ログイン

経営企画の経験談を読む
『先輩のアドバイス』

経営企画先輩のアドバイス

同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

  • 辻 貴之
    現職者辻 貴之
    経験: 6年
    株式会社フジテレビジョン

    経営を企画するということ

    経営企画職の役割は、経営者・社員・顧客の思いの交わり=交差点を最大化することであると考えています。


    経営者の仕事は意思決定です。

    何を決めるかと言うと、目指すビジョン、そこに至るための戦略、その遂行のための資源配分です。社員には、意向や意欲があります。そして顧客は、会社が提供する財・サービスによって、それに関わる前と後で変化を感じ、それに対して対価を支払ってくださいます(それがお金だけないことがポイントです)。


    経営者の考えと社員の...


  • 青木 想
    経験者青木 想
    経験: 9年
    株式会社Loveable

    数字に意志を込め、細部にまでこだわることがプロの仕事

    「神は細部に宿る」という言葉と、「数字に意志を込める」という言葉です。

    経営企画という仕事は、とにかくExcelと向き合う、ザ・スタッフ職です。目立たないですし、数値を扱うのでミスは許されないですし、ミスした時には経営判断にも影響するため非常に緊張感の高い仕事です。売上を生み出さないコストセンターにも関わらず、ミスができない仕事で、売上の根幹を担う仕事でもあるため、いかに効率よく丁寧に仕事をするか、が求められます。その中で「神は細部に宿...


  • 守屋 智紀
    現職者守屋 智紀
    経験: 2年
    株式会社エクサウィザーズ

    取りまとめ屋でなくてコントローラーとなる

    全社の事業状況をヒアリング・集めてホッチキスすることは付加価値は低い。


    各部門について、そのトップの性格や現場の状況もしっかり掴んだうえで、事業の余裕・リスクを把握し、早期から介入することで全社の業績をコントロールすることが重要。

    また、COVID-19のように、外部リスクなども含めて事業環境にアンテナを張り、何か発生した際にはすぐに全社へのインパクトを確認、コストコントロール、キャッシュ確保など必要なアクションを迅速に行うことが必要...


  • 柘原 俊
    現職者柘原 俊
    経験: 3年
    株式会社ユーザベース

    人と組織を動かすには。

    経営企画という職種は、その職種の特性上、経営陣や事業部といった社内情報や競合などの外部情報など、社内外の情報を幅広く収集し、それを循環させて人と組織を動かしていくことが一つの役割だと教わりました。

    ただ、その情報を循環させる際に、伝書鳩のように伝達するのでは人も組織も動きません。人と組織を動かすときには、自分の意志が込められた自分の言葉として伝える必要があり、何事においても自分事として捉え、自分の言葉として発する重要性を教わりました。


  • 上田 晃弘
    現職者上田 晃弘
    経験: 15年
    株式会社乃村工藝社

    自責と主体性

    自責と主体性です。成長するために、重要な要素と認識しております。


    ①自責

     失敗などをして物事を振り返る際に、矢印をどこに向けるか。矢印を外(他責)にしてしまうと成長はありません。上司の指示が悪い、プロジェクトメンバーが理解してくれない、経営が決めてくれないなど。そうすると自分以外の人が失敗の要因となり、行動を変えることができないため、同じ過ちを繰り返してしまいます。そうではなく、まずは矢印を自分に向けること。そうすることによって、自...


  • 安藤 桂介
    現職者安藤 桂介
    経験: 8年
    合同会社DMM.com

    実施すべき施策がいっぱい思いつくというのは迷いでしかない。1個か2個の本当の変革をもたらすものを愚直にやり切ることが重要。

    これは子会社のPMI(MA後の統合プロセス)と全社的な業務改善に携わっていた時に先輩社員からもらったアドバイス。


    当時、買収後のPMIの担当として、役員を含む社内キーマンを巻き込みながら多くのプロジェクトや業務を回していて、重要な仕事をやっている感はあったものの、思うような結果を出せずに苦戦していた。


    そんな中、先輩社員にこのアドバイスをもらった。いわく、いくつも施策を同時に推し進めても優先順位が付けづらくなり、全員のリソースや意識...


  • 古川 浩司
    現職者古川 浩司
    経験: 1年
    株式会社ニューズピックス

    事業部に寄り添う形の経営企画でいてほしい

    現職では、事業部側でビジネスを推進する力が強いのですが、時折想定されるリスクを十分に織り込んでいないと感じることや、もう少し慎重な意思決定をしたほうがいいのではと感じることもありました。


    その際当時の自分としては会社としてのリスクについてよりアンテナが立ち、事業部側に対して、やや管理役としての意見が強く、事業部の気持ちに寄り添い、どうすれば事業部のやりたいことを支援できるか?という視点が不足していたと思います。


    その際当時の上長に冒...


  • Kohei Tsuji
    現職者Kohei Tsuji
    経験: 1年
    株式会社ニューズピックス

    伴走して進めていく

    アイデアをどうやったら実現できるか?を一緒に考え、進めていくことです。

    社内の各部・メンバーから提案された想いのこもった要望・アイデア・施策が、全社の方針と折り合いがつかなかったり、現在の社内リソースでは実現できないものである時に、

    トップダウンで、方針とリソースの制約に従って諦めたり方針転換してもらうのではなく、

    どうすればそのアイデアを実現できるか?を一緒に考えるようにしています。

    前職のコンサルティングでは、クライアント企業は大規...


職業Top に戻る