ログイン

【CEO】東大卒の研究者が農園の右腕に。20代「やりがい迷子」の抜け出し方

  • CEO(最高経営責任者)

2000年の約380万人から、2017年には約181万人に(農林水産省調べ)——。


農業従事者の減少が危ぶまれ始めて早数年。一時期、数々の民間企業が農業界に参入する「農業ブーム」が巻き起こったが、現在も国内農業市場は縮小の一途を辿っている。


そんな農業界に変革を起こすべく、「守りながら、変えていく」を合言葉に、農家の右腕として経営改善に勤しんでいるのが佐川友彦さんだ。

ファームサイド株式会社 代表取締役 佐川友彦
ファームサイドの代表取締役・佐川友彦さん

佐川さんのファーストキャリアは、外資化学メーカー、デュポンの研究職から始まる。その後創業期のメルカリや、1年間の空白期間を経て、辿り着いたのは個人経営の農家「阿部梨園」。現場の声に寄り添いながら、日々の経営改善の積み重ねを通して着実に業績を向上させていった。


驚くべきは、苦労を重ねて得た「阿部梨園」の経営改善事例を無料で公開しているWebサイト『阿部梨園の知恵袋』。目先の利益ではなく、農業界全体の未来を本気で考えている姿勢が伝わってくる。


現在は、「阿部梨園」で得た知見を活かし、ファームサイド株式会社の代表として、農業界全体の経営改善に注力。今年の9月には『東大卒、農家の右腕になる。』も上梓した。


一見、華麗なる転身に思えるが、当の本人は「そんなに綺麗な話でもないんです」と語る。ファーストキャリアでは心の病で挫折を経験し、その後1年間、無職の期間もあった。


これらの“潜伏期間”をどのように乗り越え、今の仕事に辿り着いたのか、赤裸々に語ってもらった。


好きじゃない仕事を選んだ末路

佐川友彦さんのキャリア曲線
波線が左側にある時期は専門性を「広げる」経験を、右側にある時期は「深める」経験をしている

佐川さんのキャリア選択の出発地点は、小学3年生の頃に遡る。当時、図書館で借りた本を通して、“地球には寿命がある”ことを知り、子供ながら地球で起こっている環境破壊に対して危機感を抱いたそうだ。


幼い頃に抱いた課題感は、キャリア選択の重要な節目となる大学進学にも強い影響を与えた。東京大学に現役合格すると、農学部でバイオマスエネルギーの研究に熱を注ぐ。


大学院修士1年の夏に迎えた就職活動では、シンクタンクから公務員まで幅広い業界を見て、最終的には外資系化学メーカーのデュポンに入社した。


デュポンでは事業部には属さず、社長室直下の先端技術研究所に所属。先端技術研究所はメンバーが10名程度しかいない、いわば先鋭部隊。佐川さんは、国内の名だたる企業が集まるコンソーシアムにも参加していた、期待のルーキーだった。


「私がかかわっていたのは、太陽光発電パネルに関連する事業です。経産省下の研究機関と、100社以上の民間企業を巻き込んだ大規模なプロジェクトに参加していました。若手社員が担当するケースは稀有であり、大きなやりがいを感じていました」

デュポン時代の佐川さん
デュポン時代の佐川さん

しかし、順風満帆に思えた佐川さんの社会人生活は、研究開発特有のプレッシャーに蝕まれていく。


「研究はそもそも成功率が数%以下の世界です。『成果を出さなくてはいけない』というプレッシャーが、常につきまとっていました。しかし、結果が求められるビジネスの世界ではそうも言ってられません。


ただ、やはり自分には難しい挑戦でした。悪戦苦闘していましたが、『重圧に耐えながら続けられるほど、研究を好きになれない』ことに気付いてしまったのです」


研究職として働いている人の中には、研究そのものを目的としている人もいる。しかし、佐川さんにとっては、研究はあくまでも環境問題を解決するための手段でしかなかった。


自分のやりたいことを見失った佐川さんは、鬱状態となってしまい、4年間勤めたデュポンを後にする。


“ゼロ”の先には裸の自分がいた


デュポンを退職した佐川さんがセカンドキャリアに選んだのは、創業期のメルカリだった。偶然、以前から目にしていた山田社長(山田 進太郎氏)のブログを通し、メルカリで社員を募集しているとの告知を見かける。


フリマアプリを通してサステナビリティに貢献し、ベンチャー企業のビジネスや働き方を学びたいと考え、求人に応募した。


メルカリでは、当時人手不足だったカスタマーサポートに従事しながら、スタートアップのスピード感やIT業界のビジネス設計を体感した。しかし、当時は体調が完全に整っておらず、入社後数カ月で、次のプランもないまま2度目の退職を余儀なくされる。


「一人前に働くこともままならず、小さい頃から育ててきた自分という株券が、突然上場廃止になった感覚でした。プライドがへし折られ、価値がゼロになったと感じたんです。


でも、一度ゼロになり、今までつけていたレッテルが剥がれ落ちると、失うものが何もなくなります。気付けば『周囲から頭が良いと思われたい』だとか、『成功していると思われたい』だとか、そんな承認欲求が失くなっていました」

