ログイン

ベンチャーキャピタリストの経験談やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • 片岡 芳明
    現職者片岡 芳明
    経験: 2年
    株式会社サイバーエージェント・キャピタル

    起業家と共に0→1に向き合う🤝

    サイバーエージェント・キャピタルでは創業期のいわゆるシード期のスタートアップに投資をさせて頂いています。

    そのような企業の初期フェーズにおいて、特に、ゼロからイチを生み出す瞬間に立ち会えたときの嬉しさやワクワク感は格別です。


    また、単純に自分がワクワクするだけでなく、ビジネスを通じて社会に新しい価値を産み出そうとしている行為それ自体が、世界の誰かが感じている不便や不都合を解消することにつながっていると思っています。


    例えば、支援先企...

    業の一つで英会話×エンタメという軸で世界中の英語学習者に対して、楽しくより長続きする「Fondi」という英語学習アプリを提供している企業があります。 外国語学習という文脈において、この1年はコロナ禍によって夢だった留学を諦めざるを得なかった学生の方も少なくなくありませんでした。そんな学生の方々の根深いペインを何とか解決できないかと、アプリ内での「バーチャル留学」という新規事業を着想し、議論の末、実際に数ヶ月でその機能を提供することができました。学生の方からすると実際に留学するよりも圧倒的に安い価格で疑似留学体験ができ、この企業のビジネス的にもメリットがあるような、Win-Winのサービス提供をスピード感を持って行うことができたという事例があります。 より良い社会づくりへの貢献を通じ、社会にインパクトを残せる可能性があることもこの仕事の大きな醍醐味だと思っています。


  • 早嶋 諒
    現職者早嶋 諒
    経験: 2年
    Scrum Ventures

    投資先のプロダクトの利用を実際に見て、ユーザーの役に立っている瞬間を見るのは、まるで自分ごとのように嬉しい

    自分が担当している企業のサービス・プロダクトが実際に利用され・顧客の役に立っているのを見た瞬間は”快感”を覚えます。

    特にB2Cのサービスは普段の生活の中も投資先が利用されている瞬間を見ることができますが、自分事のように嬉しいですね。個人的には、コンサルタントのときよりも「自分事感」がより一歩進んだ感覚があります。


    また、私はシード・アーリーステージの投資がメインのため、Exitは自分の担当先ではまだ経験できていませんが、一つのマイル...

    ストンとして、今後投資先のIPOなどを見届けることはやはりすごく楽しみにしています。


職業Top に戻る