ログイン

プロダクトマネージャーの経験談苦労

この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

  • Penpen Kanako
    現職者Penpen Kanako
    経験: 10年
    株式会社ココナラ

    正解のないことで大きな決断をする時

    ↓こういう状況が重なると、眠れなくなります


    ●自分の責任で最終決断をする状況

    ●大きな開発方針を決定する局面

    ●正解がない。決断したことを正解にしてやる、という意思と覚悟が必要な局面

    ●今、私が決めないとメンバーも不安になる、決断のデットまで猶予がない

    ●ステークホルダーがあらゆる意見を言ってきており、それを飲み込んだ上で(従う、従わないも含めて)方針を決める必要がある

    ●事業の成功がかかったリリース


    割と出くわす状況ですが、、、。...


  • 石垣 雅人
    経験者石垣 雅人
    経験: 1年
    合同会社DMM.com

    チームのモチベーションが低くなってしまっているとき

    プロダクトを作る上で、エンジニアやデザイナーといったモノを作る存在は必要不可欠です。


    私自身もエンジニアであるため、エンジニアがモチベーション高く開発できているときは、スピード感をもってイテレーティブな改善をどんどん回せますし、それによって事業が成功することもあります。


    一方、開発プロセスがうまく整備されていなかったり、エンジニアが開発しづらい環境だとモチベーションがどんどん低下していきます。そうなると、チームの雰囲気も悪くなり悪い...

    方向にメンタルモデルが形成されていきます。 逆に少しの壁があったとしても、エンジニアやデザイナーがモチベーション高くいれば意外にすっと超えられます。 なので、できるだけエンジニアリングマネジメントにも力を入れるようにし、1on1を中心とした会話の量を増やしたりアジャイルを中心とした開発プロセスの整備に力を入れています。


  • 白石 陽介
    経験者白石 陽介
    経験: 1年未満
    株式会社ARIGATOBANK

    【プロダクトマネージャ】日々プロダクトを考え尽くす。

    プロダクトマネージャという仕事は、誰よりも自分のサービスを理解している必要があると思っています。


    そして、プロダクトに対する思いをチームメンバーは当然の事、ステークホルダーの皆様に伝えて、理解してもらう事が重要な役割です。


    組織の中でプロダクトの責任者をしている場合は、上席に対する説明責任と承認...

    残り327文字(全文477文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 宮田 大督
    現職者宮田 大督
    経験: 8年
    株式会社エクサウィザーズ

    プロダクトによって、多くのお客様に迷惑がかかるようなことになった時…。

    まぁこれはありきたりかもしれませんが、やはりプロダクト、特に利用者が多いプロダクトのプロダクトマネージャーをやっているときは、何が原因であったとしても、結果的にアプリやWEBサービスが止まったり、誤動作をして、多くの人の時間を奪ってしまったり不快な気持ちにさせてしまう時が、ごくたまにおこってしまいま...

    残り426文字(全文576文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 山口 隆広
    現職者山口 隆広
    経験: 4年
    ユニファ株式会社

    リリース後、何も起こらないとき

    さあ長い間みんなで解決してきたサービスをリリースしたぞ、利用者の動きはどうだろう、SNSで話題になっているだろうか…と言った期待を持って迎えた最初の1週間。


    βテストではあんなに利用者が活発に使ってくれていたサービスなのにどうしたことか平穏しかない。サーバーのスペックも余っている。問い合わせすらな...

    残り263文字(全文413文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • Kitabayashi Yota
    現職者Kitabayashi Yota
    経験: 5年
    株式会社エクサウィザーズ

    ゴールの見えない闇の中を進んでいく

    特に新しいプロダクトの場合はその90%が失敗すると言われている。


    前例がない中で挑戦の連続であり、それは先の見えない闇の中を、運命共同体となる仲間たちと共に突き進んでいくようなものである。


    0→1フェーズでプロダクトのMVPが形になり、アーリーアダプターに対して少しずつ価値を提供できるようになっ...

    残り142文字(全文292文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 東野 誠
    現職者東野 誠
    経験: 2年
    株式会社ボストン・コンサルティング・グループ

    その時々で

    メンタル的には重要なクライアント経営陣への提案時は、フィジカル的には、サービスローンチ直前、失敗プロジェクトの鎮静化の際など、その時々でしんどいことはあります。


    万事順調で楽なプロジェクトはありませんが、やり遂げた時にはそのしんどさは忘れます。

                              ...

    残り50文字(全文200文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら