ログイン

CTO(最高技術責任者)の経験談を読む
『苦労』

CTO(最高技術責任者)苦労

この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

  • Koga Masanori
    現職者Koga Masanori
    経験: 10年
    株式会社CARTA HOLDINGS

    私が不安になる原因は2つ、それは「未来」と「他の人の心の中」

    私が不安になる原因は2つあります。それは「未来」と「他の人の心の中」です。未来は誰にも分かりません。いくら準備しても想定外のことが起こります。他の人の心の中も本当のところは分かりません。というか、心の中は自分のことでもよく分かりません。分からないから不安になるし、それが積もり積もってしまうと「眠れないほどしんどい」となるのかなと思います。


    このように未来は不安の原因になりますが、ある程度リスクをコントロールできるようにはすることは可能...


  • 白石 陽介
    経験者白石 陽介
    経験: 1年
    株式会社ARIGATOBANK

    【CTO】知識はあっという間に陳腐化する。本質を身に着けろ!とは言うものの、、

    IT領域における技術知識は圧倒言う間に陳腐化します。とはいえ、業務知識やリーガル的な知識は半年や一年で無駄になるものではなく、積み上がっていくものだと思っていました。


    しかし、私が今仕事をしているブロックチェーンの世界は、業界の変化や、技術の進化が極めて速く、前提がどんどん変わっていきます。この変化の速度は、Web業界にいた身からでも驚くべき速さです。


    いい過ぎかもしれませんが、ドッグイヤーならぬラットイヤーといえる程の速さではない...


  • 高山 温
    現職者高山 温
    経験: 8年
    株式会社ニューズピックス

    孤独な仕事

    CEOは孤独と言われることがあります。それと比べて特別に孤独だとは思いませんが、CTOも孤独な仕事だと思います。


    その時々によって経営メンバーとしての振るまいをしたりシニアエンジニアとしての振るまいをしたり、対外的な顔としての役割を期待されることもあります。社内に同じ役割を担っている人はいないため、なかなか悩みを相談しにくいです。


    信頼するエンジニアのメンバーから退職を切り出されたときなどは、気持ちよく送り出したいとは思えど内心はこ...


  • Kameda Kei
    現職者Kameda Kei
    経験: 1年
    株式会社タイミー

    信頼が試される時です

    一度信頼関係が、脆弱だった時期があり、その時は非常にしんどい思いをしました。


    成長しているベンチャーに身を置くと、変化に適応するために

    「僕が考える最適解」を出して、「組織が考える最適解」に変えていく必要があります。


    その過程で、さまざまに破壊的な変更を組織や方針に対して行うことになります。

    基本的に権限を委譲する形を取るのですが、時にはメンバーから役割を外したり、専門外のミッションを与えることもあります。


    変化には痛みがつきまと...


  • 栗林 健太郎
    現職者栗林 健太郎
    経験: 3年
    一般社団法人日本CTO協会

    ビジョンと現実の狭間で匍匐前進

    「思うように進まない構想と現実の狭間で匍匐前進のようににじり進んでいる時」に、しんどさを感じるかもしれません。


    文字通りの意味で「眠れないほどしんどい」という意味でいうと、セキュリティインシデント対応のように、心理的な意味でも物理的な意味においてもそういうことがこれまでにも何度かありました。


    そうしたことは、この仕事をやっていく以上は、(もちろんそんなことがないように最大限の尽力をすることを前提にした上で)避けて通れないことであろう...


  • Hayashi Takayuki
    現職者Hayashi Takayuki
    経験: 4年
    株式会社ユーザベース

    なかなか解決策に辿り着けない時

    バグ等が出て早く修正しないといけないのでいろいろ試行錯誤するけど根本原因がわかっていなかったり、原因はわかっても良い解決方法を見つけきれない時など。

    ある程度原因と解決方法がわかっていれば落ち着けるのですがそのどちらか、もしくは両方が不明の時は気になって眠れないので原因がわかるまで調べる事が多かったです。このよくわかっていない状態というのは非常に厄介で、もしかしたら一週間ずっと調べてもわからないという事もあったり、何かのきっかけであっさ...


職業Top に戻る