ログイン
  • やりがい11件
  • 苦労11件
  • 未経験者へのおすすめ本11件
  • この職業のプロになるには11件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?11件

CFO(最高財務責任者)の経験談この職業のプロになるには

同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

  • 竹本 祐也
    現職者竹本 祐也
    経験: 2年
    株式会社WACUL

    「空・雨・傘」の思考で、傘を差しだせる存在になる

    CFOは参謀として兵站を担うものである、ということをよく言われます。


    CFOはCEOの参謀です。CEOは常に非連続な成長を求めます。しかし、“非連続な”成長だからと、偶発的に起こってラッキーだ、起こらなかったのは残念だと、環境に身をゆだねるは間違いです。その偶発的とも思える”非連続なもの”が起こる可能性をあげるためのアセットの調達から配賦までを、リスク・リターンに目を光らせならが行うのが、CFOの役割だと思います。


    実現可能性をあげ...

    るためにCFOが行うことは「空・雨・傘」の思考です。 CFOは「空を眺める」ように、マクロ環境はもちろんCOOからの現場報告や、実際にトラックしているKPIなどの変化をみます。 そして、そこから戦況の行方を予想します。例えば、新しい事業が好調に推移しているとします。今までの事業に比べると運転資金が大きくなるその事業が、順調に拡大していることで、運転資金の回転期間が長期化しているとします。ビジネスモデルやKPIの状況を鑑みれば、キャッシュが心もとないくなるのではないか、これはまさに「雨が降ることを予想する」ことです。 キャッシュがないからと順調に拡大する事業の拡販をとめるというのはおかしな話です。そのため、財務基盤強化のために資金を調達し、なんならさらにその事業を後押しするような先行投資の資金も集めてくるようなことが、「傘を用意する」ことです。 上記を実現するために、ビジネスサイドではなくとも、事業やプロダクトそのものの理解を深め、そしてそれらの現況がどういった数値に表れるかを横断的に把握し、外部とのコミュニケーションも行うことが求められていると感じます。そのため、自分の管掌するコーポレート部門を超えて、ビジネス部門はもちろんのこと、株主や金融各社、提携先など社外のステークホルダーと密にコミュニケーションをとることを強く意識しています。 すべては、まわりのステークホルダーに価値を届けることに通じます。CFOはその価値を生み出す起点となるべきだと信じています。


  • 横塚 晋
    経験者横塚 晋
    経験: 1年
    株式会社Zehitomo

    いつもニコニコ現金払い

    「企業経営とはつまるところキャッシュマネジメントである」という、とあるスタートアップ業界で著名な先輩CFOのお言葉です。もちろん企業経営にはいろんな価値観・目的・要素はあると思いますし、「世の中カネが全てだ」みたいな曲解をされても困るのですが、あえて言います。全ての企業活動の結果を測るための指標としてキャッシュリターンを用い、将来キャッシュの最大化という結果を出すために全てのリソースの最適配分を考え、実行するというのが、企業活動の本質を...

    明快に表す言葉として私の胸に常にあります。  CFOはかくも重要なキャッシュの状況を直接管理し、入ってくるお金と出ていくお金の金額を全社規模で直接見ている仕事です。しかもキャッシュはおそらく会社の扱う数字の中で最も誤魔化しがきかない数字です。従って、ある意味会社の現状と先行きを大変わかりやすく、正しい形で把握・認識できる立場です。正しい認識をすることが正しい判断と行動にすぐに結びつきますし、それを社内外の人たちに共有し、巻き込んでいくことで自分ひとり・会社ひとつの能力を超えた人の力のレバレッジを活用する。具体的には社内外の必要な知見やお金を呼び込んで自社のリソースに加え、それを活用してどんどん大きな結果を生み出していくのがCFOの仕事だと思っています。


  • 細川 慧介
    現職者細川 慧介
    経験: 2年
    モノグサ株式会社

    あなたは「ポジション」を取っていますか?

