ログイン

カスタマーサクセスの経験談苦労

この仕事をやっていて、眠れないほどしんどい瞬間はどんな時ですか?

  • 須藤 徹治
    経験者須藤 徹治
    経験: 3年
    株式会社スタディスト

    「Deep Work」の前にある「ハードワーク」

    カスタマーの真の課題を特定し、勘と経験だけに頼らずデータドリブンでより精緻なカスタマー支援を行う、などなど、カスタマーサクセスのあるべき姿のイメージはつくものの、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではないと考えています。


    時には頭を動かす前に、先に体を動かしてみる。清濁飲み合わせてカスタマーサクセスのプロセスを構築していく姿勢も求められるのではないかと考えています。


    机上の議論では導き出せなかった課題を見出すべく顧客の現場に赴き、実...

    際にその業務に触れてみて、時には失敗し、それでも勇気をもってさらに深いところまで飛び込んでみる、そしてそこで得られた知見をさらに歯を食いしばって何とか標準化して自社内のオンボーディングプロセスに落とし込んでいく、、この一連の業務は明確なゴールが見えづらくて、とても泥臭い仕事だと思います。 ただ、いつかハードワークからDeep Work(生産性高くCSプロセスを回すことができる状態)に転化する瞬間は訪れると考えています。ハードワーク期間は確かにつらいですが、それはDeep Workに移行するための準備期間として捉えてみると多少の苦労も乗り越えられるんじゃないかと考えています。


  • 大沢 遼平
    現職者大沢 遼平
    経験: 1年
    株式会社ユーザベース

    お客様がなかなか前に進めず、悩んでいるときです

    我々はコンサルではないです。たまに勘違いされている方がいますが、我々は伴走者であり、お客様が自分で走れるようにしなければいけないです。

    我々が本気で介入して、「御社はこうしたらいい」ということも言えるかもしれないのですが、それは望まれていないし、我々もやるべきではないと考えています。コンサルをやるのであれば、コンサルフィーを頂いてちゃんと先方の事業にコミットしないと中途半端になります。

    ただ、前に進めないお客様も残念ながらいらっしゃいま...

    す。意志があっても、当社サービスを活用出来ず、成果が出ない状態です。我々としては当社サービスを使えば、お客様が実行したいことの一端は出来ると自負しているので自信を持ってご提案させていただくのですが、なかなか軌道に乗らないとき(軌道に乗るお手伝いを「オンボーディング」って言ったりします)はかなり悩みます。 どうしたら使ってくれるのか、障害は何なのか、一緒に考えて前に進んでいく必要があるのでお客様には何回でも時間をもらって解決策を考えます。その結果、使っていただけるようになったときは本当に嬉しいですね。


  • 山崎 俊紀
    現職者山崎 俊紀
    経験: 1年未満
    株式会社アトラエ

    経営層向けの提案書・レポートの作成→プレゼンテーション

    「会社全体の状態を把握したい」という目的で、経営層がwevoxの導入...

    残り362文字(全文396文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら

  • 山中 祐輝
    現職者山中 祐輝
    経験: 1年
    株式会社ミーミル(ユーザベースグループ)

    顧客のリアルに触れ合うことを通じて、自社プロダクトが「役に立てていない」事実を目の当たりにする

    CSで最もつらい瞬間は、契約してくれていた顧客から「御社のサービスを...

    残り468文字(全文502文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む


職業Top に戻る