CMO(最高マーケティング責任者)の経験談志望動機

この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

  • 田井中 友裕
    現職者田井中 友裕
    経験: 2年
    株式会社BuddyCompass

    少しでも明日を楽しみに生きる人を増やすために

    BuddyCompassという会社で今の仕事をした理由は、NTTコムウェア時代の経験談に書いている内容がきっかけです。

    重複する部分もありますが、鬱の症状が出ていたある朝、トイレで嘔吐していたら、急に意識を失いました。大切な仕事の日だったのですが、鬱の症状も相まって取り乱した僕は、母親と親友2人にだけ連絡を入れて自転車で逃亡しました。

    そこで追いかけてくれた親友2人と話し合った結果、このように自分を失いそうになる手前で苦しんでいる人が未...

    来に希望を持てるようなサービスをつくりたい、そして自分たちも生きがいを持ちたい、そんな希望を持ちました。 そこから1年間、起業するためのアイデアを出し合いました。僕にとってはそれ自体がある意味、世間からの逃げ道で気持ち的にはかなり回復していきました。しかし、起業はかなり遠い道のりで、アイデアを出す以上に何をすればいいのか全く検討つかない状況でした。 そこでメンバーの一人だった髙石が、起業するための知識や人脈をつくるためにリクルートに転職し大阪に引っ越しました。また、ワンピースをモチーフに、成果を残して2年後に起業しようと約束しました。 そこから僕もトレンドになっていて、なおかつ自分の好きだったSNSを武器にしようと考え、ベンチャーのインフルエンサー事務所に転職しました。 そうして約束の日から約2年、高石はリクルート(当時はリクルートマーケティングパートナーズ)でMVPを受賞して東京に帰ってきて、起業しました。 いざ起業するにあたって、僕たちは当社話していたような苦しみを抱えている人を救うための心の拠り所になる場所をつくろうと考えました。 しかし、起業したばかりの僕たちには資本もなく、経験も少ない。そこで、ブランディングやSNSプロモーションで培ってきた経験を使って、そのような思想と場を持つ方々の支援をして、世の中に拠り所をつくる仲間をつくることに決定し、今の仕事に至ります。


  • 田中 安人
    現職者田中 安人
    経験: 7年
    株式会社吉野家

    事業における全てを追求した先がCMOでした。

    私は企業活動の中でHR、経営戦略、海外戦略、販売戦略、スポーツマーケティング、ベンチャー企業支援、アドバタイジング・エージェンシー/パートナー等幅広い経験から多く事を学びました。その現場での体験は市場、お客様、現場の課題、社会課題を解決するために”全ての垣根を超えて対処をする。”事を心がけてきました。又、既成概念に囚われず未来思考からVision Drivenで課題を解決する為の構造改革、商品開発、サービス開発を実践した結果、業界の深い...

    構造を理解する経験に恵まれて、業界の構造を理解できた結果、業界の課題も浮き彫りになり、未来思考で構造を再構築する事が多くなりました。その結果マーケッターとしてのスタイルが構築されて今のCMOに繋がりました。ですので、今の環境を最大に活用して社会に少しでも多くの還元ができる仕事の積み上げが現在を構成しています。