    「ポジションを取れ」ということです。


    これは前職時代にM&AやVC部門の仕事をしていた際に、大先輩に言われた言葉です。


    CFOをはじめとして、事業会社でファイナンスに関わる仕事は、ともすると、専門的知識を用いて、客観的に物事を分析・評価し、リスクとリソースをマネジメントすることであるかのようにと...

    残り358文字(全文508文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 高森 厚太郎
    現職者高森 厚太郎
    経験: 5年
    プレセアコンサルティング株式会社

    特になし。ロールモデルが無かった。

    前職でCFOをたまさかやることになり(元々はCOOで参画していた。管理担当がいなくなったので、臨時で自分が兼務し、管理担当が入った後も、CFOとして携わっていた)、「CFO、何が仕事なんだろう? 誰か参考になる人いないかな?」と、本やイベント漁って、CFOのロールモデル、ベンチマークを探しましたが、...

    残り365文字(全文515文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • Inoue Ken
    現職者Inoue Ken
    経験: 2年
    株式会社レアゾン・ホールディングス

    特定の方に何かを言われたことが教訓になっているというよりも、CFOという仕事はまだ定義が決まっていない仕事なのではないか。と感じられていることが一番の教訓になっていると感じています。

    様々なCEOがCFOに対して期待している役割も人によって千差万別。様々なCFOと話していてもCFOとして実施すべき役...

    残り165文字(全文315文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 松岡 真秀呂
    現職者松岡 真秀呂
    経験: 1年
    株式会社バランススタイル

    「公認会計士という職業柄、常に情報のアップデートが求められ、それと同時に新しいこと・情報を取り入れ続けなければ立派な会計士にはなれない」とのアドバイスを受けたことが印象的で、これは今も教訓となっております。

    また、二つ目は「仕事を楽しむためには、常に仕事を追いかける姿勢を保つ」です!仕事に追われるの...

    残り90文字(全文240文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 村上 未来
    経験者村上 未来
    経験: 6年
    株式会社somebuddy

    王道経営こそが成長の最短距離

    アドバイスというよりは、ユーザベースの経営陣と仕事を一緒にする中で、経営陣のブレない軸を目の当たりにしながら学んだことですが「王道経営」の考え方を徹底することが、最も自分が影響を受けたことです。


    ステークホルダー(従業員、株主、取引先、監査法人、証券会社、取引所)に対して誠実に向き合い、悪いニュー...

    残り185文字(全文335文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • Chiba Daisuke
    現職者Chiba Daisuke
    経験: 6年
    株式会社ユーザベース

    短距離走と長距離走の両方の視点から考えよ

    CFOは経営者の1人。経営チームの構成、個性、企業のステージによって主となる役割は変わるが、描く(戦略)、集める(資金調達)、進める(経営管理)、使う(投資)のサイクルを描いて実行する役割。

    また事業を支える財務の責任を負うため、常に様々な金融機関、投資家との接点を持ち続けなければならない。仕事の性...

    残り94文字(全文244文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • Aki Mori
    経験者Aki Mori
    経験: 4年
    ENECHANGE株式会社

    「CFOとは、株主とデットホルダーに過去・将来の業績や分析を適切に共有し、株主とデットホルダーから預かった資本を彼らにとって最良と思われる方法で運用して、約定を守りながら、株式価値を向上させるマネジメントチームの一員です。すなわち、株式価値・企業価値向上にコミットし、結果をもたらすプロフェッショナル...

    残り47文字(全文197文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • Hoshi Naoto
    現職者Hoshi Naoto
    経験: 1年
    ユニファ株式会社

    常に冷静に、Plan Bを。

    メルカリの会長である小泉さんから頂戴したアドバイスとなりますが、


    『スタートアップの経営においては、希望的観測はほぼ実現せず、悪い予感はほぼ実現すると想定して行動した方が良い』


    という趣旨の教訓です。


    このコメントの真意は、何かにチャレンジすることを否定しているわけでは全くなく、経営者としては...

    残り231文字(全文381文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら