ログイン

インフラエンジニアの経験談やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • 小倉 勇人
    現職者小倉 勇人
    経験: 2年
    株式会社アトラエ

    社内外に対して価値を提供できる仕事

    やりがいを感じる瞬間は捉え方次第でたくさんあります。インフラエンジニアの仕事はググってもらえるとわかりますが多岐にわたります。わかりやすくプロダクトを提供するためにサーバー環境を整えることはもちろん、社内エンジニアが生産的に活動するための環境を構築することも仕事の1つです(少なくとも弊社ではそうです)。サービスが止まらないようにすること、生産的な環境を作ること等、自分の業務で他の人の命運が決まるがゆえに、責任感の強い人ほどやりがいを感じ...

    るのではないでしょうか。 私が関わる wevox というサービスは AWS や GCP 等のクラウド技術を使います。Amazon や Google が注力するサービスだからこそ機能のアップデートが頻繁に行われます。豊かな技術に飽きることなく日々触れることは技術者として楽しいと思うことの1つかもしれません。 また会社によっては社内ネットワークを構築・整備して、エンジニアだけでなく社内のメンバー全員が働ける環境を作りますし、監視した上でチューニングすることでコストを抑えた上でパフォーマンス高く働く環境を実現できます。 ハードからソフトまで幅広く触れることが出来る上に、それらの栄枯盛衰も激しく、また自分の業務が社内外の人に価値としてわかりやすく届けることが出来ます。もちろんお客様までの距離は遠いですが、こうして考えてみるととてもやりがいのある仕事だと思います。


  • 戸ノ崎 学
    現職者戸ノ崎 学
    経験: 3年
    トヨタ自動車株式会社

    サポーターリーダー

    クラウドネイティブになると、インフラエンジニアはクラウドソリューションアーキテクト。セキュリティや高可用なアーキテクチャの策定、運用保守設計、リスクアセスメントまで多岐にわたります。


    クラウドシステムデザインに精通して、技術検証を重ねる。新たな発見を正直に吟味し、自社の組織力で 使いこなせるか、活動のベクトルは斜め上方向かを見極める。ミドルウェアやフレームワークの将来性を預言する。それを分かり易く、時に厳しく アプリケーションエンジニ...

    アに伝え、あらゆる方面からの助言依頼に 素早く応える。時には プロトタイプを作って支える。 責任は感じますが、システムの全体像に自分の意思を注入し、未来の生産性を作り上げる仕事は大変誇りであり、成長の連続であり、仲間の支えの実感が持てます。


  • 篠隈 仁志
    現職者篠隈 仁志
    経験: 1年
    株式会社アトラエ

    プロダクトに関わる全ての人の想いと社会とを自分が繋げている実感

    どんなに素晴らしい体験ができるプロダクトも、美しいデザインも、最先端のデータサイエンスを駆使した機能も、インフラ無くして世の中に届くことはありません。


    素晴らしい企画をする人がいて、それを実装し形にするエンジニアがいて…

    そんな人達の全ての想いを最前線で背負って社会に届け、価値を生む砦となるのがイ...

    残り113文字(全文263文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら