ログイン

インフラエンジニアの経験談苦労

この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

  • 小倉 勇人
    現職者小倉 勇人
    経験: 2年
    株式会社アトラエ

    自分がなんとかしないといけない場面が多い

    自分がなんとかしないといけない場面はやはり多いと思います。これは業務が属人的であるといいたいわけではなく、業務の性質上、また構造上仕方のないことだと思っています。


    例えばインシデントが起きた場合、原因がプログラムにあったとしても表面的にはサービスが落ちたことになるので問題切り分けのために確実にアサインされます。というか自分で検知して他メンバーをアサインします。


    またサーバーやパブリッククラウドの設定次第では悪意を持つものからの攻撃や...

    侵入を許してしまうため、疑わしい事象があればなんとかする必要があります。 そしてそれらが、いついかなる時も発生する可能性があります。気持ち的には 24h365d 稼働で気が抜けません(どの職種であってもそうだと思いますが)。 さじは投げられず小手先でなんとかなる類のものではなく、最後の砦の意識を持つことが必要だと思っています。


  • 篠隈 仁志
    現職者篠隈 仁志
    経験: 1年
    株式会社アトラエ

    運用しているサービスがダウンしたとき

    インフラエンジニア、中でも運用まで担当する場合の話です。


    現場で運用をしていると、どんなに気をつけていても稀にサービスに障害が発生するということが起こります。


    自分がユーザーとして使っているアプリやゲームがダウンしている、快適に利用できないといった経験、1度はしたことがあるんじゃないかなと思いますが、まさにその瞬間、その裏ではインフラエンジニアを中心にどうにか復旧させようという対応が行われていたりします。


    そういった障害ですが、き...

    っちり平日の9時 ~ 18時の間にだけ起こる、なんてことは当然ないので、深夜だろうが休日だろうが起こる時は起こります。 そうなった瞬間に業務スタート、そして如何に早く復旧させられるかの勝負になります。 そもそもその状態にならないことがベストなので、ハナからこの勝負に"勝利"は無く、とにかく如何に負けの影響を小さくできるか、という時間になりますし、事業的なダメージが大きいのもヒシヒシと感じますし、打ち手を間違うと更に悪化することもあります。 極めて精神的にプレッシャーが掛かっている状態にも関わらず、冷静に正確な判断を、かつ最速で出すことが求められる、という難易度の高い状況です。 その上勝利することもないので、とても大変な時間となります。


  • 戸ノ崎 学
    現職者戸ノ崎 学
    経験: 4年
    トヨタ自動車株式会社

    システム停止

    インフラは機械であり故障します。クラウドのPaaS、SaaSです。ネ...

    残り228文字(全文262文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら


職業Top に戻る