ログイン

グラフィックデザイナーの経験談苦労

この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

  • 松嶋 こよみ
    現職者松嶋 こよみ
    経験: 1年
    株式会社ニューズピックス

    意外に体力が必要

    【コミュニケーションが難しい案件】

    デザインに至るまでのコミュニケーションも仕事の一環ですが、そこに気力を割かなければいけない時は「早く本題に集中したいな」と感じます。

    特にグラフィックデザイナーの職能があまり理解されていない時は、「とりあえず他の案が見たい」「すぐに修正できるだろう」と、軽い感覚で依頼されることがあります。そんな時はどなたかのインタビューで読んだ「『家を建てるときに、実際に住んでみないとわからないからとりあえず建ててみ...

    て』とは言わないのと同じで、グラフィックデザインも作るまでの過程でしっかり想像力をはたらかせ、摺り合わせた上で手を動かすべきだ」という言葉を引用しながら、コミュニケーションをとることもあります。 【肩こり・目の疲れ・RSI(腱鞘炎のようなもの)】 1日中PCを使っているので、肩こりや目の疲れは常に感じています。忙しくなると腕がしびれたり痛くなって集中できず、思うように仕事が進まない時があるのが辛いです。正しい姿勢と適度な運動、ブルーライトカットの眼鏡などあらゆる対策をしています。 【寝不足になりがち】 案件にもよりますが、仕事が深夜まで及ぶこともあります。文字と文字との感覚や色味など、最後の調整はギリギリまで粘るので、入稿が終わると消耗した体力・気力回復までにしばらく時間がかかります。


  • 國弘 朋佳
    現職者國弘 朋佳
    経験: 13年
    NewsPicks

    ただただ、つらい

    生みの苦しみというか、アイデアが思いつかない、思ったものが作れない、作っても作っても終わりが見えない、頭の中にはあるのにどう組み立てたらいいのか謎。みたいな瞬間がわりとしょっちゅうやってくるので(私は)、そういうときは本当につらいし、ただただしんどいです。


    しんどいから作業を一旦止めたりして、再びとりかかるときに「なんでさっき止めたんだろ」って思う瞬間もしんどい。自分からストレスを受け続ける感じです。


  • 九喜 洋介
    現職者九喜 洋介
    経験: 4年
    株式会社ニューズピックス

    すべてのしわ寄せを受け止める

    グラフィックデザイナーを翻訳家に例えたとおり、我々の仕事は、原作とな...

    残り443文字(全文477文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら

職業Top に戻る