ログイン
  • やりがい15件
  • 苦労15件
  • 未経験者へのおすすめ本15件
  • この職業のプロになるには15件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?15件

商社パーソン(総合商社・専門商社)の経験談この職業のプロになるには

同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

  • 大沢 遼平
    経験者大沢 遼平
    経験: 2年
    株式会社ユーザベース

    目の前のことをとにかく一生懸命やることも仕事のうちの一つ

    当時、若かった私は一つ一つの業務の本質が分からず、一つ一つ必要なのかが把握できないと動けない人間でした。ただ、その過程でスピードが遅くなりがちになっており、仕事に追われている感覚になりまして、非常につらかったときに夜中のすしざんまいで先輩に言われた一言です。

    「本質を見抜いていくことも大事だが、目の前のことをとにかく一生懸命やることも仕事のうちの一つ。もし分からなかったとしても、しっかりこなしながら、あとで理由を把握しに行くことも可能。...

    そういう柔軟性を身に着けていけるともう少し楽になる」という話をしてくれました。 確かに柔軟性が無かったなと思い、次の日からは実務をこなしながら、やっていく中でその必要性に気付いて仕事が出来るようになったので、だいぶ楽になりました。 あのすしざんまいが、私の中で価値観が変わった瞬間でした。


  • 福島 慶子
    現職者福島 慶子
    経験: 2年
    三井物産株式会社

    今の枠組みにとらわれず為すべきことを為す、心底納得できる結論を求め粘り強く取り組む

    私は現在三井物産連結グループの企業価値向上を目的として、国内外に約500社以上ある事業投資先の経営改善支援を行う業務に携わっています。


    常に意識している教訓の一つはこの部署の上司からのアドバイスで、「極端な話、三井物産グループの価値向上につながることであれば何をやってもいいので、「こうあるべき」ということに拘るな」ということ。

    逆にいえば、常に同じことを繰り返していればいいわけではなく、主な業務とされている関係会社とのプロジェクトだけ...

    に終始すればいいわけでもなく、常に「今何をすべきか」「自分のリソースを何にどう割くべきか」と自問自答しながら、今の枠組みにとらわれずに前進していくことが重要だと思っています。 さまざまな関係会社や営業部門の方々と働いているため、グループ全体が共通して抱える課題を見出すこともあります。この課題と解決策を三井物産本体の経営に提言し、実行していくことも我々のミッションの一つであり、常にグループ経営・株主の視点をもっておかねばならないと感じています。 もう一つは、アドバイスとは少し違いますが、前職時代のクライアントから「コンサルタントではなくディスカッションパートナーだと思っている」と言っていただけたことが、自分の中で働く上での大きな指針になっています。 前職でも現職でも、外部の人間としてある程度のデータを集め、それらしい答えを提示することは、もしかしたら簡単なことかもしれません。けれど本質的には、プロジェクトでご一緒している会社とその社員の方が、心の底から納得して、その先自走できるような状態を作ることが何よりも大切だと思います。 勿論、こちらも誠心誠意その実現に向き合います。徹底的に議論を重ね、考え抜いた先にある、ロジックだけでは辿り着けない納得感のある結論を求めて、とことん粘り強く話し合う。アドバイザーと現場という境界線を超え、一緒に事業を進めるパートナーとして認めてもらい、協力してその先の成長を実現させる。今の仕事でも、この姿勢を忘れずにいたいと思っています。


  • 岩下 佳央
    現職者岩下 佳央
    経験: 5年
    三井物産株式会社

    「自分FINAL」

    自分FINALとは?自分が決裁者になったつもりで常に行動すること。

    ...

    残り866文字(全文900文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら


  • 山中 祐輝
    経験者山中 祐輝
    経験: 4年
    株式会社ミーミル(ユーザベースグループ)

    毎年「現職に残るか転職するか」という選択をし続けているという意識を持つこと

    とある新卒入社の社員が1年で退職することになった際に、当時のチームリ...

    残り439文字(全文473文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む


職業Top に戻る