長と金融業界でキャリアを築き、46歳でアドビに転職している。


IT業界への転職は初めてだ。それでも、「私はマーケターとして天才ではありませんが、人それぞれに異なる個性をつなぎ合わせるのが得意」と語り、現在は100名以上のメンバーを束ねている。


息をつく間もない多忙な日々を送っているのは想像に難くないが、仕事にも家事育児にもぬかりなく取り組む秋田さんは、日々どのようなスケジュールで動いているのだろうか。


代表的な1日のスケジュールを聞いてみた。

アドビ バイスプレジデント 秋田夏実さん
アドビ バイスプレジデント 秋田夏実さん

目次

早朝と昼のルーティンを重視

秋田夏実さんの1日

秋田さんの1日は、午前3時半に始まる。


起床してメールチェックが済んだら、まずは録画していたテレビ番組をチェックする。マーケターとして世の中で流行しているものを把握するため、ニュース番組や話題のドラマを2倍速で観るのだという。


朝5時には朝食を作りながら軽くストレッチをした後、ニュース番組を聴きながら30分間のランニングに出かける。


「アメリカの多くのビジネスパーソンたちは、皆さん早朝に起きてまず運動をしています。ジムに行きランニングをしながら、仕事の資料に目を通すのです。そのような働き方を間近で見てきたので、自然と身に付きました」

秋田夏実さん ランニング
(Photo:iStock / LeszekCzerwonka)

時差の関係で米国本社との会議が入るため、秋田さんの仕事は7時には始まる。10時までの3時間、マーケティング戦略や広報戦略について2〜3本のオンラインミーティングをするそうだ。


10時から12時も会議が続くが、こちらは日本チームのメンバーとの1on1。他部署のリーダーと情報を共有し、次のアクションを決めるためのものだ。


「本社のメンバーは、地理的にも文化的にも距離があるので、会議での伝え方には気を付けています。日本人相手だと空気感で伝わることも、彼らにはコンテクストも含めてロジカルに伝えなくてはいけない。


すれ違いが起きた分時間を消耗するので、相手に納得してもらうために最適な伝え方をよく考えるようになりました」


怒涛の会議ラッシュが過ぎ去った頃には、正午を回っている。


忙しい日は昼食を抜くこともあるが、基本的には12時〜13時の間は家事をするために空けるようにしている。


子供が習い事に行くための準備をしたり、スーパーのオンラインショップで食材を注文したりと、細かい作業をこの1時間で済ますそうだ。


「週2〜3回、信頼できる方に家事代行をお願いすることもありますが、気分転換としてのこの時間を大切にしています。例えば、あらかじめ野菜を切ってもらっておいて、最後の仕上げは自分でやるといったケースが多いです。最近は在宅ワークが中心なので、家事をできる時間がとれるのはありがたいですね」

秋田夏実さん 料理
(Photo:iStock / kumikomini)

秋田さんいわく、家事をしている間は唯一脳が休まる「くつろぎの時間」。オンタイムは多忙を極めることもあり、起床後とお昼、夕方の数時間は意識的に頭を切り替えるそうだ。


日中は徹底した「議論の時間」

残り2459文字(全文3432文字)

この記事は会員限定です。

1分で完了無料会員登録
NewsPicksの会員IDをお持ちの方はこちら
(ログインして続きを読む)

JobPicksに登録する3つのメリット

  • JobPicks記事が
    すべて読み放題
  • ロールモデルが
    投稿した経験談が
    読める
  • 職業研究に役立つ
    メルマガが届く

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

関連する記事

JobPicksオリジナル記事