自身の「モラトリアム」期間を語る佐川さん
自身の「モラトリアム」期間を語る佐川さん

鬱状態から脱するためには、自分のコンディションを優先することが必要不可欠だ。現状と向き合い、当面は休養に専念することを決めたが、その一方で何かアクションを起こさなくてはという焦りもあった。


「会計や経営、Web制作の知識にライティングスキルなど、とにかくあらゆることを勉強して知識を増やしました。何か一つでも武器を増やしておけば、次にやりたいことが見つかった時に役に立つはずだと考えたからです。


この時の勉強が、後の阿部梨園での経営改善に大いに役立ったわけですが、当時は常にインプットをすることで自分を安心させていた側面もあったと思います」


事業や経営の知識を深めるうちに、経営戦略やビジネスモデルの重要性を骨身に染みて実感する。座学だけでは飽き足らず、次第に実践に移りたい気持ちが芽生えていった。


「勉強」は、裏切らない


メルカリを退職し、一度キャリアをリセットした佐川さんは、丸裸になった自分に「何をやりたいのか」を問い直した。


その結果、小さい頃から一貫して志望してきた環境問題やサスティナビリティに直接かかわる仕事とは、一旦距離を置くことを選んだ。


「環境問題やサステナビリティをテーマに利益創出することは、簡単なことではありません。まだ体調も万全ではありませんでしたし、病み上がりに背伸びをするより、妻をはじめとする目の前の人を、きちんと幸せにできる仕事を見つけようと思いました」


そう思い直した時、頭をよぎったのが「ローカルビジネス」だった。


以前住んでいた栃木県宇都宮市に戻り、地元の事業者と提携しているNPO法人を訪ねたところ、阿部梨園でのインターンシップを紹介される。

阿部梨園でのワンカット
阿部梨園でのワンカット

農学部出身だったことや、農家や農村風景を守っていくことも間接的にサスティナビリティにつながると考えたことから、インターンシップへの参加を決意した。


当時の阿部梨園は、生産している梨の品質は申し分なく、顧客も増えているにもかかわらず、事業拡大ができていない状態だった。佐川さんの使命は、そんな阿部梨園の経営を改善し、次のステップへ導くことだ。


「阿部梨園が事業拡大できていなかった一番の理由は、雇用や経営といったマネジメントの部分が疎かになっていることでした。その結果、スタッフも定着せず、せっかく教え込んだ技術や知識が逐一リセットされていたのです」


そこで、園主の阿部に「4カ月間で100件の経営改善」を提案し、週2〜3回梨園に足を運んで業務改善に勤しむ日々が始まった。


「当時の阿部梨園には、とにかく予算がなかったので、私物で使えるものは何でも持ち込みました。自分のパソコンやデスクをヤフオクで落札したり、もともと外注していた専門的な仕事を私が巻き取ることで、コストを抑えていました」


メルカリ退職後のモラトリアム期間に得た学びが、この時初めて実を結んだのである。


インターンシップ終了予定だった4カ月目には、100件には届かなかったものの71件の経営改善を達成した。この頃には経営改善の効果とポテンシャルを強く実感し、何より阿部氏が梨にかける熱い想いに感化され、自ら正社員として働くことを申し出たという。


経営改善は、パズルに似ている


佐川さんが阿部梨園に来てから最初に行った作業は、倉庫や作業場の掃除だったという。


まだ体制が整っていなかった組織の経営を一から立て直すため、どのような手順を踏んだのだろうか。

阿部梨園時代の写真
阿部梨園でインターンをしていた時の佐川さん

「経営の立て直しに必要な事業計画書や決算書といった書類すら使える状態ではありませんでした。そこで、まずは現場に入り込むことで経営に必要な情報を得たり、阿部がやりたいことを言語化していったりすることから始めました」


日々の業務の中で行う小さな改善が、積み重なると大きな業績向上につながる。


「例えばスタッフ全員に毎日の作業記録を残してもらい、作業にかかる時間と成果を数字で管理しました。作業時間を1分でも短くするような改善の積み重ねで、結果的に2〜3割も生産性が上がったこともあります」


佐川さんによる経営改善を受けて、今までスタッフが「わざわざ言うまでもない」と思っていた、小さな、しかし貴重な本音を打ち明けてくれるようになったのだという。


また、顧客の声を拾うことにも余念がなく、要望に応じてオンラインショップの新設や販売促進のテコ入れも行った。


「阿部梨園での経営改善は、何となく自分の中に芽生え始めていた“やりたいこと”と噛み合っているのを感じました。業務の最適化、合理化を行う時特有の、パズルのピースをはめるような感覚や、小さな目標を1つずつ達成する過程。何より現場の人と力を合わせながら、何かをつくり上げていくことに、大きなやりがいを感じたのです」


クラウドファンディングにも成功


阿部梨園に勤め始めて3年半が経過した頃には、500件の経営改善を遂げ、直売所の梨を完売するなど、個人経営の梨園としては最高レベルと言えるほどの業績アップを達成した。


次第に噂を聞きつけた周辺の農家からも、経営に関する相談が寄せられるようになったという。


話を聞くとどの農家も似たような悩みを抱えており、しかも多くの相談者が「阿部梨園で行ったことをそのまま実行したい」と、明確な“答え”を求めていた。


その上、経営に詳しい外部の専門家を呼べるほど予算に余裕がある農家はそう多くない。そこで、阿部梨園での改善事例を公開し、必要としている人が自分たちで調べて実践できる情報源をつくろうと考えた。


こうして誕生したのが、クラウドファンディングによってつくられたWebサイト『阿部梨園の知恵袋』である。


「3年半農業の世界に身を置いた結果、この先農業が生き残るためには、業界全体として経営改善への意識を高めていくべきだと感じていて。一気に数百件の改善事例を公開することでインパクトを与え、多くの方に認知してもらいたいと考えました。


クラウドファンディングなら、うまくいけば業界内外から注目を集めることができますし、支援金で制作作業にあたる間の私の給与も確保できると考えたのです」


佐川さんの目論見は外れることなく、結果的に5週間で450万円の調達に成功する。支援者330人と、阿部梨園のスタッフの期待を背負い、2カ月間で100本の記事を作成するデスマーチが始まった。


「『阿部梨園の知恵袋』は、いわば阿部梨園の経営をガラス張りにする行為です。いち農家で行っていた経営改善としては問題がなくても、専門家が見れば不足もあるでしょうから、内心公開後の反応が怖い気持ちもありました。


それでも後には退けず、臆す時間的余裕もなく、ストップウォッチで1記事1時間の制限時間を設けながら必死で書き上げました。いざ公開してみると予想以上に好意的な反応をいただけたので、ホッとしましたね」


1度の失敗で、ゼロにはならない


『阿部梨園の知恵袋』に寄せられた反響に動かされた佐川さんは、多くの農家の経営課題の解決に貢献し、農業全体へ貢献したいと考えるようになった。

夢を「軌道修正」するのは決して悪いことではないと話す佐川さん
夢を「軌道修正」するのは悪いことではないと力説する佐川さん

「インターネット上で情報を公開しているだけだと特定の層にしか届けることができませんし、情報をもとに実際に行動に移せる方も限られています。


阿部梨園での経営改善はやり切った感覚があり、クラウドファンディングを始める以前からフルタイム勤務ではなくなることになっていました。


タイミング的にもちょうどよかったので、2019年に個人事業として農家の経営改善コンサルタントとして独立しました」


今年1月には、ファームサイドとして法人化。現在は、阿部梨園で得た経営改善のノウハウを共有するために講演活動を行っているほか、農家の経営改善サポートと、農業従事者に対してサービスを提供している企業へのコンサルティングも行っている。


経営視点を持ちながら、現場の声をたえず聞いてきた佐川さんだからこそできる仲介役である。


今年9月には『東大卒、農家の右腕になる』を上梓し、自身のキャリアと阿部梨園で得た経営改善のノウハウを惜しみなく披露。紆余曲折を経て「農家の右腕」となった佐川さんだが、一方で、「今思えばあのままデュポンで働き続ける選択肢もあった」と語る。


「あの時のプレッシャーに負けず、数年耐え続けていたら、別の未来もあったかもしれません。たった1つの挫折や失敗で、自分の価値がゼロになることはないはずなのに、入社して経験も浅いうちに見切りをつけてしまうのは勿体なかったかもしれないとも思っています」


さらに挫折経験を味わった頃の自分と現在を比較して、こう続けた。


「今になって振り返ると、デュポンで働いていた頃は大義名分にこだわりすぎていたのだと思います。まずは家族や一緒に働く仲間など、目の前にいる人を幸せにできる仕事を選ぶべきでした。目の前の人を幸せにすることができれば、それと同じ手法でもっと多くの人を幸せにできますし、新たな挑戦をしにいけますから。


とはいえ、人は走り続けていると、案外目の前の幸せに気付けないものです。私の場合は、体調不良の期間があったからこそ、自分にとって何が大切なのかを見つめ直すことができましたし、あらゆる分野の勉強をつまみ食いしたことで、自分の可能性を広げることができました。


あの時の自分のおかげで、いざというときにチャンスを掴むことができ、今やりがいや幸せを感じながら働けていることは確かです」


読者の中には、「企業に入ること」が目的となっている学生や、そのまま入社してやりがいを見失っている若手社員がいるかもしれない。


佐川さんのように一度立ち止まることは難しくても、まずは目の前の人を幸せにできる、目の前の仕事に熱を注いでみるのも一手ではないだろうか。


(取材・文:倉益璃子、編集:佐藤留美、伊藤健吾、デザイン:小鈴キリカ、撮影:遠藤素子)

この記事に関連する職業

経験談・年収・キャリアパス・将来性などのデータ・ロールモデルをこちらでご覧いただけます

このページを共有

関連する記事