ログイン

CFO(最高財務責任者)の経験談を読む
『やりがい』

CFO(最高財務責任者)やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • Aki Mori
    経験者Aki Mori
    経験: 4年
    ENECHANGE株式会社

    CFOは、事業を深く理解し、持てるネットワークから資本市場と業界のインテリジェンスを結集し、主に財務的な見地からCFOの考え・分析をCEO・取締役会に示します。もって会社として最良の経営意思決定ができるようにします。その結果、業績や企業価値・株式価値が向上すると、プロフェッショナル冥利につきます。


  • Chiba Daisuke
    現職者Chiba Daisuke
    経験: 6年
    株式会社ユーザベース

    ステークホルダーとの信頼関係を築き、事業を加速させる楽しみ

    成果が出て、その成果をステークホルダー(顧客、従業員、株主)と分かち合う時です。多くのステークホルダーとの対話を求められるプロジェクトは利害が割れたり、交渉がハードなことが多いですが、様々な制約の中で、細部まで拘り、やり切った時、かつ交渉相手や仲間と達成感を分かち合える時が最も楽しいと感じる瞬間ではないかと思います。


    また資金調達という側面では、投資家に対してビジョンや計画を示し、約束をするので、その後実績を持って信頼残高を積み上げて...


  • Inoue Ken
    現職者Inoue Ken
    経験: 2年
    株式会社レアゾン・ホールディングス

    今まで培ってきた知識や経験が、ふとした時にリンクする瞬間が、最もやりがいを感じる瞬間かなと思っています。

    今の会社に入った後、

    管理部長⇛広告代理業の責任者(部門立ち上げ)⇛CFOと様々な業務に従事してまいりました。

    管理でバックオフィス全般の業務を行い、デジタルマーケを行い、営業の飛び込みを経験し、事業部責任者とファイナンス責任者の二足のわらじを経験しています。

    一見全く関係なさそうなこれらの仕事がふとした瞬間にリンクするタイミングが...


  • 松岡 真秀呂
    現職者松岡 真秀呂
    経験: 1年未満
    株式会社バランススタイル

    会社の業績に直結する改善ができた時。会社を常に成長させるためにはあらゆる角度から業務改善や新しい取り組みをし続ける必要があります。その中で、管理部という会社の守備側の立ち位置から、会社の成長に貢献できたときは大きな達成感を感じることで出来ます!

    またサッカー×アパレルの会社である現在は、業務上においてもサッカーが身近な存在であり、選手との交流も良い刺激となり満足感を感じます。


  • 細川 慧介
    現職者細川 慧介
    経験: 2年
    モノグサ株式会社

    CFOという仕事の面白さはディールの先にある

    社員が生き生きと働いていている時です。


    価値創造の根源は人であると考えています。だから個人がそのポテンシャルを最大限に発揮できるように、資金や仕組み・組織といった環境を整えることが、CFOの本質的な役割だと思っています。


    資金調達やM&Aはあくまでそのための手段に過ぎないため、一つ一つのディールの成否で一喜一憂するというよりは、それらを通じて、社員が生き生きと働き、新しい価値を生み出しているかが大事なのであり、何気ない日常の一コマで...


  • Hiraoka Akira
    現職者Hiraoka Akira
    経験: 2年
    株式会社カラダノート

    ベンチャーの醍醐味は、0-1を自分たちで作っていけることだと思います。その中で、私の職業の業務の中心は、企業の制度設計並びにエクイティストーリーの設計など、0-1で取り組むことはとてもやりがいを感じる。

    自ら設計した仕組みや制度により、メンバーがやる気になったり、成長を実感してくれたりするととてもやりがいに感じますし、自分が描いたエクイティストーリーに共感頂いて、評価や投資をして頂けることも違った角度でのやりがいに繋がってます。


  • 村上 未来
    経験者村上 未来
    経験: 6年
    株式会社somebuddy

    新たなチャレンジを続けることによる成長の実現

    成長するベンチャー企業におけるCFOという仕事を通じて、非常に様々なことを学ぶことができます。


    例えば上場前であれば、勤怠管理の導入からストックオプション制度の創設から始まり、資金調達やIPO準備などを主導してゆく必要がありますが、どの仕事も一定の専門性が求められます。


    上場後であれば株を用いたM&Aや会社の可能性を投資家に伝える仕事であるIRなどが仕事として挙げられます。このような専門的な仕事を、次々に、時にはいくつも並行してこな...


  • 高森 厚太郎
    現職者高森 厚太郎
    経験: 5年
    プレセアコンサルティング株式会社

    献策が取り上げられ、ハマり、結果を出したとき

    CFOをしていると、CEOと経営マターについて直接話す機会が数多くあります。その時に、経営マターについて、献策をすることが求められ、かつ、経営施策として取り上げられることが多々あります。献策が実際にハマり、事業に組織にいい結果をもたらすと、「いい案出したな。会社の貢献になったな。自分の献策かどうかは傍目にはわからないかもしれないが、経営参謀とはそういうもの」と密かにガッツポーズ。経営参謀の醍醐味です。


  • Hoshi Naoto
    現職者Hoshi Naoto
    経験: 1年
    ユニファ株式会社

    自らの意思決定が、企業の方向性や運命に大きな影響を与えること

    まず、冒頭に少しだけ現実的な話をさせて頂きますと、スタートアップの経営に携わることは、当然ながら「エキサイティング」と感じる瞬間も多いものの、それと同様に、大変な時間が多くなるのも事実だと思います。


    スタートアップという表現は、一種煌びやかな印象もあるようにも感じますが、言い方を変えると、中小企業的な側面も否めず、理想と現実のギャップに悩むことが多々あるのも本音です。


    その上で、私個人が「エキサイティング」と感じる瞬間は、自らの意思...


  • Yokozuka Susumu
    経験者Yokozuka Susumu
    経験: 1年
    株式会社Zehitomo

    外部との折衝はやっぱり妙味

    自分が魅力的だと思って一生懸命伝え方を工夫し、相手に伝えようと思っていったことを相手が理解してくれ、心から賛同してくれたと感じた瞬間の純粋な喜びを誰しも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

    ことスタートアップのCFOに関して言えば、資金調達がこれにあたるのではないかと思います。

    この事業の魅力とはそもそも何か。

    それはどのようなKPIで測るべきか。

    それがどういう風に見えたら魅力を正しく伝えられるのか、あるいはもっと惹きつけられ...


  • 竹本 祐也
    現職者竹本 祐也
    経験: 2年
    株式会社WACUL

    歯車がガチッとかみ合う音が聞こえた時

    会社の様々な意思決定や人材などの歯車のすべてが噛み合い、会社の成長を感じられる瞬間そのものです。


    スタートアップはキラリと光る雪の結晶です。結晶をもとに、雪を集め、仲間を集め、見た人が感動してまた誰かを誘いたくなるような、ひたすらに大きくて美しい雪だるまにしています。


    会社が成長するというのは、売上高や利益が増えるという単純な数字だけでなく、社員が成長すること、株主にとって企業価値が増すこと、連携してビジネスを動かす提携先が増えるこ...


職業Top に戻る